むげん wifi。 Mugen WiFi(無限)のメリット・デメリット徹底調査【口コミ・評判】|違約金・契約の縛りがないポケットWiFi最安値比較

Mugen

むげん wifi

2020年は「データ容量無制限」の時代? 2020年はデータ容量無制限で安く使えるモバイルWi-Fiがトレンドになっています。 1日3ギガ以上、3日10ギガ以上の使用などによる速度制限がある契約に不満を持っている方が増えてきました。 また、2020年から次世代通信規格である「5G」が商用利用開始ということで、「4G」からスムーズに乗り換えることができるようにしたいと考えるユーザーが急速に増えています。 そうしたニーズから、「データ容量無制限」「契約期間のしばり」「解約違約金」といった特徴をもったモバイルWi-Fiが登場するようになりました。 今回比較するモバイルWi-Fiは、とです。 この2つのモバイルWi-Fiサービスはいずれもデータ容量無制限で利用できます。 この記事では、 と の特徴やメリット、デメリットを比較していきます。 盗難・紛失がわかったら、早急にご連絡ください。 解約処理を行わないと課金が続く為、カスタマーセンター(0120-048-277)までご連絡ください。 契約月の日割り なし(契約月は1ヶ月分請求) あり 月額料金 ずっと3,280円 税抜 格安国内外プラン ずっと3,880円 税抜 アドバンスプラン 1ヶ月目~24ヶ月目3,480円 税抜 25ヶ月目以降3,980円 税抜 契約期間 2年間(自動更新) 2年間(自動更新) 解約違約金 1年未満:9,000円(税抜)1〜2年未満:5,000円(税抜) 契約更新月以降:0円(税抜) 契約月を1ヶ月目とし、契約更新月は25ヶ月目となります。 お申し込み時に翌月から利用希望の場合 support mugen-wifi. com宛に次月開始対応の依頼をだしていただけましたら当月内の端末停止処理ができます。 ただし、ただし端末到着後2日以上経過している場合は、協議の上決めさせていただきますのでご了承ください。 どちらもトリプルキャリア対応で通信エリアが広い 「どんなときもWiFi」、「MugenWiFi」ともにソフトバンク、au、ドコモのトリプルキャリア対応のモバイルWi-Fiです。 通信対応エリアは公式サイトをご確認ください。 どんなときもWiFi、MugenWiFiともに解約違約金あり MugenWiFiは、契約月から24ヶ月未満の場合に解約違約金が発生します。 1年未満:9,000円(税抜) 1〜2年未満:5,000円(税抜) 契約更新月以降:0円(税抜) 契約月を1ヶ月目とし、契約更新月は25ヶ月目となります。 他のモバイルWi-Fiと比べて、解約違約金が1万円未満なので、そこまで大きなデメリットではありません。 どんなときもWiFiは、 0〜12ヶ月目 19,000円(税抜) 13〜24ヶ月目 14,000円(税抜) 26ヶ月目以降 9,500円(税抜) 更新月(25ヶ月目、49ヶ月目)0円 となっており、更新月以外の期間で解約すると解約違約金が発生します。 通信速度は同じ MugenWiFiでは 「G4」という端末がアドバンスプランで使えます。 MugenWiFiの端末 「G4」は下り最大150Mbps 上り最大50Mbpsで、「U2s」も同じです。 通信の性能は同じで、 「G4」は翻訳機能やマップ機能、充電機能(端末から充電)が付いています。 画面があるので、使ったギガ量や残りの充電を確認できるメリットもあります。 どんなときもWiFiの端末 どんなときもWiFiで扱っている 「D1」は「U2s」と同じく、国内3キャリアから提供される現在環境に最適な「通信容量制限無し」の回線が自動で選択されます。 下り最大150Mbps 上り最大50Mbpsとなっております。 MugenWiFiのU2sと性能はほぼ同じです。 以下のようなご利用はなるべく控えていただけますようお願いいたします。 長時間の動画コンテンツの視聴、長時間のオンラインゲームのご利用、大容量のダウンロード、長時間のネット通話、高解像度動画などの視聴、複数機器の常時接続などはお控えください。 上記などを守っていただけない場合ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 なお利用方法によって停止措置や速度制限がかかった場合の返金や交換などの対応は一切行っておりません。 また違法ダウンロードや犯罪行為などの不正利用の疑いがある場合、端末自体のご利用停止を行う場合があります。 エリア内であっても建物や障害物、電波塔などの影響で通信ができない場合がございいますため予めご了承ください。 どんなときもWiFiの場合 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。 MugenWiFiは初期費用が3,000円 税抜 、どんなときもWiFiは3,000円 税抜 かかります。 月額料金は、MugenWiFiは3,280円 税抜 、どんなときもWiFiは3,480円 税抜 となり、MugenWiFiのほうが月々200円安いです。 MugenWiFiのほうが安く使えます。 接続可能台数について 通信端末の接続できる台数は、 MugenWiFiが5台、どんなときもWiFi が5台となっています。 インターネットを複数の端末で利用する方、家族と一緒に使う方であれば、5台は物足りないかもしれません。 返却の必要あり MugenWiFi、どんなときもWiFiはどちらともレンタルなので端末を返却する必要があります。 MugenWiFiの場合 お問い合わせフォームよりご連絡いただき、 折返しのご連絡で解約手続きが簡単にできます。 25ヶ月目以降に解約の場合は、返却は不要です。 どんなときもWiFi どんなときもWiFiの端末は、新品のレンタル(貸し出し)とさせていただいております。 送料はお客様負担 返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合、返却物に欠品がある場合は機器損害金として18,000円 税抜 を請求させて頂く場合がございます。 動画見てると普通に制限超えちゃうので。 — さかなか sakanaka3 Mugen Wifiってやつ!ただ回線的には普通の携帯回線使うようなタイプだからよく調べた方が良いかも。 今の所ってもまだ二日だけど、Wimaxから移行してみて不便は無いかな~ — のぜりあ noseli4 管理人の影武者です。 海外でもそのまま使えるモバイルルーターMugen WiFi、端末自体がAndroid搭載。 韓国にて翻訳機能も使ってみましたがちゃんと通じたようで何より — GARUMAX GaruJpn おおむね、好評のようで安心しました。 しかし、都心部の混雑している場所では混雑しており、電波が足りないといった場合や山間部では、電波が少ないため都市部よりは少しつながりにくいという情報もあります。 MugenWiFiは全国各地からお申し込みが増えているため、かなり多くの人が気になっているようです。 しかも無制限。 が、まだまだ信用はできない。 明日はどんなときもソフトバンクWifiに戻るだろう。 au、ドコモの回線だと、Wi-Fiに割り当てられる回線に限りがあるので、そういった理由でソフトバンクにつながりやすくなっています。 ソフトバンク回線がつながりにくい場所では、au回線につなげたほうが電波が良いので、電源を切って再び電源を入れると回線がリセットされるので、au回線につながるまで、リセットすることをおすすめします。 「Speedtest」というスマホアプリでどの回線につながっているのかわかります。 2020年2月下旬頃から「速度が遅い」などの苦情が増えています。 10GB制限問題の前に普通に使用出来ない事が大問題。 08Mbps 【PM】 15:00時 0. 07Mbps 21:00時 0. 59Mbps 日中に電話も繋がらないし、40分待って出た回答が制限は掛かってません... じゃあ原因は何!? しかも回線切断が1日に何度もある。 比較した結果 ・どんなときもWiFi、MugenWiFiともに、トリプルキャリア対応で、通信範囲が広く、通信が安定しやすい ・月額料金、解約違約金はMugenWiFiのほうが安い ・どちらも3日10ギガ以上、1日3ギガ以上などの速度制限はなし 2020年は「データ容量無制限」が流行る? 「データ容量無制限」でこんなに良いサービスを提供して元を取れるのか!?ってレベルでお得なモバイルWi-Fiが登場しているので、今後も多くのサービスが出てきそうですね。 「データ容量無制限」でインターネットを使いたい方はぜひご検討ください。

次の

【比較】どんなときもWifi×よくばりWiFi×Mugen wifi

むげん wifi

1ヶ月間どれだけ使っても制限ありません。 これはポケトーク(例えば:日本語で「こんにちは」と音声入力すると、英語設定していると「HELLO」と音声でしゃべってくれる機器)と同じような機能ですので、2020年のオリンピックに向けて外国人が増えてくると便利ですね。 いわゆるモバイルバッテリーの役目もしてくれると。 そこまでの容量は期待できないものの、いざという時のオマケ機能としてはお得かもです。 もちろん詐欺的な手口が横行しないためにも条件はあるようですが、難しい条件ではありませんでした。 【条件】• 2年契約• 初期設定費用がある• 端末をなくしたら弁償 ポケットWifi業界ではこれまで、2年契約は普通で、中には3年契約という形も増えてきているのですが、同時に好きな期間だけレンタルできるという形式のポケットWifiも登場しています。 2年間なくさなければ問題ありませんね。 「壊れた」ということはあっても「なくした」というのはあまり聞いたことがないですし。 壊れた場合のために「補償オプション(月額500円)」に加入しておくのも良いかもしれません。 めったに壊れるものではありませんので、個人的にはつけなくても大丈夫だと思いますけど。 ただ補償オプションは最初しか加入のタイミングはありませんので、加入するのであれば忘れずに。 補償オプションは途中解約もできないようですから、慎重に考えて加入してくださいね。 2年間補償オプション料金を払ってもトータルで12,000円です。 その間に端末を故障してしまったら解約費用や端末違約金が発生して数万円飛んでしまうので、壊さない自信がないのであれば加入がベターですね。 デメリットはこれぐらいです。 「MugenWifi(むげんワイファイ)」を「WiMAX」と比較 ポケットWiFiといえば知らない人はいない超有名王道サービスの「WiMAX」と比較すると、この「MugenWifi」というサービスがとんでもなく素晴らしいことがわかりました。 月額料金が激激激安い• 通信容量無制限• エリアが超広い• 海外でも簡単に使用可能• 翻訳機能が付いている端末もある(アドバンスプラン)• 充電機能がついている端末もある(アドバンスプラン)• 初月が無料• 30日間の返金保証付き• 端末は基本レンタルではなく無償提供• 配送料無料 「WiMAX」より「優れている点」を赤く表示してみました。 もうちょっとわかり易くするために、表にして比較してみましょうか。

次の

【Mugen WiFi】最強コスパ無制限WiFiルーター

むげん wifi

ねとみです。 どんなときもWiFiについてツイートしたら思った以上に検討していた人がいたので、サイト運営者として公平に、正直な意見をまとめることにしました。 やっぱりどんなときもWiFi雲行き怪しいですね… 遅いという意見がちらほら見られるようになってきました… だいだい再販だし仕入れ金額より安くすること出来ないので、無制限で高速通信維持するのは無理があるんですよね… これはツイッターだから言えることですが🤭 — ねとみ やさしくねっと yasashikunet 今回「どんなときもWiFi」を中心として話を進めますが、それに限らず話題の「縛りなしWi-Fi」も含めた無制限を売りに販売しているWi-Fiサービス全般に言えることなので、該当商品を検討している人は参考にしてみてください。 というのもなどにも記載されている通り、電波は有限であり 無限に利用出来るものではありません。 ちなみに一昔前は「パケ・ホーダイ」という使い放題プランが主流でしたが、こちらは国内メーカーの携帯電話自体が速度や通信容量の調整を行っていたため実現出来ていたようです。 現在Appleやサムスン、ファーウェイ、ASUSなど海外メーカーが主流なので、キャリアで制限せざるを得ないとか・・・ 仮に本当に無線通信を無限に利用できるのであれば、わざわざ光ケーブルを基地局から電柱這わせて宅内まで引き込む工事をする仕事はもうとっくになくなっているでしょう。 もしかしたら5G時代には光回線が衰退していくかもしれませんね。 有限である限り無制限は現実的ではない データ通信無制限というサービスは実はプロバイダが格安SIMにどんどん参入してきた頃(2014年くらい)からありました。 その1つがb-mobile(日本通信)という格安SIMで(私が記憶する限り)月額4,000円程度でデータ通信無制限が可能、という商品でした。 他にもU-NEXTが提供するU-mobileやぷららが提供するぷららモバイルLTEとかも無制限プランがありましたね。 ぷららは低速プランのみ無制限でしたが・・・ これらのサービス、今どうなったかというと、すべて 新規申し込みは終了しており、多分もう提供されていません。 これら格安SIMはいずれもNTTドコモの再販であり、ドコモから電波(通信容量の方がわかりやすいかも)を購入して再販しているビジネスモデルです。 ドコモは2014年当時はもちろん、今も無制限での提供は行っておりません。 ドコモが無制限プランを提供しないのは、別にユーザーに嫌がらせをしたいわけではなく、現実的ではないからです。 有限である電波、ネットワークを日本一の利用者を抱えるドコモが「無制限で使えます」としたら、回線は混雑し、利用者全員が繋がりにくいという事態になりかねません。 キャリアが無制限で提供しているのであれば、それを再販するWi-Fi業者や格安SIM業者が提供出来る可能性はあると思いますが、 キャリアが出来ないことを再販業者が出来るとは思えない。 というのが私の考えです。 それなのになぜ無制限で提供されているのか 電波に限りがあるため、どんなときもWiFiも、縛りなしWiFiも確実に言えることは、今抱えている 利用者全員が毎日長時間動画を視聴し続ければ回線はパンクするということです。 これはどんなときもWiFiや縛りなしWiFiに限らずドコモ、au、ソフトバンクも同じです。 ただ、利用者全員が同じ時間帯に同時に動画を観ることはありえませんし、視聴し続けることもありません。 使わない人がいることを見越した容量となっている 無制限WiFiに関わらず通信業界というのは、 利用者が使わないことを見越したプラン設計になっており、設備にもなっています。 最もデータ通信の利用者の増える21時くらいの時間帯でも、利用者全員がデータ通信を行っているとは限りませんよね。 その時間寝ている人もいれば、テレビを観ている人もいますし、仕事をしているという人も少なくないでしょう。 契約者数のうちどれくらいの人が同時に利用するかは、おそらくビッグデータである程度算出されており、それに耐えられる設備とプラン設計にしているのです。 例えば災害時に電話がつながらなくなる、というのはこれが原因です。 携帯電話も固定電話も設備自体は普段の利用率を想定して設計されているため、それを大きく上回る災害時ではとても耐えられないんです。 地方の花火大会や野外フェスなどで電波が繋がりにくくなるのも原理は同じです。 利用されないことを見越した無制限プラン どんなときもWiFiなどの無制限WiFiは「無制限」とはしていますが、無制限に使われないことを見越したプラン設計になっているのです。 だからこういった注意書きがあるんですよね。 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 より引用 月間制限はございませんが、端末により大量通信を行うとキャリアにより速度制限となる場合があります。 より引用 どんなときもWiFiに関しては「制限する場合がある」としてはいますが、どれくらいかというと、「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信」という曖昧な表記になっています。 いずれにしても「月間無制限」とはしていますが、実質無制限ではありません。 「じゃあどこまで無制限で使えるの?」 というのが論点になりますが、これに関しては以下のような回答しか出来ないんですよね。 縛りなしWiFi:1日2GB以内なら無制限で使える(他キャリアに準ずる)• WiMAX:3日間10GB以内なら無制限で使える• どんなときもWiFi:明記されていないので全然わかりません 無制限だからといって光回線の代わりにはならない ここまで読んで頂けた方ならもう言うまでもないことかもしれませんが、無制限WiFiは実際は無制限ではなく、(たとえ明記されていなくても)利用しすぎると制限される可能性が高いです。 そのため 光回線の代わりにはなりません。 月額料金自体はマンションであればほとんど変わらないですし、キャリアとの割引が出来るものもあるので、がっつり使いたい人は出来る限り光回線の利用をおすすめします。 もちろん、外で軽く利用する分にはどんなときもWiFiや縛りなしWiFiでも問題ありません。 あくまで個人的な意見でしかありませんが、PCを使わずゲームをしたり、たまに動画を観たりするくらいなら全く問題にならないかと思います。 どんなときもWiFiも縛りなしWiFiも、月額料金自体は3,000円~4,000円程度と比較的安いです。 どちらもキャリア(主にソフトバンク)の回線なので、電波も良いです。 なので使い方としては 今使っているスマホのプランを1GBなど最低限に落として、浮いた料金で無制限WiFiを契約するというのがベストかと思います。

次の