エレキテル 連合。 消えた日本エレキテル連合の現在が「勝ち組」すぎる件….

日本エレキテル連合の今現在(2020)。中野の壊死説の真相もヤバすぎる・・・

エレキテル 連合

中野は所属事務所の先輩芸人・松尾アトム前派出所(41)と1月18日に電撃結婚。 ところが、2人は交際はおろか、キスも、手をつないだこともなし。 しかも、長野でりんご農家を営む松尾とはいきなりの遠距離別居婚となる。 何から何まで不思議な新婚生活を送っていることで話題をさらった。 中野は当初、滑舌が悪い松尾の告白があまり聞き取れず、結婚相手どころか「キモイ! ウザイ! 何言ってるか分からない!!」とまったく相手にしていなかった。 だが、橋本は松尾を認めていた。 「歯抜けメークしたり、肛門で大根を切るコントをしている私たちのことを、こんなに真剣に考えてくれる人はいないと思いました」と話す橋本は、中野に対し松尾がどんなにいい男であるかを刷り込んでいったという。 日本エレキテル連合は、長らく同居しており、橋本が、面倒くさがり屋の中野の世話をする不思議な関係だった。 それだけに中野の性格を熟知しており、松尾に「中野さんはキレイ好きだから、靴下の柄は左右違うのをはかずに、同じに揃えたほうがいい」などとアドバイス。 橋本がいなければ、この結婚はなかったと言ってもいいだろう。 中野、橋本、松尾は芸人・タケタリーノ山口とグラドル・日里麻美がMCを務める動画コンテンツ「タイタン東スポ部」(6日配信)に出演する。 「見なきゃ、ダメよ~ダメダメ!」という橋本から、さらなる衝撃事実が明らかにされるかもしれない。

次の

日本エレキテル連合・中野聡子「交際0日婚」を実現させた相方・橋本の“洗脳”方法

エレキテル 連合

お笑い芸人・日本エレキテル連合(中野聡子さん・橋本小雪さん)が運気が上がるような体験をしながら、宝くじの数字を予想するという、月刊誌『ロト・ナンバーズ「超」的中法』の人気連載コラム「放電ブルース」。 実は、本誌に載せられなかった中野さん・橋本さん2人の様子をうかがい知ることができるコラムがあるのです。 それがウェブコラム「放電ブルースの舞台裏」。 さて、おうち予想の結果は…… 残念ハズレ! しかし日本エレキテル連合はおうち時間を有意義に過ごしていたようです!皆さんも参考にしてみてください! 取材・文/鶴本奈々子 今回のお題 今回のお題はコチラ。 色紙に描かれた吹き出しに入るセリフをお考えください。 結果は2020年7月29日(水)発売の『ロト・ナンバーズ「超」的中法2020年9 月号』にて発表いたします。 応募は、以下「1コマ漫画へ応募」よりご応募ください。 また当せんのご連絡の際、発送に必要なお届け先情報(お名前、郵便番号、住所、電話番号)を別途、お伺いしますので、ご連絡メール内に記載される期限までにご回答ください。 日本エレキテル連合 中野聡子(左) 橋本小雪(右) タイタン所属のお笑いコンビ・日本エレキテル連合。 コントのモットーは「メイク」「コスプレ」「小道具」。 2014年に大ブレイクを果たし、同年の流行語大賞を受賞した。 月刊誌『ロト・ナンバーズ「超」的中法』では2012年4月号から1度も休むことなく連載中。

次の

「日本エレキテル連合」中野聡子が結婚!兼業農家芸人・松尾アトム前派出所と交際0日でゴールイン― スポニチ Sponichi Annex 芸能

エレキテル 連合

中野は所属事務所の先輩芸人・松尾アトム前派出所(41)と1月18日に電撃結婚。 ところが、2人は交際はおろか、キスも、手をつないだこともなし。 しかも、長野でりんご農家を営む松尾とはいきなりの遠距離別居婚となる。 何から何まで不思議な新婚生活を送っていることで話題をさらった。 中野は当初、滑舌が悪い松尾の告白があまり聞き取れず、結婚相手どころか「キモイ! ウザイ! 何言ってるか分からない!!」とまったく相手にしていなかった。 だが、橋本は松尾を認めていた。 「歯抜けメークしたり、肛門で大根を切るコントをしている私たちのことを、こんなに真剣に考えてくれる人はいないと思いました」と話す橋本は、中野に対し松尾がどんなにいい男であるかを刷り込んでいったという。 日本エレキテル連合は、長らく同居しており、橋本が、面倒くさがり屋の中野の世話をする不思議な関係だった。 それだけに中野の性格を熟知しており、松尾に「中野さんはキレイ好きだから、靴下の柄は左右違うのをはかずに、同じに揃えたほうがいい」などとアドバイス。 橋本がいなければ、この結婚はなかったと言ってもいいだろう。 中野、橋本、松尾は芸人・タケタリーノ山口とグラドル・日里麻美がMCを務める動画コンテンツ「タイタン東スポ部」(6日配信)に出演する。 「見なきゃ、ダメよ~ダメダメ!」という橋本から、さらなる衝撃事実が明らかにされるかもしれない。

次の