シナイ デオドラント。 Sinai(シナイ)デオドラントの口コミ8選!最安値は楽天ではない

Sinai(シナイ)デオドラントの口コミ8選!最安値は楽天ではない

シナイ デオドラント

私も体臭がキツイほうで多汗症ぎみで同じように悩んでいました。 体臭が軽い人だったり、ワキガじゃない人はスプレーやパウダータイプ、シートのものでも効果はあると思いますが、 多汗で、汗のニオイが気になる人は確かにジェルのほうが、においの原因となる汗腺にムラなく行き渡るので、しっかりと汗を抑え除菌できます。 多汗の方がパウダータイプを使ってしまうと、パウダーが汗で固まってしまい、それがニオイの原因になることもあります。 避けたほうが良いでしょう。 シナイは肌に密着させて塗れるのでムラなく塗れます。 ニオイは、少しアルコールっぽいニオイがしますが、全然嫌なニオイではないです。 伸びが良く、塗ったあとすぐサラサラになるので、使い心地はとても良いです。 しかも透明なので、日焼け止めやクリームタイプの制汗剤のように白残りする心配もありません。 洋服につくのを気にしなくていいのは嬉しいですね。 私はいつでも気になったときに塗れるよう持ち歩いています。

次の

わきがに効くデオドラントSinai(シナイ)の口コミ!脇汗は止まる?|女子のわきが対策サイト

シナイ デオドラント

Sinai シナイ の特徴 ・薬用の有効成分が働き、塗って1分で99. Sinai(シナイ)に配合されている薬用の有効成分が汗を抑え、においの原因となる菌を たったの1分で99. 9%殺菌することが証明されています。 塗ってすぐに効果があるのはとても嬉しいですね。 ・密着処方 販売会社独自の超高密着処方でパーフェクトブロックします。 ロールオンタイプのジェルで、肌に浸透しやすく、ムラなく行き渡るので塗り漏れを防ぐことができます。 ・美容成分も配合 アラントイン かたつむりの粘液にも含まれている成分で、 肌の新陳代謝を促す作用があります。 肌を保護しつつ、肌あれにも効果があるので化粧品や医薬品にも使われています。 大豆エキス 大豆エキスは保湿効果に優れているため、肌にハリと弾力を与えてくれます。 メラニンを抑制する効果もあるので美白効果も期待できます。 制汗剤やシートタイプのデオドラント用品を繰り返し使用すると、摩擦により黒ずみの原因になる可能性があります。 シナイには肌を美しく保つ効果のある上記の美容成分も配合されているため、黒ずみを気にせず安心して使用できます。 ・Sinai(シナイ)は無添加処方です。 お肌に優しく荒れたりなどのトラブルを回避していきます。 市販の制汗剤との違いとはなんでしょうか? 「制汗剤」の目的は汗を抑えることで、汗腺に蓋をする役割をします。 Sinai(シナイ)は「デオドラント」に分類され、消臭や臭いを抑えることが目的です。 即効性があるものが多く、殺菌効果もあります。 また前述したように、形状の違いも挙げられます。 Sinai(シナイ)はロールオンタイプですが、市販の制汗剤はスプレータイプが多いです。 蓋を外す必要がなく片手で使えるので便利ですが、持続時間は短いです。 脇にシューっと吹きかけると冷たくて気持ちいいですが、ワキガの場合はスプレーの臭いとワキガの臭いが混ざって逆効果にもなります。 他にクリームタイプもありますが、手で塗るという手間がかかります。 また、市販もので無添加で作られているものはほとんどないので、肌に優しいという点も違いの 1つです。 まとめ 成分を調べていくと口コミの良さを実感します。 商品の見た目も個人的にはかわいいと思います。 読者の皆様にも参考にしていただければと思います。

次の

【制汗剤ランキング2020】脇汗やニオイ対策におすすめ15選!

シナイ デオドラント

「Sinai(シナイ)」の特徴• ロールオンのジェルタイプでしっかりと密着する• 美容成分配合で脇を美しくキープ• 肌に優しい無添加処方 今まで紹介しているわきがクリームとは、ちょっと違っている「Sinai(シナイ)」 たった1分で99. 【Sinai(シナイ)商品概要】 総合評価 商品内容 日本製の医薬部外品・無添加処方 消臭・制汗・持続力 制汗効果が高く、汗でニオイが強くなる人にオススメ。 基本的には朝晩2回の使用でOKですが、汗ばむ季節は日中の塗り直しで、ほぼ1日汗とニオイを抑えることができます 使い心地 肌にスッとなじむ速乾性の高いジェル。 表面はサラサラだけど、内側は潤っているのを実感。 ノースリーブなんて絶対に着れないと思っていたけど、今年の夏はSinaiのおかげでジャケットも羽織らずおしゃれが楽しめそうです! Sinai(シナイ)の悪い口コミ さすがに公式サイトには、悪い口コミはありませんでした。 Sinai(シナイ)の口コミを読んだ感想 発売されたばかりの商品なので、まだまだ未知数なところありますが、Sinai(シナイ)に期待したいのは、 「クロルヒドロアルミニウム」を主成分とした点です。 「クロルヒドロアルミニウム」には、汗腺を塞いで汗を抑える効果があり、「塩化アルミニウム」と比べて、肌に優しく安全な成分といわれています。 Sinai(シナイ)には、どのくらいわきがのニオイや汗を抑える効果があるのか、Sinai(シナイ)を使った口コミレビューを紹介します。 Sinai(シナイ)の使い心地とわきがへの効果 Sinai(シナイ)の塗り心地、香り、消臭・制汗効果、持続力をレビューします。 Sinai(シナイ)塗り心地 ロールオンは衛生面が気になりますが、やっぱり楽ちん 塗りやすさはいちばんです。 手も汚れないし、必要なところにしっかりと塗れますからね さっそく、Sinai(シナイ)を試し塗りしてみます。 くるくるっと2〜3回ほど回しながら塗ればOK! ジェルですが、べたっとした感じは全然なし! べたつき なし 速乾性 伸び浸透力 Sinai(シナイ)は乾きが早い 伸びが良くて、塗った先からすぐにサラサラになります。 待ち時間ゼロの速乾性 これはすごいと思います。 今まで使ったわきがクリームの中では断トツ これがジェルタイプの強みなのでしょうか? これなら外出先でも即効塗り直しができます。 Sinai(シナイ)はべたつかない 塗った後は、白残りなし、膜が張ったような被膜感もありません。 肌なじみもよく、塗ったのを忘れそうなくらいの浸透力のよさです。 Sinai(シナイ)香り 塗った瞬間は、わずかにメントール系の香りがしますが、すぐに無臭になります。 Sinai(シナイ)の制汗効果をチェック わきがクリームの大事なポイントの1つが制汗効果 汗に弱いと、せっかくの消臭成分が流れて効果が半減してしまいます。 Sinai(シナイ)を塗った手の甲を水で流してみます。 しっかりと水を弾いて、簡単には流れ落ちません。 これなら汗をしっかりと抑えてくれそうです。 Sinai(シナイ)の消臭・持続力 いちばん肝心のニオイを抑える効果と持続力はどうでしょうか? 出勤は自転車で約20分の道のり デオドラント剤を塗っていないと、職場に到着するやいなや汗がじわ〜と出てきます。 (夏はドバーですが) Sinai(シナイ)を塗って、いざ出勤! Sinai(シナイ)を使った初日 職場に到着すると、じんわり汗がでてきました。 いつもよりはちょっと汗の量が少ないかな?という程度 いつも習慣で、お昼休みにこっそりと汗拭きシートでわきを拭いてから、Sinai(シナイ)を塗り直します。 朝と昼2回塗りましたが、 初日は、わき汗やニオイは抑える効果はまぁまぁかな?程度でした。 Sinai(シナイ)の使い方は、基本的には朝晩2回 脇汗がひどくて、ニオイが強くなりそうな時でも、日中に1〜2回ほど塗り直しをすれば、ニオイ、わき汗ともほぼほぼ抑えることができました。 ロールオンは雑菌の繁殖が心配ですが、肌に直塗りしても、肌荒れを起こしたり、効果が薄くなったりということはありませんでした。 (ただし、汗をきちんと拭きとってから使用することが前提です) 1か月で使いきってしまう分には、あまり神経質にならなくても大丈夫かなと思いました。 やはり、ロールオンタイプは使いやすくて便利です。 Sinai(シナイ)は、クリームタイプよりも、乾きが早いのが私にはストライクでした。 もし使い始めで効果を感じない場合には、簡単にあきらめずに使い続けることをオススメします。 その際には、正しい使い方を心がけると、Sinai(シナイ)の効果を発揮しやすくなります。 最低でも朝晩2回塗る• まんべんなく広範囲に塗る Sinai(シナイ)の効果をUPさせる使い方 就寝前に必ず塗る 夜寝る前、お風呂上がりの清潔な肌に塗ります。 これはSinai(シナイ)に限らず、わきがクリームの効果を発揮させるためにぜひ実践してほしい使い方の1つです。 入浴後は、細菌やわきの下の汗、皮脂、汚れがキレイに落ちています。 この時に塗っておくと、就寝中に有効成分が浸透して、汗腺にしっかりとフタをして、細菌の繁殖を抑えてくれます。 そして、翌朝もう1回塗ることによって、日中のニオイの発生と汗を抑える効果がアップします。 わきがクリームは、ニオイが発生する前に塗る 就寝前に塗るのは、最もベストなタイミングといえます。 汗を拭いてから塗る 汗をかいたまま塗ってしまうと、有効成分がなじまずに、効果が半減する恐れがあります。 汗が引いてからの塗り直すのがいいわけですが、そこまで待ってたら臭ってくるし・・・ そんな時には、汗拭きシートを活用します。 汗をキレイに拭きとって、ワキが乾いたら塗りましょう。 ハンカチでもいいのですが、殺菌力のある汗拭きシートを使えば、より清潔になるし、ロールオンにも雑菌が付きにくくなります。 広範囲に塗る わきより若干広めに塗ると汗を抑える効果がアップしやすくなります。 さらに、塗りムラがないようにするのもコツの1つですが、Sinai(シナイ)はロールオンなので、塗りムラの心配がありません。 もう1つ「乾くまで少し待つ」、私は常にこの4つを実践しているおかげで、制汗効果がアップして、日中の塗り直しの回数を減らすことができています。 ただし、Sinai(シナイ)に関しては、すぐに乾くので待つ手間を省くことができます。 Sinai(シナイ)の最安値販売店は楽天・Amazon・公式? Sinai(シナイ)を損なく購入するために、どこで購入するのが一番安く手お得かを調べました。 Sinai(シナイ)の定価は 7,980円(税込)です。 薬局・ドラッグストア なし 東急ハンズ・ロフト なし ドンキ なし デパート なし Sinai(シナイ)はお店での販売はなし、通販でしか手に入らない商品です。 Sinai(シナイ)楽天での取り扱い 楽天でSinai(シナイ)と検索しましたが、取り扱いはありませんでした。 Sinai(シナイ)Amazonでの取り扱い AmazonでSinai(シナイ)と検索しましたが、取り扱いはありませんでした。 Sinai(シナイ)ヤフーショッピングでの取り扱い ヤフーショッピングでSinai(シナイ)と検索しましたが、取り扱いはありませんでした。 ということで、 Sinai(シナイ)は公式サイトだけでしか買えないことがわかりました。 公式サイトでも購入方法は2通りある 公式しか取り扱いがないなら、そこから買うだけでしょ・・・ではなく、公式サイトの中でも購入方法によって、価格に大きな差が出てしまうので、そこを詳しく説明します。 単品 7,980円 定期コース 初回 980円+送料無料 2回目〜 4,980円+送料500円 ご覧の通り、 最安値は定期コースになります。 単品購入した場合と比べて、初回 7,000円の差額、2回目以降でも 3,000円の差額が出ます。 そして注目ポイントは 「定期コースでも継続購入の縛りがない」 もし気に入らなければ、1回限りでも解約が可能となっています。 Sinai(シナイ)の解約と永久返金保証ここに注意 Sinai(シナイ)の定期コースを解約したい、返金保証を利用したい時の手順について説明します。 実は、公式サイトを確認しましたが、返金保証についての詳しい記載がありませんでした。 なので、電話で直接確認してみました。 解約のタイミング Sinai(シナイ)の定期コースはいつでも解約が可能となっています。 通販でお買い物をすると、割引価格や送料無料などメリットが付く代わりに、継続購入の縛りが付くことが多いのですが、 Sinai(シナイ)は1回限りで解約が可能となっています。 ただし、解約する場合には、次回お届けの 10日前までにSinai(シナイ)のカスタマーサポートに電話連絡をする必要があります。 10日を切ってしまうと、発送手続きに入ってしまうので、解約がもう1か月ずれて、いらない商品を受け取ることになるので注意しましょう。 Sinai(シナイ)返金保証の注意点 Sinai(シナイ)には安心の永久返金保証が付いていますが、理由次第で返金保証を利用できる場合とできない場合があります。 返金保証を利用できる 返金保証を利用できない 肌に合わない 肌にトラブルが起きた 効果を実感できない 何となく気に入らない Sinai(シナイ)の成分からわかるわきが臭と脇汗への効果 わきがはざっくりいうと「汗と雑菌」が原因で発生します。 ですから、わきがクリームには制汗・殺菌効果のある成分を配合したものを選ぶ必要があります。 効くといわれるわきがクリームには、制汗成分「パラフェノールスルホン酸亜鉛」、殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」が配合されていることが多いのですが、Sinai(シナイ)には 「クロルヒドロアルミニウム」が配合されています。 クロルヒドロアルミニウムとは クロルヒドロアルミニウムって何? あまり聞きなれない成分名だし、アルミニウムだし、不安を抱えたまま使うのは嫌だったので、クロルヒドロアルミニウムについて調べてみました。 クロルヒドロアルミニウムには、収れん・消臭・制汗作用があって、肌を引き締め、汗を出にくくする作用があります。 最近では制汗剤を始め、汗による化粧崩れを防ぐので、化粧下地、ファンデーションなどの有効成分として使われています。 制汗成分といえば 「塩化アルミニウム」があります。 同じアルミニウムですが、 「クロルヒドロアルミニウム」と「塩化アルミニウム」には大きな違いがあります。 それは 安全性です。 肌に優しく、敏感肌の人でも安心して使えるのが 「クロルヒドロアルミニウム」です。 ただし、制汗効果は 「塩化アルミニウム」の方が強く、病院で多汗症の治療薬として使われるほどですが、肌荒れやかゆみなどの副作用を起こすリスクも高くなっています。 でも、Sinai(シナイ)はかゆみやかぶれといった副作用もなく、しっかりと汗を抑える効果を実感できました。 主に「塩化アルミニウム」の方は海外製の製品に配合され、日本製の方は「クロルヒドロアルミニウム」が主流となっています。 安全性にこだわりたい• 敏感肌である そんな人でも、Sinai(シナイ)なら副作用のリスクなしで使えます。 もし合わなくても、返金保証が付いているので安心ですね。 「クロルヒドロアルミニウム」と「塩化アルミニウム」の違いをまとめると クロルヒドロアルミニウム 塩化アルミニウム 分類 医薬部外品 医薬部外品 効果 かなり高い そこそこは高い 肌荒れ 高い 低い 「クロルヒドロアルミニウム」は「塩化アルミニウム」と比べるとそこそこの効果になりますが・・・、実際には十分の制汗・殺菌効果は得られます。 Sinai(シナイ)の制汗効果 クロルヒドロアルミニウムの主成分アルミニウムは、汗の水分と反応すると別の物質に変化して、汗腺の内部を塞ぎます。 つまり『汗の出入り口をふさいで、汗を止める』わけです。 Sinai(シナイ)の殺菌力 ニオイの原因となる黄色ブドウ球菌にSinai(シナイ)を使った実験では、約1分で110万匹から10万匹未満に減少したデータがあります。 黄色ブドウ球菌が99. しかも、ほぼ1分で! これだけの高い即効性があれば、いざという時でも安心ですね。 Sinai(シナイ)の美肌成分 Sinai(シナイ)には美肌成分として、 「アラントイン」「大豆エキス」を配合しています。 アラントイン かたつむりの粘液に含まれる成分で、下記の作用があるといわれています。 クリームタイプとの違いは、肌なじみの良さと速乾性です。 クリームタイプは、指でよくなじませる必要がありますが、Sinai(シナイ)は肌の上でくるくるとなじませているだけで、あっという間になじんで、すぐに乾きます。 べたつきや被膜感もなく、塗っているのを忘れるくらいの快適な使い心地です。 最初は、ロールオンの衛生面が不安でしたが、実際に使って何のトラブルもなし むしろ、簡単な使い心地にはまってしまったくらいです。 美肌成分が入っているおかげなのか、毎日使っても肌荒れ等のトラブルもなし おしゃれなボトルなので、バッグにそっと忍ばせて、いざという時の強い味方になっています。 何より継続の縛りなしで初回 980円でお試しできる! 一度試してみても決して損のないわきが対策のジェルです。

次の