ラスト オブ アス エンディング。 The Last of Us(ラストオブアス)をプレイした感想と評価【超名作】

The Last of Us(ラストオブアス)をプレイした感想と評価【超名作】

ラスト オブ アス エンディング

ストーリー ラストオブアスから5年後、19歳になったエリーは生存者たちが築いた村 ジャクソンで暮らしていた。 前作で行動を共にしていた主人公ジョエルは、エリーとの関係に不和が生じたことからジャクソンを離れている。 平和にも思えたジャクソンでの生活だったが、ある日凄惨な暴力によって 壊滅させられてしまうことに。 エリーは村での出来事を機に、復讐を果たすため首謀者探しの旅へと出るのだった。 ゲームシステム ラストオブアス2は基本的に三人称視点のアクションです。 敵と真正面から戦うだけではなく、 ステルスで敵を倒したり、ときには気配を消して完全に 戦闘を避けそのエリアをクリアするという行動も取れたりします。 また、エリーが行えるゲームプレイの幅も広く、武器の種類やカスタマイズなども豊富に用意されています。 弓やショットガン、ライフルといった銃器はカスタマイズ可能、火炎瓶やヘルスパックなども集めた資源から クラフトできます。 スキルは薬のボトルを集めることによってアップグレード可能です。 ステルスに特化したスキルや戦闘に特化したスキルなど、プレイすたいるに合わせて強化できます。 ラストオブアスのボリューム 開発元のノーティードッグは35年の歴史のなかで 最大級のボリュームであると明言しています。 その証拠に容量は 100GB以上、ディスク2枚分です。 ラストオブアスは約20時間ほどでクリアできましたが、それ以上のボリュームが期待できる作品となっています。 オンライン要素 ラスアス2にはマルチプレイヤーモードなどオンライン要素が搭載されていません。 その理由の1つとして開発元のノーティードッグはラストオブアス2のボリュームが大きくなったことをあげています。 ソニーとノーティードッグは延期した理由として「世界情勢においてユーザーから期待されるゲームを発売日までに届けることはロジスティクスの問題上難しいと判断した」と語っています。 前作ラストオブアスについて 前作「The Last of Us(ラストオブアス)」はPlayStation3の専用タイトルとして2013年に発売されたゲームです。 2014年にはPS4でもHDリマスター版が発売されています。 開発元はアメリカに拠点を置くノーティードッグ、販売元はソニー・コンピュータエンタテインメントです。 The Last of Usのストーリー ラストオブアスの舞台は 謎の寄生菌の発生によってパンデミックが起こり、荒廃してしまった世界。 オープニングはパンデミックが起こった日から始まる。 オープニングから20年後、ブラックマーケットでの取引を生業とする主人公ジョエルは武器取引を巡るトラブルに巻き込まれてしまう。 その最中、ジョエルは負傷した反乱軍のリーダー・マーリーンからある荷を運ぶように頼まれる。 運ぶように依頼された荷というのが、この世界を救う鍵を握る少女「 エリー」だった。 彼女と出会ったことにより、感染者(ゾンビ)とハンター(略奪者)がはびこる荒廃したアメリカを旅し、生き抜くための戦いが始まる。 The Last of Us Part IIソフト情報 ラストオブアス2のソフトには通常版・スペシャルエディション・コレクターズエディションの3種類があります。

次の

The Last of Us Remastered (ラスト オブ アス) クリア後感想

ラスト オブ アス エンディング

概要 [ ] 北米時間2011年12月10日、ニューヨークで開催された「Spike Video Game Awards」 VGA 2011 にて公式発表された。 (以下UC)シリーズの開発会社の最新タイトル。 ノーティードッグとしては初となる18歳以上推奨タイトルとなっている。 ゲームエンジンはUCシリーズで使われていたものと似たノーティードッグ独自開発のものとなっており、三人称視点をベースにしたタイトルになる。 開発にはノーティードッグ内の新たなチームが担当し、『』のディレクターであるがゲームディレクターとして開発を指揮した。 作曲は、映画『』や『』でを受賞したが担当した。 ストーリーは中年の男性 ジョエルと、10代の少女 エリーのサバイバル劇を描く。 本作のクリエイティブ・ディレクターによると、ゲームそのものは単なるではなく2人の愛情と信頼関係を重視した内容になるという。 オンラインモードも搭載する。 また、かつてノーティードッグが手掛けた作品の中で最長のボリュームであるとの見解を示している。 当初は北米で5月7日の発売が発表されていたが、品質向上のために発売日が6月14日に延期された。 ノーティードッグの公式声明によると、ゲームのあらゆる要素、ゲームプレー、物語、アート、デザイン、テクノロジーなどに、極めて高いハードルを設定しており、ノーティードッグの定める高い水準に達するよう、発売延期の判断を下したとのこと。 体験版 本作の体験版への権が2013年3月12日発売の『』に付属された。 『God of War: Ascension』のディスクをPS3に挿入して起動すると、メインメニューに『The Last of Us』の名前がリストされ、体験版が利用可能となった時に入手方法などの詳細が示される模様。 解禁日は2013年6月13日。 開発 [ ] 今作の世界観は、「菌類が種別を越えて寄生したらどうなる?」という問いかけからスタートしたといい、感染者のコンセプトは、昆虫に寄生し、養分を吸い取った後にキノコとして地上に発芽するの生態からインスピレーションを受けたという。 また、既存のゲーム作品より映画からの影響が強く、特に、監督の受賞作、『』を参考にしたという。 他には監督の『』(原題: Children of Men、人類の子供たち)や、監督の『』、テレビドラマ『』も参考にしている。 ストーリー [ ] ある日突然謎の寄生菌のパンデミックが発生し、世界は荒廃していった。 パンデミックから20年後、ブラックマーケットでの取引を生業とする主人公 ジョエルは、武器取引を巡るトラブルに巻き込まれたことをきっかけに負傷した反乱軍の女リーダー・ マーリーンから運び屋の仕事を頼まれる。 しかし受取先の反乱軍のメンバーは全滅。 ジョエルは相棒も失い荒廃したアメリカを少女と二人で旅をして行く事になる。 行く手には「感染者」の他、生き残るためには手段を選ばない略奪者たちとの戦いが待っていた。 一方で様々な方法で生き残ってきた人々との出会いは彼らの旅に新たな希望と絶望をもたらす。 旅の合間に発生する戦闘はサバイバルそのもの。 人間の文明活動がとまった街は崩壊し水浸しになり緑が生い茂る。 残酷であるが美しくもある。 そんな中を絶望的な旅を続けていく二人。 決して正義の味方ではないジョエルは敵に容赦はしない。 自らの身を守り生き延びるには、殺し、奪わなければならない。 エリーも自分の運命を呪いながらも戦い続ける。 ジョエルとエリーは時に反発し合いながらも互いのピンチを助け合い、親子以上の信頼関係を築いていく。 だが旅の終末に待っていたのは過酷な現実だった。 反乱軍の元へと送り届けたが、反乱軍の目的はエリーを使ってワクチンを生成することであり、そのためにエリーは犠牲となって命を落とすということが判明する。 ジョエルはエリーの手術を阻止するために反乱軍の病院を襲撃、マーリーンを射殺してエリーを取り戻す。 二人はあてのない旅へと戻り、物語は幕を下ろす。 世界観 [ ] 舞台はアメリカ。 本編から遡ること20年前、突如として発生した謎の寄生菌によって人類は絶滅の危機に瀕する。 寄生菌のパンデミックにより文明が衰退していく中、都市は自然に飲み込まれ、荒廃した。 人々は奇跡的に感染を逃れた「隔離地域」で暮らす。 そこでは軍がすべての決定を下し人々を管理する。 そして「治安の維持」という名目の下で感染が見つかった人や、窃盗や配給カードの偽造で捕まった人は処刑される。 隔離された街から一歩外に出ると、いたるところで寄生菌に侵された「感染者」たちが蠢いている。 彼らの形状は感染の進行度合いによって異なり、生存者を攻撃して感染を広げようとする。 また、他の生存者たちの中には他人を脅かし攻撃することで資源を得ようとしている輩もいる。 このゲームで本当に恐ろしいのは、感染者ではなく理性を失った人間であるとされている。 作中でも、ジョエルの知り合いであるビルが「感染者は(人間と違って)行動が予測できる」などと語っている。 ゲームシステム [ ] 三人称視点がベースとなる。 プレイヤーは基本的に本作の主人公ジョエルを操作するが、エリーを操作する場面もある。 敵は「感染者」と「ハンター」(感染していないがジョエルとエリーに敵対する人間)。 物資が乏しい世界を舞台にした今作では主人公のジョエルがマシンガンを乱射したり銃弾の雨の中を走ったりするような展開はほとんどなく、物陰に身を潜めながら窮地を切り抜けるステルスゲームの一面を持っている。 ダメージを受けたプレイヤーの体力は時間経過では無く「治療キット」が必要。 落ちている資源の収集やアイテムの工作でサバイバルをしていく必要があり 、拾った素材を組み合わせて助けになるものを自ら作ることになる。 例えば、治療キットはアルコールと布きれ、ナイフはハサミとテープなどを組み合わせて工作する。 また、工作を行うためにゲーム中のインベントリメニューを開いている間もゲーム内の時間もリアルタイムで進行する。 これはより現実的なシチュエーションを強調するためである。 尚、この「工作」を行う時間等も道中に入手する「サプリメント」を使用する事により短縮出来る様になっている。 戦闘は左右トリガーによる「構えて、撃つ」が基本となる。 武器には拳銃、弓矢、ショットガンなどの多彩な種類が用意されているが、いわゆる「小火器」の部類。 ロケットランチャーやグレネードなどといった「重火器」は登場しない。 近接格闘や拘束技も使用し、相手を盾に別の敵を攻撃することもできる。 爆弾、煙幕、レンガ、空き瓶、火炎瓶等を投擲し、状況を有利に進めていく。 プレイヤーの行動により、AIであるエリーは主人公ジョエルの行動を覚えていく。 例えば、プレイヤーが敵の頭に銃を突き付けて盾にするといった行動を繰り返すと、エリーもそのような行動をとり、また、猪突猛進な行動をとり続けると、エリーも猪突猛進な行動をするようになる。 さらに、敵もジョエルの行動を覚えていく。 敵の動きも特定のパターンではないため、同じシチュエーションであってもプレイヤーによって敵のポジションなどが変化する。 なお、『HEAVY RAIN 心の軋むとき』のように分岐するストーリーではない。 本作のサバイバルには周囲の物音を始めとするサウンド情報が非常に重要である。 わずかな物音を聞きつけて襲ってくる感染者や他の生存者を相手にするには、自らも相手が立てる物音を利用しなければならない。 「聞き耳」とよばれるシステムは、ボタンを押している間、壁越しの敵対者の姿が可視化されるものである。 またこのシステムを利用し、先述の「空き瓶」等を遠くに投擲し、陽動や集敵に使用する戦法も取れる。 更にこの「聞き耳」システムも万全ではなく、警戒し気配を殺している敵、または行動を開始していない敵には「無反応」なので、油断すると敵の目の前に躍り出てしまう危険は拭えない。 40代後半男性の生存者。 一見は厳しく、口も悪いが、根は優しく、他人に対して親切に接することもある。 感染発生前に生まれ、普通の日常を過ごしていたが、突然のパンデミックで世界が滅びるのを見てしまい、その際に軍により娘であるサラを殺されてしまう。 その後、感染発生から20年の間は生き延びるために相棒のテスと共に隔離地域のブラックマーケットで配給カードやドラッグ、武器などの非道な密輸に手を染めるようになり、結果として軍に追われてしまうが、とある事情から初対面のエリーと共に長期の旅をする事になり、その道程でエリーに生きるための術を教える。 その後は様々な困難を乗り越えて目的地に辿り着くが、そこでエリーの犠牲の上に人類が助かるとされる事をマーリーンから聞かされ、更には「エリー」と「世界」どちらが大事かと問われたことで逡巡せずにエリーを守ることを選び、「ファイアフライ」相手の奪還戦の末にエリーを救出する。 崩壊後の世界で生まれた少女。 男勝りな性格で、とにかく気が強く、ビルと出会った際は彼の性格にイラついて口喧嘩する程に度々言い返しをしたり、酷い時は他者を罵倒するなどの少々口が悪いが、旅の中で見つける音楽CDや本などの崩壊前の文明の遺品に熱中する等の少女らしい一面もある。 また、犯罪を犯した人間や感染した人間が軍により処刑されるのを何度も見ており、また家族の愛を知ることなく育ってきたために懐かしむような幸福な過去などはない。 14年間隔離地域の外の世界を知らずに育っていたが、後にジョエルやテスと出会い、外の世界を初めて知ることとなる。 その後、目的地を目指してジョエルに同行するようになり、そこで生き延びるための独り立ちの術を学び取る。 その後は様々な困難を乗り越えていき、遂には目的地に辿り着くが、そこで自身の体に宿る抗体からワクチンを作り上げるという事を知らされ、世界のためにと承諾。 しかし施設を襲撃したジョエルによって救出される。 ジョエルの愛は理解しつつも、自身の決断をないがしろにし、世界を救う機会を奪い、さらに襲撃理由に嘘をついたジョエルから、自立を決意する。 理想のためなら手段を選ばないが、反面では軍による攻撃で壊滅的打撃を受けている現組織に危機感を覚えている。 また、エリーの母親とは友人であった為にエリーが赤子の頃から知っており、そのためにワクチンのためにエリーを犠牲にする事に関しては肯定しつつも内心では躊躇いも見せていた。 軍との戦いで負傷したことが原因でエリーをアジトまで送り届ける事が出来なくなったために途中で出会ったジョエルにエリーを託した上でアジトまで来るように促し、すぐにその場を去った。 終盤ではエリーを犠牲にするといったいざこざでジョエルと衝突し、エリーを取り返された末にジョエルによって射殺された。 ジョエルと同じように生き抜くために手段を選ばないところがあり、そのために敵意のある人間に対しては一切の容赦はないが、反面ではジョエルやブラックマーケットの仲間からは信頼を得ていたり、エリーに対しても気遣いの言葉をかけるなどもする。 序盤からはジョエルや途中からエリーを加えて行動を共にするが、その途中で感染し、最後は追ってきた軍を相手にジョエルとエリーを逃がすための囮となって戦死した。 ジョエルと同じように感染発生前は普通の暮らしをしていたが、突然のパンデミックによる混乱で彼と共に町を追われた。 その後は兄弟で生き抜いてきたが、意見の相違からジョエルと決別する。 その後、一時期ファイアフライに属していたが、暫くして脱退し、ジャクソンで生存者グループのサブリーダー的な地位のメンバーとして生活するようになる。 その後は修復中の水力発電所へとやって来たジョエルと再会し、エリーを死守するために助力する。 パンデミック後にトミーと出会って結婚し、現在はジャクソンの水力発電所近くの村で生活しているが、ジョエルとエリーが発電所へとやって来た際にはトミーと共にエリーを守るために協力する。 大変偏屈な性格で、他者に心を開くことは滅多にない。 また、車の修理ができ、多数のトラップを仕掛けた町にたった一人で住んでいる。 車を必要としたジョエル達に協力を求められて最初は断るが、彼からの借りを返してほしい旨を伝えられた事で止むを得ずに協力することとした。 その後、ジョエルとエリーを町から送り出すまでは行動を共にし、二人が車を手に入れた後はすぐに別れた。 表向きは人当たりが優しく、頼りになるが、その裏では一度狙った者はじわじわと追い詰めてから殺すという恐ろしい本性を持っており、狙いを付けた者達を「ペット」と呼んでいる。 エリーと共に行動するうちに彼女に対して強い興味を覚えるが、次第にエリーの大人顔負けの行動に苛立って本性を露わにするようになり、最終的には自分に対して刃向かった事に激怒して彼女を殺そうと画策する。 その後、ハンター達を嗾けてエリーを追い詰め、アジトである飲食店で彼女と対峙するが、戦いの末に鉈を手にしたエリーによって惨殺された。 兄のヘンリーを始めとする生存者のグループで行動していたが、物資を探しに入ったピッツバーグでハンターの襲撃に遭ってしまい、ヘンリーと二人で行動していたところをジョエル達と出会う。 その後、共に行動していくうちに年の近いエリーと親しくなっていくが、後に感染し、最後はエリーに襲いかかったところをヘンリーに射殺された。 サムを愛しており、まだ幼い彼のことを心配する余りに時には他者に対して厳しい反応を示すこともある。 物資を探しに入ったピッツバーグでハンターの襲撃に遭って仲間とはぐれ、サムと二人で行動していたところをジョエル達と出会う。 その後、4人で行動して協力関係を築くが、後に感染したサムを自らの手で殺すことになり、最後はパニックの余りに手にしていた拳銃で自ら命を絶った。 ジョエルとの仲は良好なようで、彼の誕生日には腕時計をプレゼントしていた。 20年前の突然のパンデミックの際にジョエルと共に逃げ出すが、最後はその途中で兵士に撃たれて命を落とす。 彼らが運ぶ物資を横取りする等の妨害を行ってきたが、後にテスに射殺される。 その他 [ ] イシュ パンデミック当時から地下水路に住んでいた生存者。 出会った生存者のカイルやスーザン、二人の子供と共に地下水路で暮らしていたが、扉の閉め忘れが原因で感染者の大群により行き場を失った。 その後の消息は不明である。 (ハンターたちの手記に「グループの若者が街に迷い込んだ家族を殺した」とあり、この「家族」がイシュたちの可能性がある) カイル スーザンの夫。 イシュと出会い、共に妻のスーザンと子供達と地下水路を守ってきたが、感染者の大群により地下水路のある部屋に追い詰められ、二人の子供と一緒に心中した。 スーザン カイルの妻。 感染者の襲撃により子供を失うが、それでも逃げ延びてイシュと共に外の民家に隠れる。 その後の消息は不明である。 ジェームズ 声 - 不明 デビットと一緒に行動していたハンター。 エリーが捕獲した食料の鹿と引き換えにデビットから薬(抗生物質であるペニシリン)と注射器を持ってくるように頼まれ、一度は取りに行ったが、戻ってきた際にデビットの発言からエリーが自分たちの仲間を殺したジョエルの連れであることを知り、怒りを露わにする。 その後はエリーを銃で威嚇するが、デビットから制止され、渋々薬を渡した。 その後、デビットに捕らえられたエリーが牢で目を覚ました際には肉を切断している姿で再登場し、エリーが目を覚ました事に気付いてデビットに知らせに行く。 その後は怒り心頭のデビットと共にエリーを殺そうとしたが、彼女に促されるまま感染者に噛まれたエリーの腕を見てデビットと共に動揺してしまい、最後はその隙を突いて鉈を手にしたエリーによって首を刺されて殺された。 フランク ビルのパートナー。 ビルを嫌いつつも内心では気に掛けていた。 ビルの元を離れた後は感染し、最後はビルに宛てた遺言を残して自殺した。 タコ ジョエル達の愛馬。 元々はトミーが所有していたが、後にジョエルたちに譲り受けられ、二人の愛馬となって移動手段に使われる。 その後、ジョエルが一時動けなくなった後はエリーの移動手段に使われたが、最後はエリーを追跡していたハンター達によって撃ち殺された。 その後はハンター達によって回収され、彼らの食料にされた(デビットと対峙した際に彼の台詞から明かされる)。 吹き替え版のキャストは、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 組織・勢力 [ ] 米陸軍 隔離地域を管理する組織。 軍が定めたルールに違反した者や感染の疑いがある者は、直ちに処刑される。 また、各地の都市部で感染者の封じ込めを行っているらしく、米陸軍の表記があるドアストッパーが各地に点在している。 ハンヴィーなどの崩壊前の兵器などを数多く使っており、銃火器なども崩壊前のものを使っているようである。 また、車用のバッテリーを作ることが出来るなどの文明崩壊後も高い水準の技術を保持しており、隔離地域の外でパトロールや物資調達を行っているが、実はゲーム中ではボストン以外にもピッツバーグ、アトランタに設けられた隔離地域の管理を行っている事が遺物から分かる。 ハンター 見捨てられた地域で活動するグループ。 途中から登場するデビットがリーダーを務めており、彼の指示に従う者が居たり、仲間が殺されれば仇を取ろうと結束するなどのグループに対する忠誠心が非常に強い。 また、軍や他の生存者達から奪った武器で武装しては略奪行為を働いており、自分たちの領土や物資を奪おうとする者はためらわず抹殺し、時には侵入者でも害があると判断すれば容赦無く手に掛けている。 序盤から終盤までジョエルたちと対峙を繰り返し、終盤ではデビットがエリーに殺されたことでリーダーを失うこととなる。 その後の組織の状況は不明である。 ファイアフライ マーリーンという女性をリーダーとする軍への抵抗組織。 崩壊前の世界に存在した「政府」の復活を理想に掲げており、目的のためには手段を選ばない一面があり、不利益となる人間の殺害やテロ行為なども厭わない。 また、各地に拠点を持つ為にかなり大きな規模を誇っており、独自に大学でワクチン開発を続けたり、研究施設を兼ねた病院で外科手術が可能な設備を維持していたりと技術水準も高い。 隔離地域に禁輸品を持ち込んで戦力を蓄えてきたが、軍との抗争によって壊滅的な打撃を受ける。 終盤ではエリーを巡ってジョエルと対立し、その際にマーリーンがジョエルに殺されたことでリーダーを失ってしまい、5年後の『Part II』においてはリーダーの死亡によって解散状態に陥っている。 登場する敵 [ ] 感染者 [ ] 謎の寄生菌に寄生され、怪物と成り果てたアメリカ国民。 他の人間に襲い掛かり、噛み付くことで菌を感染させる。 また、体内の菌が成長・発芽すると周囲に大量の胞子ガスを撒き散らす苗床と化す個体も居る。 菌の侵食度によって、以下の形態に変異する。 どの形態でも掴み攻撃は即死となる。 ランナー 感染して間もない状態。 通常の人間は感染してから遅くても2日でこの状態となる。 外見は感染前と大差は無いが、身体能力は高く、名前の通り人間を発見すると走り寄り、素手での殴打や掴みからの噛み付き攻撃を仕掛けてくる。 常に集団で行動する。 ストーカー 感染者の第2段階。 頭部がキノコ状に変形しかけているが、未だ原形を留めている。 名前の通り物陰に潜み、プレイヤーを発見しても直ぐには仕掛けて来ず、背後から奇襲しようとする性質がある。 身体能力はランナーと大差は無いが、ランナーよりも視力が悪く、聴力が発達している。 尚、攻撃手段はランナーと同じである。 クリッカー 感染者の第3段階。 頭部が原形を留めないほどに変形しており、視力を完全に失っているが、代わりに聴力が発達している。 名前の由来であるクリック音に似た鳴き声を発し、コウモリと同様に音波の反射から獲物の位置を感知する。 ランナーや、ストーカーよりも力が強く、組み付かれた場合、ナイフでの反撃以外に掴み攻撃を回避する手段が無い。 また、耐久力も高く、素手では倒せない他、絞め落としによるステルスキルも不可能。 ブローター 感染者の第4段階。 全身が固いキノコ状の腫瘍に覆われ、鎧の様になっており、射撃攻撃に対する耐性が非常に高い。 他の形態とは異なり、人間を捕まえると噛み付きではなく顎を引き裂き処刑するという攻撃を行う。 掴み攻撃の脱出手段は皆無で、掴まれるとその時点でゲームオーバーが確定する。 また、苗床同様胞子を散布する特性を有し、胞子の塊を人間めがけて投擲する中距離攻撃も行う。 前述の諸性質から通常の火器で倒すのは難しく、迂闊な接近も即命取りになるなど隙らしい隙がない強敵。 一方で火を最大の弱点としており、火炎瓶や火炎放射器での攻撃には脆い。 しかし実は足が弱点でエリー編においては猟銃で攻撃すると一撃で倒せるほどの弱点である。 人間 [ ] 生身の人間で、主に敵対勢力の構成員と戦うことになる。 銃か近接武器で武装しており、専ら身体能力に任せて突撃して来る感染者とは違い、待ち伏せや回り込み、カバーアクションなどを積極的に駆使して高度な戦闘行動を取り、連携も行う。 防具で射撃ダメージを軽減する個体も居る。 用語 [ ] 隔離地域 パンデミックが発生した当初、感染者が現れる前に軍によって「奇跡的に」封鎖が完了した地域。 生き残った人々が生活している。 軍が統治しており、チェックポイントでエリアが区切られ学校や食料の配給などもすべて軍が管理している。 非常に高いコンクリート製の壁で囲われており、感染者を阻止しているが地下や建物の中に抜け道が多くあるため隔離地域から外に出る事も可能。 隔離地域に収容できる人数に限界があることもあって、基本的に外から来た人間が入る事はできない。 そのため裏で隔離地域へ案内する代わりに報酬を得ている者もいる。 通貨は価値がなくなっているらしく、仕事の報酬は主に配給カードによって支払われている。 物資不足は深刻で、配給量が減らされたり配給そのものがストップすることもあり、その事が暴動や反乱の引き金になることも。 ボストンはノース・エンドが隔離地域になっている。 ボストンの他にもピッツバーグ、アトランタなどに存在しており、アメリカの主要な都市に設けられているようである。 物資不足や配給の遅れ、軍による強権的な管理、隔離地域の維持のための作業への強制召集などで市民の不満は募っているものの、やはり安全に生活できる事は大きく隔離地域に入ろうと試みる者は多いらしい。 寄生菌 文明崩壊の原因となったパンデミックを引き起こした病原体。 CBI 脳内感染 を起こす冬虫夏草の一種の真菌で、人間の脳に寄生して思考を乗っ取る。 感染経路は感染者の体液が身体に入る、胞子を吸い込むことによる。 潜伏期間は1~2日で菌は脳へ到達するとそこで増殖を始め、思考を乗っ取り身体活動のすべてをコントロールするようになる。 症状は凶暴性の発揮、身体からの胞子の放出である。 パンデミックから20年経っても有効な治療法やワクチンは存在していない。 WHOによるワクチンテスト失敗後も各地で研究が進められたがジョエル達の旅が始まる5年前を最後に、ワクチンテストは行われていない。 診断は血液検査で抗体価を調べるか、真菌培地で血液培養を行ってコルディセプス 冬虫夏草 の菌を繁殖させることを確認する、MRIで大脳辺縁系における真菌の増大を確認する事で出来る。 また、検査機器で耳の後ろの細胞を採取することで数分で結果が出る。 動物実験でサルに感染させることが出来ているが、人類以外の動物の間では大規模な変異は見られないのか文明崩壊後の世界では野生動物が繁栄している。 パンデミックが始まった当初、農作物が汚染されていることが FDA より発表されているため、食物を通じて経口感染する可能性もある。 また、作中の新聞では当初FDAの発表において南アメリカから輸入した作物が汚染されているとして警告リストに掲載され、その後中央アメリカやメキシコにも範囲が拡大されたと書かれていることから、寄生菌は南米が発生源であることが示唆されている。 マルチプレイ [ ] マルチプレイには3つの対戦モードが用意され、最初にプレイヤーはファイアフライかハンターを選択し、グループと共に12週間(84戦)を生き延びなければならない。 グループの生存者を維持・拡大するために対戦から資源を得なければならず、維持に必要な数を上回れば生存者が増え、下回れば生存者が減ってしまう。 資源は対戦中、敵を倒すなどして得られる部品の数に応じて、または倒した敵から回収することによって獲得できる。 生存者が0人になるとゲームオーバーとなりグループ選択からやり直しとなる。 対戦は最大4対4(8人)のチーム戦。 プレイヤーは装備ポイントを使用して武器やマルチプレイ用のスキルを装備することができるほか、1回限り使用可能なブースターを使ってゲームをより有利にすすめることもできる。 累計獲得資源数によって使用できる武器・スキルや装備ポイントがアンロックされる。 キャラクターの外観のカスタマイズも可能で、マスクやヘルメット、ジェスチャーを変更することができる。 カスタマイズは生存者の数や12週間後の最終生存者の数によってアンロックされる。 モード [ ] 資源争奪戦 チームで20回の復活が可能で、敵を全滅させるか時間切れの時に味方の残機が上回っていればが勝利となる対戦モード。 生き残り戦 復活無しで、敵を全滅させるか時間切れの時に味方の数が上回っていればラウンド勝利となり、4ラウンドを先取した方が勝利となる対戦モード。 金庫争奪戦 ステージ内に隠された敵の金庫を解錠した方が勝利となる対戦モード。 敵を尋問することによって金庫の場所を特定することができる。 販売価格は1,500円 税別。 エリーが主人公となり、ゲーム本編でジョエルとエリーが出会う前3週間前のエピソードが展開する。 軍の寄宿学校で親友だった ライリーとの関係を描く新たな物語で、プレイヤーは二人の少女が繰り広げる冒険を体験する。 また、本編でジョエルが大怪我を負った後の、エリーが医療器具を探すエピソードも収録されており、2つの舞台が交互に入れ替わり同時に語られる仕様となっている。 配信日はと同じ日に設定された。 後述するようにPS4版『The Last of Us Remastered』には最初から収録されている。 軍の寄宿学校でエリーと共に過ごしていたが、後に憧れていたファイアフライの一員になるために姿を消す。 その後は久し振りに彼女の元へ現れ、束の間の行動を共にするが、作中最後で感染してしまう。 その後の消息は描かれていないが、本編のエンディングでエリーが消息について語るが、真相は不明なままである。 リマスター版 [ ] PS4専用タイトルとして『The Last of Us Remastered』のタイトルで発売。 今作の特徴として以下の要素がある。 1080p、60fpsへのグラフィックの強化。 カットシーンにおける製作者のオーディオコメンタリー。 評価 [ ] 評価 集計結果 媒体 結果 95. 受賞 [ ] 2014年1月13日時点では、200以上ものメディアで(GOTY)を獲得している。 なお『』は126のメディアでGOTYを受賞しており、同年に発売されたタイトルで唯一『The Last of Us』の獲得数に迫ったタイトルである。 24日には受賞数が231を到達し、ついに『』の記録 226 を破り、ゲーム史上最多のGOTYを獲得したタイトルとなった。 なお、受賞数はこれ以降も伸び続けている。 2月には、ビデオゲーム部門を受賞し 、の では、12部門のノミネート中、GOTYを含む10部門で受賞となる快挙を成し遂げた。 また、3月にが開催した第10回の授賞式でもGOTYを含む5部門を受賞した。 売上 [ ] 全世界累計販売本数 は2013年6月14日の世界同時発売 より約3週間経過した2013年7月3日時点で、340万本を突破し、PlayStation 3 PS3 新規タイトルとして最速のペースで売れたタイトルとなった。 日本では6月17日~23日の週間販売ランキングで11. 7万本の売り上げを記録し1位となった。 世界同時発売 からちょうど9ヶ月後の3月14日には、ディスク版とダウンロード版を合わせた累計販売本数が600万本を突破した。 PS4版は発売から半年で285万本に達している。 発売から5年でリマスター含め累計1700万本以上の売り上げに到達した。 実写映画化 [ ] 2014年3月7日、が本作の実写映画化を進めていることを明かした。 発表によると、映画版の脚本は本作のクリエイティブディレクターとして開発を率いたが担当し、ゲームディレクターのなどノーティードッグの主要メンバーに加え、監督 が製作を手掛けることも判明している。 なお、キャスティングやプロットを含む詳細は今のところ不明。 これに対して、3月12日にが開催した第10回の授賞式会場でニール・ドラックマンがのインタビューに応じ、映画がゲームをベースに脚色した改作となると述べた。 また、映画固有の特性をどう考慮するかなど、様々な要素が未だ確かではなく、現状はまだ表面をひっかいているに過ぎないと説明した。 2015年1月27日、Game Informerのインタビューに応じたドラックマンの話によると、ちょうど脚本の第2草案が完成したところで、俳優陣との読み合わせを行ったとのこと。 映画の内容については、いくつかの大きな変更があるもののゲームにかなり忠実であると伝えた。 なお、彼は『』の共同ディレクターも務めており、普段はそちらに多くの時間を注ぎつつ、空いた時間に映画版『The Last of Us』の作業を進めているという。 2020年3月、米ケーブルテレビ局が本作をドラマ化することを発表した。 脚本家として『』を手掛けたクレイグ・メイジンと、原作ゲームでクリエイティブ・ディレクターとして脚本も手掛けたニール・ドラックマンが務めることか決定し、『チェルノブイリ』の全エピソードの監督を務めたヨハン・レンクはインタビューで、自身もメイジンと共にドラマ版『The Last of Us』の製作総指揮を務め、また「少なくとも」第1話の脚本を担当すると明らかにした。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• PS3 2012年5月20日. Playstationlifestyle. net. 2013年7月12日閲覧。 twitter. com 2018年6月14日. 2019年2月28日閲覧。 INSIDE公式サイト• Naughty Dog Blog 2011年12月11日. 2011年12月11日閲覧。 2011年12月11日閲覧。 PS3 FAN 2011年12月14日. 2011年12月14日閲覧。 2011年12月14日閲覧。 DualShockers 2014年2月21日. 2014年2月28日閲覧。 doope. jp 2013年3月1日. 2013年3月1日閲覧。 Choke Point 2013年2月14日. 2013年2月27日閲覧。 2013年2月27日閲覧。 4Gamer. net 2011年12月12日. 2011年12月12日閲覧。 IGN 2011年12月10日. 2011年12月11日閲覧。 電撃オンライン 2014年1月6日. 2015年7月28日閲覧。 Doope. jp 2012年7月19日. 2013年2月27日閲覧。 4Gamer. net 2012年6月8日. 2013年2月27日閲覧。 Doope. jp 2013年2月4日. 2013年2月5日閲覧。 thecontrolleronline. com 2012年6月5日. 2013年6月15日閲覧。 2019年9月27日閲覧。 SCEJ 2014年2月14日. 2014年2月18日閲覧。 2014年3月16日閲覧。 GameRankings. 2013年7月14日閲覧。 2013年7月14日閲覧。 Kelly, Andy. Computer and Video Games. 2014年2月9日閲覧。 Sterling, Jim 2013年6月5日. Destructoid. 2013年6月6日閲覧。 Edge 2013年6月5日. 2013年6月5日閲覧。 Welsh, Oli 2013年6月5日. Eurogamer. 2013年6月5日閲覧。 Gematsu. com. 2013年7月13日閲覧。 Helgeson, Matt 2013年6月5日. Game Informer. 2013年6月5日閲覧。 Mc Shea, Tom 2013年6月5日. 2013年6月5日閲覧。 Moriarty, Colin 2013年6月5日. 2013年6月5日閲覧。 Mitchell, Richard 2013年3月25日. 2013年6月5日閲覧。 Meikleham, David 2013年6月5日. PlayStation Official Magazine. 2013年6月5日閲覧。 2013年6月5日閲覧。 Doope. jp 2012年6月5日. 2013年6月7日閲覧。 2013年6月21日. 2013年7月9日閲覧。 doope. jp 2013年1月13日. 2013年1月13日閲覧。 dualshockers. com 2013年1月24日. 2013年2月9日閲覧。 2013年2月9日閲覧。 doope. jp 2013年2月7日. 2013年2月9日閲覧。 doope. jp 2013年3月13日. 2013年3月15日閲覧。 2013年7月9日. 2013年7月9日閲覧。 VGChartz 2015年1月28日. 2015年1月28日閲覧。 doope. jp 2014年3月7日. 2014年3月8日閲覧。 doope. jp 2014年3月13日. 2014年3月15日閲覧。 doope. jp 2015年1月27日. 2015年1月28日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - チャンネル (英語)• - チャンネル• - チャンネル• - プレイリスト.

次の

ラストオブアス2(ラスアス2)攻略まとめサイト

ラスト オブ アス エンディング

2020年2月21日に発売予定のゲーム 『ラストオブアス2』 PS4で思い入れが強いソフト。 ラスト・オブ・アスです。 DL版も持ってるのですが やっぱりパッケ版も保護しておきたい。 2が発表されてるのでそちらも期待しています。 今ならGEOセールで安く買えてお買い得! — らぴ nagirapi 2013年に発売された名作の呼び声高いゲーム作品なのですが、かなり期待が高まっていますね。 さてさて、このゲーム、まだ前作もPC版(STEAM版)がリリースされていないのですが、 今度新しくリリースされる『ラストオブアス2』は PC版mSTEAM版はリリースされるのでしょうか? ということで、いろいろと調べてみました・・。 ラストオブアス2はPC STEAM では出来ないの?結論から・・。 さて、タイトルに掲げた『ラストオブアス2はPC STEAM では出来ないの?』という疑問にさっそく応えていきますと、 とりあえず現時点では 『ラストオブアス2』は、PS限定であり、 PC版、STEAM版はリリースされない! という結論でございます・・。 いきなり残念な報告ではありますが、結論を先延ばしにしたところで、結論は変わりませんからねえ・・。 その理由は、 やはりこのゲームをリリースしているのが『ソニー』だからなんですね。 今まで、『ソニー』がリリースした人気のゲーム、例えば、『ゴッドオブウォー』だったり『Destiny』だったり、ものすごく人気があって、PC版でリリースしたら確実に売れるであろうタイトルも、 軒並み「PC版リリースなし!」という輝かしい実績があるからなんですねw きっと、ソニー側の人たちも「そろそろゲームの新鮮さも失われてきたし、他のプラットフォームでもリリースしては?」という意見も飛び交っていると思うのですが、 徹底して今までリリースしてきていないので、今後PCでできる可能性は、今のところ「うすい」と言わざるを得ない状況です。 残念ながら、こればっかりは仕方ないことですね。 ただ、これからゲーム業界が大きく動いていく気配があり、グーグルだったりアップルだった李がゲーム業界に参入してくると、今後どうなるかはわかりません。 ラストオブアス2、PC(STEAM)で出してくれ!という声を集めました! やはり人気の作品である『ラストオブアス』ですから、PC版でリリースしてくれと言う声は、結構多いんですよね。 「ラストオブアスもデイズゴーンもPC版ないの悲しい」 「ラスアスpc版出ないかなあ、出ないんだろうなぁ」 「ラスアスPC版ないのか…」 「もしラスアス2がPS5で出るんなら買わざるを得なくなる。 PCでも出して(懇願)」 「Days Gone 面白そうだなぁ。 ラスト・オブ・アスもそうだけどPCでプレイしたい。 ゲームパッドでAIMするのはもう無理だわ」 「ラスアスのPC版まだですか?」 「pc版でラスアスでねえかなー」 「ラストオブアスIIはPC版も出してくれよな!」 期待してる人かなりたくさんいるんですが、やはり望は薄そうですね!あと、みなさんもあまり期待はしてないみたいですね・・・。 ラストオブアスはPS4では遊べるの?PS5限定になる? さてさて、まだ気になることが・・。 たとえ現在『PS4』を持っている人でも、『ラストオブアス2』が遊べると完全に決まったわけではございません。 ラストオブアス2が、 もしかしたら最近噂されている『PS5』でリリースされたら、もしかしたら新しいいハードを用意しなくてはならなくなる可能性が・・・。 そしたら、現在の『PC勢』と立場的には一緒になるんですけどね・・。 「ラスアス2とかデスストとかツシマとかはPS5向けになりそうだから…」 「デスストの発売日発表されそうだな。 対馬もあるかなぁラスアスはPS5やろなぁ」 「ラストオブアス2早くでないかな…受験期に出るみたいな話が出てて絶望したけど気づいたら受験終わってもまだ出てなくてPS5の発売と同時とかにしようとしてんのかなぁ」 「PS5とラスアス2くるかな??」 「んあーPS5のソフトリークでてるのか、Horizon Zero Dawn2にラストオブアス2にアサクリ新作にGTA6か…」 「デスストps4で出るのかps5で出るのか早く知りたいでごわす…ps5で出そうな気がしますが…対馬、ラスアスも」 最近噂になっているPS5ですが、 どうやらPS5,発表は年内2019年になるみたいなのですが、 発売はどうやら2020年になると予想されています。 そして今回の『ラストオブアス2』ですが、こちらは2019年内にリリースされるといううわさが濃厚みたいなので、 どうやら『ラストオブアス2』は、PS5ではなくてPS4でリリースされそうな雰囲気です。 元IGNの名物編集者Alanah Pearceがツイッターで発売日のリークを行った。 彼女曰く、『ラスアス2は100% 2019年に発売される』『複数の関係者から何回も聞いた』。 ツイートは既に削除されている。 現時点で「リークされている」情報では、PS5では グランツーリスモ7(VR) PUBGリマスター4K ラストオブアス2リマスター 2~3のAAAタイトルやPSVR2ゲーム などがローンチタイトルで予定されているそうなのですが、PS5で『ラストオブアス2』のリマスター版が出るということは、 まずPS4でリリースされてから、今度はPS5の美しいグラフィックでリマスターされる、という流れになりそう。 このリーク情報が事実なら、やっぱり『ラストオブアス2』はPS4でプレイできそうですね。 PS4持ってる人、うらやましいですね・・・。

次の