前田 敦子 松田 翔太 映画。 前田敦子の濡れ場まとめ!遂にAV並みの過激シーンを披露!?

『イニシエーション・ラブ』松田翔太&前田敦子 単独インタビュー

前田 敦子 松田 翔太 映画

来年公開される映画『イニシエーション・ラブ』の特報が公開された。 ヒロインを演じる前田敦子もツイッターで「特報!! 」と驚いている。 ただ、そこには一瞬だが、前田のベッドシーンと思われる映像が見られる。 あっちゃんファンにはその点でも気になる作品となりそうだ。 小説『イニシエーション・ラブ』を実写化することについて原作者の乾くるみさんは「アレを映像化するのですか? 本当に?」と反応した。 それほど映像化が難しいと言われた作品に挑戦するのが、『トリック』『SPEC』シリーズで知られる堤幸彦監督だ。 ヒロインとなる前田敦子も『』で「特報!! 」と驚くほどのタイミングで公開された特報動画。 この中で「120万人が恋をしたラブストーリー」のコピーが一転、「120万人が騙されたラブストーリー」へと変わる。 「あなたはきっと2回観る」と言い切るほど意外な展開が待っているのだ。 そんな精妙なストーリーを主人公の大学生・鈴木夕樹役のとヒロインの歯科衛生士・成岡繭子役のをはじめ、三角関係に絡む、石丸美弥子役の木村文乃らが演じる。 マユは「初めて好きになった人がたっくんで良かった」という純情な20歳だ。 だが、公開された『イニシエーション・ラブ』特報では、たっくんと付き合ううちにマユが泣き崩れることに。 さらには、ベッドの上でたっくんから抱きつかれるシーンも見られる。 これまでホラーやサスペンス、だらしない女性など様々な役を演じてきた前田敦子だが、ここまで恋愛に翻弄される役は初めてではないか。 特報を見ても、やはりラブストーリーとしか思えないのだが、乾くるみさんは映像化にあたって驚きながらも「おそらく原作とはかなり違ったものになるのでしょう。 何卒お手柔らかにお願いします」とコメントしている。 それほど表現が難しいトリックが映画でどのように描かれるのか。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉).

次の

ソロシネマ宅配便 第9回 松田翔太を圧倒した木村文乃の“演技”

前田 敦子 松田 翔太 映画

YouTubeより 元AKB48・前田敦子がヒロインを演じる映画『イニシエーション・ラブ』(来年5月23日公開)の特報に、濡れ場と思しきシーンがあることが分かった。 原作は、112万部を突破した乾くるみの同名小説。 主演は松田翔太、監督は映画『20世紀少年』や、『SPEC』シリーズの堤幸彦が務める。 YouTubeに公開された特報映像では、一瞬ではあるが、恋人同士を演じる松田と前田のベッドシーンが見て取れる。 「原作では、コンドームなしでのセックス描写もあり、前田の濡れ場に期待が高まっている。 しかし、実際は過激シーンはほぼないとか。 「『さよなら歌舞伎町』はR-15指定ですが、脱ぐのはほかの女優ばかり。 前田は露出を拒否している。 むしろ『また脱がないのかよ』という、がっかり感ばかりが募ります。 いっぱしの女優として世間が認知するのは、いつになるだろうか?.

次の

松田翔太、前田敦子との初共演秘話を明かす「スタッフさんがメロメロでした」 1ページ目 /2015年5月22日 1ページ目

前田 敦子 松田 翔太 映画

乾くるみの同名小説を映画化した『イニシエーション・ラブ』で初共演を果たした松田翔太と前田敦子。 堤幸彦監督のもと「映像化不可能」と言われたトリッキーな世界に飛び込み、見たことのないラブストーリーを完成させた。 共演の感想、役者としてのモットーまでを語り合ってもらった。 スタイリッシュなイメージのある松田が、静岡時代から付き合っている彼女・マユと、上京して出会った女・美弥子の間で悩むという、いわば普通の恋愛に悩む男を演じており新鮮だ。 松田は「一般的な男性の考えることをやっている男。 素直で典型的、誠実な男だと思っていて」と二股をかける男性心理に共感する点も。 「こちら側にわからなければいいですよね。 環境の問題なんじゃないかな」。 「脚本を読んだ後、原作を読んだ」という二人だが、松田は「このストーリーに裏をもたせているところがすごい。 鈴木って悪い奴なんだっけと感じたり、不思議な感覚に陥るんですよね」と盛り込まれたトリックにうなる。 前田も「すごい面白かった!」と脚本に惚れ込みながら、「堤監督が撮るならば、絶対に普通の恋愛映画にならないという期待がありました」と堤監督への信頼感を吐露。 完成作への満足度が伺える。 カップル役として初共演を果たした。 松田は「ポジティブですごい明るい。 人見知りだと言うんですが、まったくそれを感じなかった。 どんどん入ってきてくれるので、カップルを演じるのはやりやすかった」と前田の印象を告白。 「勘が良くて、臨機応変に対応してくれる。 実は頭がいい(笑)」と、からかいながらもその女優力を絶賛する。 さらに「スタッフさんが前田さんにメロメロでした」と役柄同様、前田が現場でもアイドル的存在となっていたことを明かすと、前田も楽しそうににっこり。 前田は松田について、「とてもスマートな方で、翔太くんと一緒にお芝居をすると、『どうしよう』と思っていたものをすべて吸い取ってくれて、スッキリする感じがあって。 ありがたかったですね」と相性もバッチリだ。

次の