いちじく 食べ 過ぎ。 いちじくを食べ過ぎると?生やドライいちじくの取りすぎによる症状は?

いちじくのカロリーは?低カロリーなのに太りやすい理由と賢い食べ方|CALORI [カロリ]

いちじく 食べ 過ぎ

いちじくのカロリーは、100gあたりで「54kcal」と、一般的には低カロリーの食べ物に分類されます。 いちじくはサイズが様々ですが、中サイズのいちじくは「約32kcal」、大サイズで「約62kcal」ほどです。 ただし、いちじくには皮があり、食べる際には廃棄する部位なので、このカロリーよりは少し少なくなります。 いちじく以外の果物のカロリー 100gあたり• バナナ:86kcal• マンゴー:64kcal• パッションフルーツ:64kcal• アボカド:約187kcal• りんご:約61kcal• さくらんぼ:約60kcal• ざくろ:約56kcal 他の果物とカロリーを比べた場合、いちじくのカロリーは少ないほうだと言えるでしょう。 低カロリーで有名なりんごやさくらんぼ、ざくろなどより、低カロリーになっています。 いちじくの糖質は? いちじくのカロリーと糖質を紹介しましたが、どちらも他の果物と比較して、低カロリー・低糖質と言える結果でした。 それではなぜ、いちじくをダイエット中に食べると失敗しやいのでしょうか? いちじくがダイエット向きでない理由は主に2つあります。 いちじくは腹持ちが良くない いちじくは、腹持ちが良くないという、ダイエットにおける最大のデメリットを持っています。 そもそも、ダイエット中に間食を食べるメリットは、食事間に何かを食べることで次の食事の際に血糖値を上げないためです。 ところが、いちじくは腹持ちが良くないので、間食に食べても次の食事までにはお腹が空いてしまい、結局次の食事の際に血糖値を上げてしまいます。 「ドライいちじく」になると、高カロリー・高糖質 いちじくを食べる時は、ドライフルーツの「ドライいちじく」を食べることが多い方、要注意です。 いちじく自体のカロリーや糖質は低くても、天日干しをした「ドライいちじく」は別です。 いちじくのカロリー:54kcal いちじくの糖質:12. ドライいちじくのカロリー:292kcal ドライいちじくの糖質:65. 2g このように、天日干しにするかしないかで、カロリーと糖質が5倍以上に跳ね上がるのです。 最近ではコンビニでも、ドライいちじくを始めとするドライフルーツを手軽に購入できるようになりましたが、ドライフルーツはどれも生のフルーツより高カロリー・高糖質になるので、気を付けましょう。 いちじくにもダイエット効果はある いちじくは、食べ方を間違えると太りやすいとは言っても、そもそもは低カロリーなので、ダイエットにも応用が可能な食品です。 いちじくは、低カロリーなことに加えて、実はダイエット効果をいくつも持っているので、食べ方と食べる量にさえ気を付ければ、優秀なダイエットサポートフードに変わるでしょう。 ここではいちじくが持つダイエット効果を一挙に紹介します。 ペクチンによる整腸作用・代謝アップ いちじくには食物繊維の「ペクチン」というものが多く含まれています。 ペクチンは整腸作用があり代謝を上げ、また糖質の吸収を遅らせるという働きがあります。 糖質の吸収が遅くなるということは、糖質が脂肪に変わりにくくなるということなので、結果的にダイエットにつながります。 ビタミンB2による脂肪燃焼の促進効果 いちじくには、「ビタミンB2」が多く含まれており、脂肪燃焼を促進する効果が見込めます。 また、ビタミンCも豊富なので、美容にも効果的と言われています。 酵素フィシンによる消化機能の活性化 いちじくには、「フィシン」という酵素が多く含まれており、このフィシンは胃腸の消化機能を活性化する効果を持っています。 胃腸が活性化すると、消化不良による脂肪への蓄積がなくなるので、太りづらくなります。 また、このフィシンには、二日酔いにも効果あると言われています。 ミネラルが豊富 いちじくには、カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。 それぞれがダイエットをサポートしてくれる働きがあり、カルシムは脂肪の燃焼、カリウムはむくみの改善・脂肪の燃焼、鉄分は基礎代謝を上げる、といった効果が期待できます。 ここまで紹介してきたように、いちじくは低カロリーでも、食べ方次第で太るか痩せるかが変わる難しい食品なのでした。 そこで、いちじくをダイエットの味方にするための、「いちじくの太らない食べ方・コツ」を紹介します。 いちじくをコンポートにして主食に置き換える 1つ目の方法は、いちじくをコンポートにし、アイスやヨーグルトなどにかけて食べることです。 アイスやヨーグルトなどの脂質の多い食べ物と一緒に食べることで、腹持ちをよくすることができ、いちじくの食べ過ぎを解消できるからです。 いちじくをコンポートにしてアイスやヨーグルトに加える場合、当然カロリーはそのまま食べるよりは高くなります。 そのため、間食に食べるものとしてはカロリーが高く過ぎるので、主食に置き換えて食べるようにしましょう。 「いちじく+他の果物」で食べる 2つ目の方法は、いちじくと一緒にグレープフルーツやバナナなどの他の果物を食べることです。 いちじく単体ではどうしても腹持ちが良くなく、空腹の時間が訪れてしまうものです。 そこで他の果物と一緒に食べて、腹持ちも改善しつつ、ダイエットに効果的な栄養素も補給しましょう。 いちじくは食べ方次第で太るか痩せるかが変わる いちじくのカロリー・糖質量、いちじくがダイエットに不向きな理由、いちじくをダイエットに応用するための食べ方・コツを紹介しました。 いちじくは栄養価も高く、低カロリーなため、今回紹介した腹持ちの悪さと食べ過ぎてしまうこと、この2つさえ解決できれば、ダイエットにも応用が可能です。 腹持ちの悪さと食べ過ぎを解消するには、「いちじくをコンポートにしてヨーグルトと一緒に食べる」もしくは、「他の果物と一緒に食べる」などの方法があります。 その際、間違えても高カロリー・高糖質なドライいちじくは食べないようにしてくださいね。 ダイエット中にいちじくを食べたいという方は、ぜひ今回紹介した方法を試してみてください。

次の

イチジクの食べごろはいつ?おいしい見分け方とは?

いちじく 食べ 過ぎ

おいしいので ついつい食べ過ぎてしまうことが よくあるドライいちじく。 ドライいちじくを食べ過ぎるとどうなる? 下痢になる ドライいちじくを食べ過ぎると 下痢になる可能性があります。 下痢になる理由は ドライいちじくは食物繊維が とても多いからです。 フルーツを乾燥させると、 栄養素がかなり増えます。 ドライいちじくは 生のいちじくと比べると、 食物繊維の量が 約5倍 ちなみに、ドライいちじくを100gたべると、 1日の目標量である 半分ぐらいの量の食物繊維を 摂ることができます。 これだけ食物繊維が豊富なので、 食べすぎると下痢になってしまうのです。 太るのか? フルーツを乾燥させると 栄養素もアップしますが、 糖質も倍増します。 糖質は生きるために 必要なものなんですが、 摂りすぎると 太ります。 特に現代人は 気付かないうちに、 摂りすぎていることが多いです。 糖質は甘いものだけでなく、 野菜、ごはん、パンなど いろいろなものに含まれています。 甘いものを控えたとしても、 普通の食事で 摂りすぎになっていることがあるのです。 ドライいちじくの糖質は 100gあたり 64. 6g ミルクチョコレートの糖質は 100gあたり 51. 9g ドライいちじくのほうが ミルクチョコレートよりも 糖質が多くなります。 だから、食べ過ぎると太ることもあるでしょう。 1日にたべる量の目安 ドライいちじくを1日にたべる量の目安は 3~4コです。 小さいものなら、 もう少し数を増やしてもいいですが、 1日に約50gぐらいにしましょう。 最後に いちじくを乾燥させて、 ドライいちじくにすると 糖質は多くなり、カロリーも高くなります。 おいしいからといって、 食べ過ぎには注意してください。 たべる際はほどほどにしましょう。 スポンサーリンク.

次の

いちじくの栄養価と効果効能9つ!女性ホルモンも整える天然美容サプリメント

いちじく 食べ 過ぎ

スポンサーリンク いちじくに皮に毒があるってホント!? たくさん種類があるいちじくですが、日本で栽培されているいちじくは皮が厚いので、 いちじくの皮をむいて食べる事がほとんどだと思われます。 皮の部分にはタンパク質を分解する成分 フィシンを含んでいるので、キウイフルーツや パイナップルを食べてかゆくなる人がいるように、いちじくの皮を食べると同じような症状が表れる場合があります。 山芋やパイナップル、キウイフルーツなどと同様に、素晴らしい効能の半面、人体に与える負の要素も秘めております。 また、 未熟ないちじくはアクが強いので、胃痛・腹痛をおこしてしまう可能性もあります。 かゆみ・しびれがある場合は医療機関の受診をおすすめします。 食物アレルギーがある場合は注意が必要です。 いちじくの食べすぎはダメ?なんでなの? たくさん食べたい理由には、うれしいメリットがあるからです。 アンチエイジング効果が期待できる事。 いつまでも若々しく、元気にして、美しくすごしたいですよね。 身体の中からキレイを目指せるからです。 老化の原因、メラニン色素をつくる活性酸素の除去をする「アントシアニン」が含まれていること。 もう一つは、女性特有の症状に効く事。 女性ホルモンのエストロゲンによく似た成分が含まれていること。 エストロゲンは年齢とともに減少してしまうのです。 月経前、生理痛、女性特有のつらいときに効く成分です。 しかしデメリットもあります。 食物繊維が豊富な万能な果物、「いちじく」。 水溶性植物繊維のペクチンという成分が多く、それは便を柔らかくする成分になります。 ペクチンは水溶性植物繊維で便を柔らかく作用があります。 便秘に効くといいますが、食べ過ぎには要注意がひつようです。 たくさん食べすぎると、下痢の症状になってしまうので食べ過ぎには注意しましょう。 【豊富な成分】 ・ペクチン 便秘によく効く理由は、このペクチンが豊富であること。 ペクチンは水溶性植物繊維で便を柔らかく作用があります。 コレストロールを抑たり、血糖値を下げる作用もあります。 ・ミネラル いちじくにはミネラルも豊富です。 カルシウム・鉄分などをミネラルと呼びます。 血や骨の素となる成分です。 貧血などを防ぐ作用があります。 ・カリウム 体内にある不要な成分を排泄する作用があります。 塩分などの余分な成分を排泄する作用があるので、むくみ対策として うれしい成分。 スポンサーリンク いちじくの保存方法ってどうするの? 生のいちじくは、乾燥を防ぐために、ジップロックなどの密封できる袋にいれて、 冷蔵庫の野菜室にいれましょう。 日持ちがしないため、早めに食べきることが大事になります。 生のいちじくを、グラニュー糖で煮詰めてジャムに、シロップで煮てコンポートにするのも、保存にお勧めです。 3、グラニュー糖(残り半分)を合わせて、鍋を弱火にかける約15分 とろみがついたら、レモン汁を加えて出来上がり。 (ポイント!熱いうちに、煮沸消毒した瓶に移しましょう。 ) まとめ いかがでしたか。 長い歴史をもつ「いちじく」。 漢字で書くと「無花果」と書きます。 その名の通り、花が無いわけではありません。 実の中に小さな花をつける為に、外側からは確認できないのです。 実を割ってみると、小さなつぶつぶした花がぎっしり確認できますね。 なんともいえぬ、不思議な世界がいちじくの実の中にあるのです。 たくさんの効能や栄養を秘めた、小さな果実「いちじく」。 適度に食べて、健康と美容に役立てたいですね。

次の