自家 発電 機 家庭 用。 太陽光発電の自家消費を支える家庭用蓄電池とは?設置価格と相場

家庭用自家発電機

自家 発電 機 家庭 用

数々ある自家発電システムのなかでも。 特に普及が進んでいるのが太陽光発電システム。 家庭用蓄電池との相性もいい おもな自家発電システムには次のような種類がある。 [太陽光発電システム] 建物の屋根などに設置した太陽電池モジュールで太陽光から電気をつくり、パワーコンディショナーによって家庭で使用できる電力に変換するシステム。 自宅で使用して余った電力は電力会社へ売電することも可能。 ただし、太陽光を利用するので夜間は発電できない。 設置費用は規模によって大きく異なるが、200万円前後が一般的。 [家庭用燃料電池] 「エネファーム」の愛称で知られる発電システム。 ガスが使用できることが前提となるが、都市ガスやLPガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させ、電気をつくり出す。 さらに、発電の際に発生する熱でお湯を沸かし給湯に利用する。 設置費用は150万円前後。 [手動式発電機] 手や足でハンドルやペダルを回して発電する。 人力で稼働するので燃料がいらないというメリットがある一方で、停電時の生活全般を維持するには発電量が少ない。 商品は携帯電話やラジオなど小型電気製品の充電用といったものが中心で1万円程度から購入可能。 [エンジン式発電機] ガソリンなどを燃料としてエンジンを回して発電する。 発電量が1000VA ボルトアンペア を超えるものも多いのでテレビや冷蔵庫などの家電も稼働させることができる。 しかし、燃料がなくなると使用できなくなるうえに、その臭いや稼働音が近所迷惑になる可能性がある。 価格は10万円前後。 太陽光発電と家庭用蓄電池のダブルで昼夜電力を供給 上記のなかで特に普及が進んでいるのが太陽光発電システムだ。 2014年の「全国消費実態調査」(総務省)によると、2人以上の世帯の普及率は6. 6%で2009年の前回調査(1. 6%)より5ポイント増加した。 この理由としては以下のようなことが考えられる。 ・災害時だけでなく普段から光熱費を削減できる ・電力会社が余った電力を買い取ってくれる(発電したすべてを買い取ることも可) ・比較的容量が大きいため災害時でも毎日数時間は普段に近い生活が可能 価格帯はエネファームと同等だが、売電できることや太陽光という購入しなくても手に入る自然エネルギーを利用するという点に違いがある。 ただし、大きなネックも存在する。 夜間に発電できないことと、せっかく発電しても貯めておけないことだ。 災害などによって長期間停電する際は、余った電力を売電するよりも夜間に使いたい、と考える人が多いはずだ。 そこで活躍するのが家庭用蓄電池だ。 これはノートパソコンや携帯電話などのバッテリーと同じ原理で住宅用の電力を貯めておく電池。 蓄電池は太陽光発電との相性がいい。 たとえば、普段は次のような使い方で電気料金を削減ができる。 1.割安な夜間電気料金で蓄電池に充電 2.早朝や夕方は蓄電池から電力を供給 3.昼間は太陽光から電力を供給 4.余った電力は売電または蓄電池に充電 さらに停電時は、昼間は太陽光、夜は蓄電池のダブルで電力を供給することが可能だ。 これならインフラがストップしても終日普段に近い生活をおくることができる。 ただし、家庭用蓄電池にも大きなネックがある。 その設置費用だ。 容量によって差はあるものの、中心価格帯は100万円から150万円。 自治体によっては補助金が出るが、数万円から数十万円といったところ。 太陽光発電と合わせると300万円を超える出費になることもあり得る。 また、多くの製品は基本的な構造が携帯電話のバッテリーと同じなので、長期間充電と放電を繰り返すと容量が著しく低下する。 そのため、各メーカーの保証期間は10年程度だ。 さらに設置場所が問題になるケースもある。 大きさは一般的に大型のエアコン室外機並み。 狭小住宅などでは設置が難しいこともあるだろう。 このようなネックを解消する一つの方法が、蓄電池としても利用可能な自動車の導入だ。 これにはおもに電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池自動車(FCV)の3種類がある。 どれも蓄電池としての機能を有し、もちろん普段の移動手段としても使える。 EVに関しては登場した当初は、急速充電器の設置個所が少ないことが懸念されていたが、現在はコンビニの駐車場や高速道路のサービスエリアで見かけることが増え、その心配はだいぶ緩和された。 気になる車両価格だが、250万円程度から購入可能だ。 さらに国から20万円から200万円程度の補助金が出る。 これなら一般的な車と蓄電池を購入するよりも安価というケースも多いだろう。 「クリーンエネルギー自動車導入促進対策費補助金」 以上のように住宅用の自家発電システムの選択肢は複数ある。 多くが自立可能度に比例してコストも上がっていく。 自分はどの程度自立した生活がしたいのか、それに対してどれだけのコストがかけられるのか。 よく考えて災害に備えてほしい。

次の

太陽光発電と相性の良い家庭用蓄電池!メリットとデメリットは?

自家 発電 機 家庭 用

自家発電にはどんな種類がある?種類と仕組みをご紹介 自家発電とは電力会社からの電力供給ではなく、太陽光やガス、エンジンなどを用いて家庭で電気を発電して使う仕組みです。 エコや経済的な観点から注目を集め、近年では災害時の停電などに備える意味でも検討される方が増えています。 自家発電の中でも有名なのは太陽の光を使った太陽光発電ですが、自家発電には他にもさまざまな種類があります。 それぞれの仕組みや魅力をご紹介しますね。 太陽光発電 建物の屋根などに設置したソーラーパネル(太陽電池モジュール)に太陽光が当たることで発電。 パワーコンディショナーで家庭用の電気に変換して使用します。 家庭での太陽光発電システムの設置に対して補助金を出している自治体も多数あり、自家発電システムの中でも一般家庭への普及が特に進んでいます。 設置費用は規模にもよりますが200万円前後が相場です。 再生可能エネルギーのため地球に優しく、発電した電気は電力会社に買い取ってもらうこともでき、経済的にもメリットがある発電方法です。 ガス発電(燃料電池システム) ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて発電する自家発電方法です。 作り出した電力は燃料電池に貯めておき、必要な時に使うことができます。 従来のガスを燃やして発電する方法とは違うため、発電時に二酸化炭素が発生しないのが大きな特徴です。 発電効率がとても良いのと、ガス発電の中でも近年普及が進んでいるガスコージェネレーションシステムでは発電時に発生する熱を使って給湯や暖房などを行うこともできるのでさらに省エネ&経済的です。 北ガスで取り扱っているマイホーム発電は「エネファーム」と「コレモ」の2種類があります。 コレモについてはまた別の記事でご紹介させていただきます! エンジン式発電機 ガソリンなどを燃料としてエンジンを稼働させて発電させる方法です。 発電機自体は10万円程度で購入することができるので導入のハードルが比較的低く、1,000VA以上の高い電力を作り出すこともできます。 野外設置可能でコンパクトなタイプもあり、非常用の発電機として重宝されています。 ただし、ガソリンが燃焼する匂いやエンジンの駆動音が大きいのがデメリットです。 風力発電装置 自然に吹く風で風車を回し、その動力を使って発電機で発電する方法です。 小型、中型などタイプがいくつかに分かれています。 資源が尽きることのない再生可能エネルギーによる発電で、風さえ吹いていれば発電が可能です。 また、太陽光発電と同じように、風力発電で発電した電気も電力会社に買い取ってもらうこともできます。 大きなタイプになるごとに大きな風力が必要となり、風が吹いていない時は発電ができないのがデメリットです。 手動式発電機 ハンドルやペダルを人力で回して発電する方法です。 人力で動かすので人手さえあれば資源のいらない、最もクリーンなエネルギーではないでしょうか。 そのかわり、たくさんの電力を発電することは難しく、ラジオや携帯電話、懐中電灯などの緊急時の充電用に使われることが多いでしょう。 エネファームは環境にやさしい「小さな発電所」。 天然ガスを活用した最新テクノロジーで自宅で電気とお湯を同時につくり、CO2も削減します。 さらに、災害時にも役立つ機能や安全管理システムを搭載しています。 自家発電の方法の中でも近年注目度が高まっているのが、このガスを使った「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」です。 天然ガスの中の水素と空気中の酸素を化学反応させて発電し、さらに発電時の排熱を使って給湯、暖房も行うエコで便利なシステムです。 北ガスでも燃料電池システムを利用した「エネファーム」を取り扱っています。 家庭で使用する電力のおよそ6割を自家発電で作り出すことができるので、その分電気代も削減! 使用しないタイミングには燃料電池に電気を貯めておくこともできます。 ガスを燃焼させて発電するわけではないので、発電時に二酸化炭素も発生しません! また、災害で停電してしまった時でもエネファームが運転中ならそのまま発電し続けることが可能。 運転停止中だったとしても100Vの外部電源があれば運転を開始することができます。 貯水タンクには常に一定量の水があるため、災害で万が一インフラ(上下水道や送電網など)が停止してしまっても電気・給水・給湯が使えて安心です。 自家発電を活用して省エネ&エコ&災害時の備えを! 発電設備を設置し、太陽光やガスなどを利用して自宅で発電を行う自家発電システム。 環境保護や経済性、災害時の備えとして自宅へ導入する方も増えてきました。 ・自家発電システムには太陽光や風力など自然の力を使ったものや、ガスを使った燃料電池システムなどさまざまな種類があります。 それぞれの特徴をふまえて、ライフスタイルや環境に合った自家発電システムを選びましょう。 ・枯れることのない太陽光や風力を使った自家発電や、ガスを燃やさず化学反応させることで発電する燃料電池システムは、二酸化炭素が発生せず地球環境にとっても優しいです。 自家発電した電気を使用することで電気代を抑えることができ、余った電気を電力会社に買い取ってもらえる場合もあるので経済的です。 ・天然ガスを使用した燃料電池システム「エネファーム」は、高い発電効率で家庭で使用する電力の約6割を発電することが可能!発電時の排熱を使って給湯を行う事ができます。 自立運転も可能なので災害などで停電してしまった場合も電気や給湯、暖房を使うことができて安心です。 (起動時には外部電力が必要です。 ) 関連記事.

次の

日立パッケージ形ディーゼル発電装置:自家用発電設備:日立

自家 発電 機 家庭 用

家庭用やモバイルのソーラーシステムがどんどん安くなっています。 独立型太陽光発電のセットは自分で作ればかなり安く出来上がります。 ソーラーパネルとの接続は? いろんな疑問が出てきます。 災害時に電気が来なくても、天気が良ければ、太陽光発電システムで発電して使うことも出来ますので一石二鳥ではあります。 自給自足の発電システム、キモは蓄電能力。 売電を前提とした家庭用の太陽光発電システムには標準では組み込まれていません。 蓄電池にもいろいろ有りますが、圧倒的な安さと能力と将来性で、車用のバッテリーが見直されています。 ソーラー発電機とバッテリーと100Vの家電で使う場合はインバーターも必要になります。 そんな発電システムを作るときの基礎知識と、各部品の基準値や選び方が書かれている本も有ります。 簡単な発電所:太陽光発電ってこんなもの、体験で1ステップ前に前進できます。 一万円しないポータブル太陽光発電セット(発電から蓄電、活用までこれ1つでOK! )がアマゾンで人気になっています。 太陽光発電が身近に体験でき、いざというときにも安心です。 2020年は無いようです。 楽天ふるさと納税では多くの自治体が災害支援寄附受付をしていました。 災害対策用には、少し高くても誰でも簡単に使用できる発電機器が求められています。 本格的なDIYソーラー発電セット ソーラーパネル入力にも対応した家庭用ポータブル電源で容量の大きなものが便利です。 人気のsuaoki ポータブル電源の2020年最新モデルがありました。

次の