メインクーン 比較。 抱っこ嫌いなメインクーンの対策とは?

メインクーン

メインクーン 比較

ペット・ペットグッズジャンル• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の

長毛猫のおすすめは?ラグドールやメインクーンって何が違うの!?

メインクーン 比較

ペットとして飼われる猫の中でも、最大級と言われる大きさの【メインクーン】。 その大きさはいったいどの程度なのか、子猫と成猫の違いは?オスとメスの違いは? 今回は、メインクーンの大きさを 異種の猫や、性別・年齢ごとに比較してご紹介したいと思います。 一般的な成猫とメインクーンの成猫の大きさ比較• メインクーンの子猫と成猫の大きさの比較• メインクーンのオスとメスの大きさの比較• 成長しない時が要注意 それでは、順番に見ていきましょう。 スポンサードリンク 1.一般的な成猫とメインクーンの成猫の大きさ比較 まず最初に、異種の成猫とメインクーンの成猫の大きさを比べてみましょう。 以下、純血種として大人気の「ロシアンブルー」の成猫ちゃんを例にしてみます。 ロシアンブルー メインクーン 平均体長 60cm前後 100 cm 1m 前後 平均体重 3 ~ 5 kg 4 ~ 9kg 他の成猫に比べて、メインクーンの成猫は約2倍の大きさ。 体長も体重も約2倍ほどの差が出ます。 一般的な猫が生後12カ月(1年)で成猫になるのに対し、メインクーンは成長期が3~5年と続きます。 生後12か月の時のメインクーンの体重は5kg程度で、一般的な成猫と同じくらいではありますが、骨格ががっちりして、毛も長くなってくるので、見た目は他の猫よりかなり大きく見えるでしょう。 2.メインクーンの子猫と成猫の大きさの比較 子猫(生後3ヵ月) 成猫 平均体長 30 cm前後 100 cm 1m 前後 平均体重 2 ~ 3kg 4 ~ 10kg メインクーンは生まれて3ヵ月くらいまでは一般的な子猫とそこまで差はなく、4ヶ月目くらいから急激に成長が始まります。 生後3ヵ月から比べると 体長・体重ともに3倍以上にも成長することがわかります。 4ヶ月目以降から毛が伸び始め、手足も伸び始め、5,6カ月目で骨格がしっかりとしてすでに成猫らしい身体つきになります。 オスはメスよりも一回り程度大きいイメージです。 一概には言えませんが、性格はオスの方が甘えん坊でやんちゃで犬のように遊び好き、メスはおとなしくて自立しているので飼いやすいと言われています。 4.成長しない時が要注意 猫によって個体差はありますが、メインクーンは体格・骨格がしっかりしている猫であり、あまりにも大きくならない場合は、栄養摂取などに問題がある可能性があります。 丈夫で健康な体をつくるためにも、体が大きく成長するメインクーンの場合は、一般の猫よりさらにたっぷりの栄養が必要となります。 しっかり、体重に合わせたフードの量をあげていますか?• 新鮮な肉や魚を主原料に使っていますか?• 猫の成長に欠かせない高タンパクのフードをあげていますか?• 穀類や添加物など猫の成長の負担になるフードを与えていませんか? 毎日食べるフードは、愛猫の成長に大きく影響しています。 まずは栄養たっぷりの良質なご飯に見直すことから始めてみましょう。

次の

メインクーン

メインクーン 比較

メインクーンの特性や性格は? メインクーンのニックネームは「ジェントル・ジャイアント」と言い、その名の通り大きくて優しい猫です。 身体的特徴 メインクーンは大型・長毛種に分類され、不揃いに生えそろった柔らかな長い毛と、がっしりとした大きな体に魅力を感じる方も多いでしょう。 主に尾や体の上部にふわふわとした長い毛が生え、首の周りから胸元にかけての長い毛がまるでライオンのたてがみの様な姿です。 胸幅が広くやや胴長の体は「ロング・サブスタンシャル」と呼ばれるタイプで、骨格のしっかりとした筋肉質な姿です。 四肢は太く逞しく、長い毛に覆われた尾も特徴的です。 性格 メインクーンは穏やかで優しい性格の持ち主です。 他のペットや子供に対しても温厚で、来客にも人見知りすることなく応じます。 飼い主さんやその家族が大好きでいつも側にいたがりますが、べったりと甘えることなく、飼い主さんに依存しません。 また、とても賢く周囲の状況をよく観察し、甘えて良い時とそうではない時の判断ができるようです。 そのため、飼い主さんが忙しくしている時に邪魔をしたり、遊びに誘ったりせず、我慢強く構ってもらえる時を待っています。 人の言葉を理解し、学習能力も高いため、比較的飼いやすい猫と言えるでしょう。 メインクーンは日本で飼っても大丈夫? メインクーンはアメリカ原産で、品種改良ではなく自然発生的に生まれた品種の猫です。 そのため、室内飼いを想定されて作られた猫種とは違います。 メインクーンを日本の住宅で飼育する場合、どんな事に注意してあげれば良いのでしょうか。 メインクーンは遊び好きで知られています。 活発というほどではありませんが、他の猫種と同程度に走ったりジャンプしたり、高い場所に登ったりします。 マンションなどで飼う場合、その大きな体で走り回る姿を想像すると少し心配になってしまいますね。 また、猫は平面を移動するより上下運動の方が好きです。 キャットタワーを設置したり、家具を階段状に配置するなどの工夫をして上下運動ができるようにしてあげましょう。 それと同時に、階下へ足音が響かないよう遮音性の高いマットや絨毯を敷くなどの配慮が必要です。 またその身体の大きさから、低めのテーブルなどには手が届く猫もいて、テーブルの上のものなどを誤食してしまうことがあります。 誤食は猫が多く起こす事故で、ひどい時には開腹手術が必要になる場合もあります。 テーブルの上に猫が口に入れそうな物は置かないようにしましょう。 さらに、甘えたな性格のメインクーンは飼い主さんと遊ぶのも大好きです。 肉食動物の狩りが短時間なのと同様、猫が疲れるまで長時間遊ぶ必要はありません。 たとえ5分でも頻繫に遊んであげる方が欲求不満になるのを避けられます。 1日3回、1回につき5分程度遊んであげられればストレスを解消でき、深夜に無駄に走り回ったりしなくなるでしょう。 メインクーンの大きさはどれくらい? メインクーンは「世界最長の猫」としてギネス記録を持つくらい大きくなる猫種です。 そのギネス記録は驚きの全長123cm。 成猫時に100cmを超えるメインクーンも珍しくありません。 大きなメインクーンのほとんどがオス猫で、メス猫は概ね平均体重内で収まるようです。 一般的には大きく育つメインクーンですが、猫は個体差の大きな動物のため小柄なメインクーンもいます。 その大きさはオスの成猫でも4kg程度、メスの成猫で3kg程度と中型種位の大きさです。 メインクーンを飼う上での注意点とは? 遊び好きなメインクーンに適した飼育環境作り以外に、メインクーンを飼う上でどんな注意をしてあげれば良いのでしょうか。 純血種ならではの病気や大型種の食事の管理、長毛種のブラッシングなど項目別に挙げてみました。 病気 メインクーンは自然発生的に生まれた猫種のため、他の純血種に比べて比較的遺伝病が少ないとされています。 しかし「肥大性心筋症」「脊髄性筋萎縮症」「多発性のう砲腎」「異形成症」といった病気には注意が必要です。 肥大性心筋症 「肥大性心筋症」は中年期から老年期にかけて発症する遺伝性の心臓病です。 特にオス猫に多く見られ、心不全や手足の麻痺を引き起こします。 あまり動かなくなる、足を痛がったり引きずる、呼吸が荒くなるなどが症状として見られます。 脊髄性筋萎縮症 「脊髄性筋萎縮症」は生後3~4ヵ月で発症し、運動神経に障害が起きる筋萎縮性の病気です。 発症すると筋肉の萎縮、筋力の低下などにつながり、短命で終わってしまうこともあります。 しかし、あらかじめ遺伝子検査によって発症リスクを検査することができます。 多発性のう砲腎 「多発性のう砲腎」は7歳頃から出始め、腎臓にのう胞が多数出来ることにより腎臓に負担がかかり、最後は腎不全となり命を落としてしまう病気です。 早期に発見出来れば、食餌療法などで症状を抑えることも出来ます。 異形成症 「異形成症」は股関節の運動障害や関節炎をもたらす遺伝病です。 高い所から飛び降りなくなった、足を床につけないようにしている、歩く時に体をよじるなどの症状が見られたら、病院に連れて行きましょう。 いずれの病気も早期発見が重要です。 日頃から愛猫の様子を観察しておき、様子がおかしいと思ったら迷わず病院へ連れて行ってあげてください。 食事の管理 メインクーンはその体の大きさに比例して、ほかの猫種よりも食べる量が多くなります。 そのため食べ過ぎには注意し、毎日の食事は給餌量を必ず守り、きちんと計量して与えましょう。 一度肥満になってしまうとダイエットさせるのは大変な上、関節に負担をかけてしまいます。 また、肥満は糖尿病や他の病気を誘発してしまう可能性があるので、食事の管理には気を付けましょう。

次の