和田 アキ子 菊 の 花束。 和田アキ子

和田アキ子がマジに怖すぎる恐怖体験!レコード大賞で白菊を仕掛けたのは誰?

和田 アキ子 菊 の 花束

MCの中居が「芸能界ってそんなとこだったんですか?」と震えていた。 その理由とは何なのでしょうか? 和田アキ子さんは、レコード大賞最優秀歌唱賞の受賞を喜ばない 何者かの嫌がらせだと考えていると語る。 1970年、和田は二十歳の時に「笑って許して」が20万枚超の大ヒット。 この年初めてNHK紅白歌合戦に出場。 1972年に「あの鐘を鳴らすのはあなた」でレコ大で同賞を獲得した。 番組では当時の模様を放送されました。 熱唱する自身の映像を見ながら和田が「これ見て、菊だよ」と指摘。 映像では、和田が抱いている花は白い菊を中心にしたものだった。 中居正広が「怖いことをVTRあけで言わないで下さい。 気にならなかったんですけど…菊だよ」とやはり驚いた。 和田は「そう、菊」とうなずき、「普通は大きな花束を抱えるけど」と述べた。 ナレーションで「アキ子いわく、花束が葬儀で使う白い菊に変えられた」と流れた。 中居は「嫌がらせ…」と驚きながら言葉にし、 「だれの仕業なんだろう。 今でも見当つかないんですか」と尋ねた。 和田アキ子さんは「ぜんぜん。 関係者ですよ。 だって生放送だし」と話して、 歌唱後に母に電話して「なんで菊の花を持ってたの?」と 聞かれて初めて気づいたという事でした。 菊の花はどんな時に贈るんだしょうか? 菊の花は日本を代表する花でもありますし 菊は日本にとって大事な花で日常的に使う花でもあります。 特に白い菊の花は、葬儀用の仏花や献花として使われているので 病人へのお見舞いやお祝い事には 贈る花としては避けられているのです。 それを和田アキ子さんが受賞という めでたい祝いの場で白い菊の花を送った人物がいたのです。 この人物の名前は相撲の輪島関です。 元横綱の輪島関ということですが 第54代横綱で黄金の左と言われた名横綱で 2018年10月8日に咽頭がん及び肺がんで 70歳で死去されました。 ただ、輪島さんは贈呈用の花を渡すように 頼まれただけのようですね。 レコード大賞での花束贈呈については、 和田アキ子さんをを嫌う人間が個人的に 輪島さんに菊の花束を持たせたという説と あるいは他のライバルプロダクションの誰かが 持たせたという説がありますね。 2枚目でレコードがヒットし人気歌手となり 1972年の第14回レコード大賞で 最優秀歌唱賞を受賞しています。 色々批判されてるけど50年以上歌い続けられるのは 凄いと思うし、歌唱力はあると思うよ。 ・最後までレコ大を争った歌手の所属する事務所の嫌がらせでしょう。 あの頃の歌謡界は熱かった。 レコ大も紅白も熱かった。 今はなんか冷めてる。 ・あの頃は簡単に録画とか出来る時代ではなかったから、 炎上とか考えずに嫌がらせが出来たんだろうな。 ・金スマ観ました。 想像を絶する嫌がらせと、イジメに 鳥肌と、今でもその方がお元気でときいて、 観てたらどう思うのかな?とか、誰か知りたいと思いました。 アッコさんの見方が変わりました。 本当に、ツライ思いをしながら、頑張ってきたんだなって。 ・すごく、苦労されてたんだろうなって、ものすごく心に響く回でした。 嫌がらせにも負けずに、すごい精神力だと思った。 ・その年のレコード大賞の動画を確認したら最優秀新人賞の麻丘めぐみさんが受け取った花束が ピンクや黄色のスプレーマムの大きな花束で、 レコード大賞のちあきなおみさんが受け取った花束が白百合やピンクの花、 黄色い菊を組み合わせた大きな花束でした。 和田アキ子さんの花束は白い菊で大きな花束ではなく 供花の花束の作りだったので、あれを見たら葬儀用の花束と感じると思います。 ・昔はあからさまな嫌がらせがあったことも聞く。 昭和ですね。 やるほうもやられるほうも戦い。 ・それが芸能界というものです、しかし、かなり悪質だね、恐わい。 ・偉そうに見えるけど51年前にデビューして今もテレビで生放送とかでたり 活躍してるのは和田アキ子くらいだな。 芸能界にいて長いのにペコペコしている方がおかしいし ホリプロを大きくした第一任者だと考えると多少偉そうにしててもいいのではと見方はかわりました。 51年前と変わらない気持ちでステージにたつのは凄いな。 感謝の言葉も口にしていたし、なんか悪口ばかり言われるのが気の毒だな。 ・テレビ見てびっくりしました、なぜ菊持っている?と思った、 嫌がらせにしては酷すぎと思いました。 昔の人の方がやる事エグい ・昔はそれだけ所属事務所やレコード会社が必死になって 取りに行ってた賞だったということなんでしょ 今は金で大賞が買えるようになって名誉もクソも無い賞になったけど ・菊ハラであると思う。 笑って許せないと思う! ・これは有名な話。 でも改めて見るとぞっとするね。 ちなみに悪口いじめていたの梓みちよ ・今夜の金スマ良かった!アッコさん、真面目な人なんだよねぇ。 なんか素敵。 ・菊の花も有り。 という意見があるけれど縁起や習わしにうるさかった昭和の時代に 「お祝い事に菊の花」はさすがに無いと思うけど。 ・ 昔、この場面のVTRをテレビで観た時、 大相撲の輪島が渡していましたのを覚えています。 アッコさんは当時、輪島が白い菊を渡したことをネタにして笑っていたので、 今日の放送で嫌がらせと聞いて驚きました。 ある意味、輪島も被害者ですね。 ・白い菊を渡した人は、後悔をしていないのでしょうか。 ・嫌がらせしてたのは梓みちよさんだよね ・ナベプロだな。 候補が何人もいるね。 でも準備してたヤツがいるんだろうな菊の花を ・今日の最後に歌ったあの鐘を鳴らすのはあなたは、 ここ数年で一番だった。 ・子宮ガンの話はほんとにお気の毒だと思う。 時代が時代だから、代理母とかの仕組み、なかったのかなぁ。 あんなパワフルな歌声聴かせてくれる人は少ない。 まだまだいっぱい歌って下さい。 昭和の人は歌が上手いね ・金スマ観ました素晴らしい歌に感動して 泣いてしまいました。 これからもお身体に気をつけて芸能界のドンとして頑張ってください ・嫌がらせをした人達今どこで 何をしているのですか? しかし あの鐘を鳴らすのはあなた は 私の人生においても かなりの 影響力を持ち 今でも 糧になる曲です! 今日の放送での 菊の花のエピソードで ますます 素晴らしい曲になりました まぁ今後も 過去を美化するのに頑張ってください 嫌がらせをした人達 おつかれ様でした。 ・この映像、何度も見たことあります。 横綱・輪島さんが何の迷いも無さそうな 満面の笑みで菊を渡していたのはちょっぴり間抜けでした。 ・テレビ見てたけど、かなり陰湿なやり方。 ・靴にいたずら書きした歌手も堂々と話しても良かったんじゃないのかな? テレビではどうせ音は消されるんやから… ・今だったら炎上だけでも済まない。 ・昭和のレコ大って大晦日の一大イベントだったし、 歌手としても最高の名誉のひとつだったから、 最優秀賞争いとかすごかったんだろうなぁと思う。 今のレコ大なんて、なんとか坂みたいな口パクで最優秀だもんねぇ。 まとめ 和田アキ子さんは、長い芸能界のなかで、たくさんのエピソードがあり、 本当にいろんな大変な苦労をされてきたことがわかり、とても好感が持てるようになりました。 これからもいろんなことがあるかと思いますが頑張ってください。 応援しています!

次の

和田アキ子がレコード大賞で菊の花を渡された意味とは?

和田 アキ子 菊 の 花束

概要 [ ] 第14回の大賞は、の「」に決定した。 ちあきなおみは初の受賞。 この年は、上半期の大ヒット曲でを受賞したの「」が大賞の大本命だったが、9月に発売されたちあきなおみの「喝采」が大賞候補に急浮上。 2曲がデッドヒートを繰り広げる形となり、両曲が歌唱賞を受賞。 大賞は「喝采」が大逆転での受賞となった。 歌唱の際、2番の歌いだしの一部を間違えている。 なお、大賞受賞者のちあきには副賞として旅行が贈呈された。 最優秀歌唱賞は「」でが受賞。 当時は大きなヒット曲ではなかったこともあり物議を醸す。 受賞決定で興奮したのか沢田研二をステージまで引っ張って行った。 歌っている最中に感動の涙でメイクが落ち「黒い涙」となった。 有力候補だったが選出外になるなどはレコ大の歴史で最も激戦といわれ 、日本歌謡大賞の放送音楽新人賞の、に加えて、人気の高かったの争いになると予想されていたが、決選投票の末にセールス面で一歩リードしていたが受賞した。 視聴率は10. 2P上昇し46. なおこの年のに、TBS夜のスポットタイムが4分から5分へと1分拡大 されたため、この回から終了時刻が20:55と1分早くなった。 司会 [ ]• - 4度目の司会。 (司会補佐) - 2度目の司会。 レポーター [ ] 帝国劇場インペリアル・ルーム(審査会場)• (TBSアナウンサー) - 2度目の担当。 4丁目交差点• - 中継終了後に帝国劇場に戻ってから大賞受賞者のちあきなおみを祝福。 ちあきとは番組での共演経験があり、受賞後に花束を贈呈した。 - 小鹿同様、中継終了後に帝国劇場に戻ってから、大賞受賞者のちあきなおみを祝福。 (アナウンサー) 受賞作品・受賞者一覧 [ ] 日本レコード大賞 [ ]• 歌手:• 作詞:• 作曲:• 編曲:• レコード会社: 最優秀歌唱賞 [ ]• 歌手: 最優秀新人賞 [ ]• (曲:「」) 歌唱賞 [ ]• 歌手: - 前年の最優秀新人賞受賞者でもあり、プレゼンターとして最優秀新人賞の麻丘めぐみにブロンズ像を贈呈。 歌手: - 2年連続2度目。 歌手: 大衆賞 [ ]• 歌手: - 大賞と合わせると6年ぶり3度目。 歌手: 新人賞 [ ]• (曲:「」)• (曲:「」)• (曲:「」)• (曲:「」) 作曲賞 [ ]• 作曲: 編曲賞 [ ]• 「」(歌:)• 編曲: 作詩賞 [ ]• 「」(歌:)• 作詩: 特別賞 [ ]• 企画賞 [ ]• 歌手:• 株 - 5年ぶり3度目。 童謡賞 [ ]• 「」(歌:・) 観覧に訪れた著名人 [ ]• (第52代横綱)-大賞受賞者のちあきなおみに花束を贈呈。 受賞曲の「喝采」を歌唱後、ちあきを抱き上げた。 (大関)-夫人とともに来場し、インタビューを受けた。 (大関)-最優秀歌唱賞受賞者の和田アキ子に菊の花束を贈呈した。 (外野手。 この年の)-琴櫻同様夫人とともに来場し、インタビューを受けたほか、最優秀歌唱賞の和田アキ子に花束を贈呈。 (歌舞伎役者)• (女優)• (女子)-最優秀新人賞受賞者の麻丘めぐみに花束を贈呈。 (前年の最優秀歌唱賞受賞者)-最優秀歌唱賞の和田アキ子にブロンズ像を贈呈。 (前年の大賞受賞者)-大賞受賞者のちあきなおみにブロンズ像を贈呈。 ・他 TV中継スタッフ [ ]• 指揮:• 演奏:森寿男とブルーコーツ、高橋達也と東京ユニオン、新音楽協会• コーラス:• 踊り:ワールドダンサーズ、ポピーズ• 殺陣:• 振付:• 音楽:、長洲忠彦• プロデューサー:高石昭年、砂田実、井田舒也• 総合演出:小松敬• 作・構成:、• 舞台監督:• 銀座中継スタッフ:石井浩、井原利一• 沖縄中継スタッフ:黒島昭夫、安里禎夫• 編成担当:• 製作協力:• 製作著作:• 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会 脚注 [ ].

次の

和田アキ子の生い立ちが壮絶!父親の暴力と叔父の逮捕・韓国人から帰化した経緯まとめ|KININARU JORNAL

和田 アキ子 菊 の 花束

和田アキ子 出生名 金 福子( 김복자) Kim Bokja 別名 金海 福子(帰化前の) 和田 現子(帰化後の) (わだ あきこ) 飯塚 現子(再婚後の) (いいづか あきこ) 生誕 1950-04-10 (70歳) 出身地 舟橋町 学歴 中途退学 ジャンル 、、、、 職業 、、、、 活動期間 - レーベル ( - ) ( - ) ( - ) (1991年 - ) (2001年 - ) ( - 現在) 事務所 公式サイト 和田 アキ子(わだ アキこ、〈昭和25年〉 - )はの、、、。 所属は株式会社。 として出生し、その後日本へ。 血液型。 は アッコ(さん・ちゃん)、 アコ(さん・ちゃん)、 ゴッド(姉ちゃん・姉さん)。 本名、 飯塚 現子(いいづか あきこ)。 旧姓、 和田。 帰化前の通名は、 金海 福子。 略歴 幼少期 天王寺区にあるを卒業後、へ入学。 そのままに進学するも父親が勝手に退学届けを出したため、在学期間はわずか3日間で中途退学となった。 小学5年生の頃に洋楽に憧れ、15歳の頃からやゴーゴークラブで歌い始める。 174cm(デビュー当時)の長身から発せられるパワフルな歌声は評判を呼び、(当時:ホリプロダクション)社長・直々にされる。 当時はグランプリズ(が在籍)というを組み、とで活動していたが実際にデビューできたのはボーカルの和田とオルガンの夏のみであった。 の「アキ子」の「アキ」がカタカナなのは、本名の「現子」が普通に読めないため、当時のホリプロの社長が付けた。 本名はである(参照)。 芸能活動 デビュー当時のキャッチ・コピーは「 和製の女王」。 (43年)、「」でレコードデビュー。 (昭和44年)、2枚目のレコード「」が17万枚のスマッシュヒットを記録する。 (昭和45年)、20歳になり『女番長・野良猫ロック』()で映画初主演を果たす。 また、「」で『』に出場し、『』初出場を果たす。 以後、(昭和53年)まで連続出場。 (昭和47年)、「」で最優秀歌唱賞を受賞。 (昭和48年)から『』に出演。 番組内で「 ゴッド姉ちゃん」 と呼ばれ、、、らとドタバタギャグを繰り広げたことで、デカくて・コワい・強いというイメージが全国的に広まった。 姐御肌のキャラクターや、女性としては高い身長、のサイズの大きさ(27cm)などによる。 (昭和54年)、「ゴッド姉ちゃん」のイメージが定着してしまったのを嫌ったことや、『』(製作、へネット)への出演などがあり、歌手活動とテレビ番組出演との両立が困難になってしまったことから、歌手に専念したいとの意向で、日本テレビへ強引に降板を申し入れた。 これにより番組はになった。 この一件が原因で、以後2年間和田は日本テレビへの出入りが禁止されるなど両者は折り合いが悪くなった(後に和解)。 この時、レギュラー出演していたを全て降板した。 (昭和60年)から『』の司会を担当。 (昭和61年)、紅白に(昭和53年)以来8年ぶりに出場。 以後、まで連続出場。 、、、、、、には紅組トリを務めた(紅組トリ7回はに次ぐ現役歌手2位。 全体ではの13回に次ぐ3位)。 1987年、、と合計3回紅組司会も担当、1987年の『』では「」で紅組トリを務めており、組司会とトリの兼任となった。 なお、より幾度も紅組司会の候補に挙がっていた。 また、以来2人目且つ女性では史上初の昭和と平成の紅白で双方司会経験者でもある。 度(昭和62年度)のを受賞した。 (平成10年)、『』で「」を歌い、自身初の紅白の大トリを務める。 抜群の声量を生かし、曲の途中ではを使わずに歌うパフォーマンスを見せ、観客席から大拍手が起こった。 (平成17年)付のでとのコラボレーション作品「Hey! 」が初登場9位を記録し、自身33年ぶりとなるTOP10入りを果たす。 同年、自身初となる 白組での 出場。 (平成20年)、()のイメージキャラクターとなる。 (平成24年)、『』に出場し、 女性歌手としてを抜いて単独で 歴代最多出場歌手(36回)となる。 その後も2015年(平成27年)『』まで30年連続出場(通算39回)を果たした。 通算39回出場は当時の女性歌手の最多出場記録となっていた。 実業家 (平成19年)、・に和食屋「わだ家」をオープン。 後に東京とを中心に6店舗が展開。 和田は監修という立場で、経営は夫の会社である株式会社エー・アンド・ケイ が行っている。 1980年代には美容院を経営していた。 出身 舟橋町。 であり、帰化時のには(昭和24年)生まれとなっている。 使用言語は、を中心としたであり、を使用することもある。 出身者の父と、出身者の母を持つ2世で、当時の本名は金福子、は金海福子だった。 4人兄弟の長女で、下に3人の弟がいる。 父はの師範での近所にある自宅で柔道場を開き、母は乾物屋を営んでいた。 芸能界デビュー時に、在日韓国人だとわかる名前をまずいと思った父親が、既に帰化していた和田の叔父の養子にしてもらい、同時に名前も「現子」と改名して「和田現子」となり、本人も日本に帰化した。 『週刊文春』のインタビューで、「『自分は日本人ではない』と知ったのは中学生の頃。 区役所に行って分かった」と語っている。 デビュー当初は長身且つ大柄な体格・低音の効いた声が原因 で、横柄な態度を取っていないにもかかわらず先輩歌手から「態度がでかい」といじめられる。 他にも数え切れない理不尽・陰湿ないじめに遭い「私が一人前になったら、そういうことはしないようにしよう」と誓う。 」と語っている。 活動の初期に二、三の映画に主演、準主演しているが、現場の印象が非常に良くなかったため、長らく日本映画界とは距離を置いている。 その後はごくまれにゲスト出演する程度であり、旺盛な芸能活動の中では映画の比率は無に等しい。 テレビドラマへの出演も、滅多に無い。 人物 父親は柔道の道場を開いており、和田の持ち前の大きな体もあり、中学1年生の頃すでに柔道初段だった。 父親は礼儀作法・しつけに厳しく、全てのことは男性優先で男尊女卑、父の前では正座・敬語を使わなければいけないなどの厳しい家庭環境で、まだ小学生だった和田を殴りつけるなど、たびたび鉄拳制裁・暴力を加えられることもあった。 この父を憎んで 反発し、中学2年生の頃には不良として子分を従えて歩き、飲酒・喫煙を繰り返し、大阪ミナミの繁華街を縄張りにし「ミナミのアコ」と呼ばれ恐れられていた。 ジャズ喫茶で歌っていたところを、当時は弱小音楽事務所だったホリプロダクション(現:ホリプロ)社長の堀威夫にスカウトされ上京し、1968年に歌手デビュー。 (昭和47年)、「」で「最優秀歌唱賞」を受賞。 (昭和50年)、()の収録のためにに居た際に泥棒を捕まえ「警視総監表彰」を受け、当時の大手新聞各紙で大いに報じられた が、新聞紙面にて年齢が公表された件で事務所がデビュー時に決めたプロフィールとズレが生じ、以降プロフィールは訂正された。 との資格を持っており、所有馬には「ルンバデブンブン」や「」等、自身の曲・アルバムのタイトルにちなんだ名前を付けている。 (平成16年)には歌手として、で行われたのレース発走前に『』を独唱し、同レースの優勝プレゼンターを務めた。 32歳の時ににより子宮を摘出している。 この時は子供が出来なくなったショックで、神様を呪ったとのこと。 化粧や嘘泣きができるので、女として産まれて良かったと思っていると語っている。 和田が「どんぐりカット」と呼んでいる独特の髪型は、の髪形を真似たものである。 1976年頃にのどのポリープ手術で入院する際、入浴に制限があるため手入れがいらない髪形を探していたところ、たまたまライザ・ミネリの写真を見て気に入り、それを和田に似合うようにアレンジした。 、2008年、との手術を受けていることを明らかにしている。 2010年にいたっては8個のポリープを除去するために2回入院したと語っている。 2008年(平成20年)、・系で放送のアニメ『』中、のデザインによる和田をモデルにした(ドロンボー)側メカ「ワダアッコー」とヤッターマン側ビックリドッキリメカ(ゾロメカ)「メカ」が登場。 両機は自身の2008年(平成20年)発売のアルバムCD『』のジャケットの表紙に採用された。 2000年2月3日、節分の豆を買いに外出したところ、自宅近くの交差点でライトバンにはねられ右足骨折で数週間入院。 当時のの記事の見出しには、事実とは逆に「車が大破! 」と書かれていた。 ホリプロの在籍期間は、女性タレントでは最長。 全体ではに次いで長い。 本人曰く「はさんしかできない」と話す。 自身はにはあまり詳しくないが、夫の飯塚、弟、現在のマネジャーはファンであり 、の読売ジャイアンツ開幕戦()では巨人カラーのオレンジのラインを入れた衣装で国歌斉唱を行った。 2014年6月、「夢は『いつも旬でありたい』ということ。 でも、歌手という自負がなくなったらやめる」と自身の引退について語った。 その上で「ドレスが唯一似合ってると思っているし。 第2の和田アキ子はいないと思う。 (体が)大きくなきゃだめだし、声もハイトーンではだめ。 一代で終わるとしたら和田アキ子を全うしたい。 まだまだやりたいこといっぱいある。 頑張りたい」とも語り、引退はまだ先であることもほのめかした。 なお、引退については幾度も考えたことがあるとのこと。 2016年8月20日放送の『』で「にはまっている」と発言した。 には否定的な考えである。 和田のことをモノマネをするときによく歌われる『』の歌詞に出てくる、「ハッ! 」という掛け声はを意識したものである。 喫煙歴と禁煙 かつてはで、不良になり始めた中学生の頃から煙草を吸っており、成人式の際の記者会見では冗談交じりに禁煙・禁酒を宣言したこともあった。 禁煙に成功する前は一日3箱、特にをやっていた時は1カートン(200本)は吸っていた。 以前から何度も禁煙を試みるも失敗し、一時期禁煙に成功するも数年後に喫煙を再開。 しかし2007年7月に『アッコにおまかせ! 』の企画で・らとを受けたところ「の疑い」との診断を受け、翌年、9月に念願の、での単独コンサートを控えていたことから精密検査を受け、「慢性中等度閉塞性呼吸不全」(中程度の〔COPD〕)との診断を受ける。 その後、盆休みでロンドンに滞在していた時心臓発作を起こしたこと(これも喫煙が原因で、血管の石灰化を起こしていた)、姪やをはじめとする周囲の友人、アッコファミリーからの説得、そしてからの愛のこもった強い説得が決定打となり、2008年(平成20年)から周りのサポートを得ながら禁煙を開始し、2009年(平成21年)に完全禁煙を宣言。 2009年(平成21年)8月に禁煙1周年を迎えた [ ]。 こうした経験から5月には「COPD広報大使」に任命されている。 性格 動物が苦手で、特に犬やなどの爬虫類が大の苦手。 前述の理由から子供を産むことができなかったため、大の子供好きである。 デビュー前、地元大阪では女番長(当時の類語としてズベ公、)として名を馳せていたものの、唯一(正義感が人一倍強く、血気盛んだった)にだけは頭が上がらず、睨まれ縮こまってしまったほどである。 毒舌で体が大きく、また酒豪で暴力をふるう・喧嘩っ早いというイメージが強いが、その一方寂しがりや・恐がりで家事好き、意外に繊細な泣き虫である。 可愛がっている芸能人を自宅に招待して酒を飲みつつ手料理を振る舞ったり、自宅に泊めたりしている。 また昔から仲間うちで集まり酔って大騒ぎ・悪ふざけ・無茶ぶりをすることもあり、若い頃は泥酔して何も覚えていないこともしばしばあった。 これが和田にまつわる酒席での数々の恐怖のエピソードとなる。 一方、前述の通りの家庭環境やとの関係から礼儀作法や不義理、また遅刻・番組収録時間の押しには厳しいが、身内に対しては甘いきらいがあり、特に非常に可愛がっていた芸能人の不祥事に関しては触れたがらなかったり言葉を濁したりすることも多い。 ただし犯罪を犯したり反社会勢力との交際の疑いで引退した芸能人については、身内であっても一切の連絡を絶つことにしており、年賀状のやり取りすらも行っていない。 あがり症で、コンサート・音楽番組に出演する際は過剰に緊張してしまい、本人いわく「心臓は止まりそうだし冷や汗は出るし、背中はびっちょりだし脇の下もびっちょり」で、カンニングペーパーがあっても1番の歌詞を何度も歌ってしまうこともよくある。 また紅白歌合戦では、ステージ袖では毎回緊張のあまり手が震えて水を飲むのもやっととのこと。 その一方で、バラエティ番組では基本的に一切あがらない。 また楽曲のレコーディングでは、誰かの視線を感じると緊張でベストコンディションで歌えなくなってしまうため、誰からも覗かれないようにカーテンを閉め切り、真っ暗な中で譜面台の明かりだけをつけてレコーディングを行う。 本人が事実と認めている伝説の一つに「CDが登場したばかりの頃、CDのケースを拳で割って開けていた」というものがある。 本人曰く「CDケースの開け方がわからず、てっきり壊して取り出すものだと思っていた」「拳で割っていたのは最初だけで、痛いのでその後はハサミの柄などで割っていた」とのこと。 歌手として タレントとしてよりも歌手としての和田については評価される傾向があり、親交のあるは和田の歌唱力をにたとえている。 の影響を公言し、初期の公演実況録音盤では、、などカバー曲をステージレパートリーにしていたことが知られている。 映画やテレビ出演々技とは一方で楽曲「」の成功から、独特な合いの手、シャウト(アー!、Come on! ハッシッシッシ…、など)和田の個性的な歌唱上の特徴を控えたものでから放映の「」主題曲担当など、児童の合唱曲模範になる録音を残している。 芸能関係者との交友・関係 先輩 とは、(昭和48年)、TBS系ドラマ『』で初共演して以来、山岡を「(芸能界での)おっ母(かあ)」と呼び、深く尊敬するようになった。 とは、ドラマ『桃から生まれた桃太郎』『あんたがたどこさ』での共演を機に知り合い、大御所だった森繁になぜか気に入られるようになった。 和田は森繁のことを親しみを込めて「森繁のじい」と呼んでいた。 とは、に確執が囁かれ、水前寺が和田のレギュラー番組から出演オファーがあった際、「アコが嫌いだから出演しない」と断り、それを聞き和田が涙をこぼしたと『女性自身』(1974年2月9日号)に報じられた。 水前寺は2016年11月4日放送のフジテレビ『』で、「週刊誌に(番組に)出てくれないんで、一晩中泣いたと書かれたんですよ。 その時に、私はあの方が元気いいところを知ってましたんで、『泣くタマか! 』と言ったのは覚えています。 売られたケンカは買います。 この事件は、(喧嘩を)売られたと思いましたから。 私が全く知らないところでこういうことがあって、『一晩泣いた。 どうしてくれるんですか? 』って言われたんで。 『泣くタマか』って言ったのは、今でも本当に申し訳なかったと思います。 アッコちゃんは、本当に今はとってもよくしてくださるし、優しいです」と語った。 紅白の出場歌手が発表される以前から衣装を制作しているに否定的な考えを持っており、この件がきっかけで2人の間に確執が生じた。 もっとも小林とは1986年には週刊誌上で不仲さが取り沙汰され、に入っても和田は「あの小林幸子の衣装はなんだ」とことあるごとに文句を述べていた。 小林は和田の意見に対し、「(紅白の衣装は)見ている人に楽しんでもらおうと思ってやっている」「(紅白に)もし出場できなかったらコンサートで着ます」「アッコちゃんは私よりも年上だけど、芸能界では私が先輩なんですから、陰でコソコソ言わないで何か意見を言いたいのならばじかにはっきりと私に言いに来たらいいのに」などと当時ののインタビューなどで反論している。 なお、和田は小林本人の前で批判は行わない。 お笑いタレントとの交友 大のお笑い好きで知られる。 歌手でありながらお笑いタレントとの親交が深く・・・・・・・・・・・のや、の・・・・・・・などと親交がある。 特にデビュー当時のは、元不良ということもあり非常に悪い態度だったが、ある番組のゲストとして紳助が来た際に、彼の芸能人としての大きな可能性を和田は予感し、自身が司会を務める『』で共演。 また楽屋を同じ部屋にするなど、自らしつけ係を買って出た。 このことがきっかけで紳助とは自他認める弟分という意味も込めた親友的な存在となり、自身の悩み等いろいろと相談できる間柄となった。 『歌のトップテン』、『』では司会コンビを組む(『』のCMでも共演)。 タモリ、ビートたけし、明石家さんまのお笑いとも親交が深く、ドラマでは3人と共演している。 タモリとは『』で共演して以来、親交がある。 のでは番組開始から5日目の1982年10月8日に初出演しており、同コーナーにおいて、 単独最多出演ゲスト(22回)である。 元芸能人で、『』などで共演したやとも親交がある。 上岡とは大阪にいた頃からの友人で 、横山ノックも素人時代から芸能界入りしても面倒を見たため「親代わり」や「保護者」と和田自身が語り、ノックもこれを容認していた。 このこともあり、ノックと上岡が司会をしていた『ラブアタック! 』の司会に和田が3人目の司会者として就任する際には、当時準メイン司会者だったノックは和田にその座を譲り、自らはサブ司会者に降格し、以後番組終了までノックは和田の司会をサポートしていた。 誕生パーティー 毎年、和田の誕生日パーティーは、多くの芸能人を招待して行われることで有名である。 例として、2008年の誕生日パーティには・・等の大物芸能人や、番組共演者とアッコファミリーの・らが参加している。 テレビ出演 全国ネット番組では基本的にで話すが、関西出身者との共演、ドラマで関西出身の人物を演じる時にはを使う。 また『ラブアタック! 』など、視聴者参加番組で関西から来た参加者にインタビューする際も関西弁で会話する。 先述通り、『』の看板コーナー『』において、 単独最多出場ゲストである(通算22回出演)。 なお、大阪制作の番組でのレギュラー出演は少なく、また『ラブアタック! 』を最後に大阪制作のレギュラー番組を持っていない。 芸能界のご意見番 出演する番組や記者会見において、他の芸能人や『』の出場者、放送内容に対する辛口コメントが多く、マスコミはそのコメントを採り上げることが多い。 特にプロ意識に欠ける言動があった芸能人については辛辣な口調で批評する。 「芸能界のボス」「芸能界のご意見番」の異名はこれに由来する。 本人は「芸能界のご意見番」と呼ばれることは嫌っており、「言われているのなら返上する」「オブラートに包んでいるつもりなんだけど、声もよく通るし迫力があるから。 まで10回行われているの「女が嫌いな女」のランキング開始以降、常に上位に位置している(2004年はランク外、2005年〜2007年は3位、2008年は4位、2009年は2位、2010年は3位、2011年は2位)。 2013年で初めて1位になり、2015年の2回連続で1位となり、嫌いな理由として「威張り過ぎ」、「大物ぶって鼻につく」、「見ただけで不愉快になる傲慢な態度。 ときどき小心者ぶるところがさらに不愉快」、「自分の親しい人ばかりかばうご意見番なんて嫌だ」などが挙げられた。 2016年の調査でも2位のを大きく引き離して3回連続で1位となり、嫌いな理由として「身内びいきなことが多々あるので、もういい加減ご意見番から引退してほしい」、「とにかく偉そうなところが鼻につく」などが挙がり、和田と縁の深いは「アッコさんは我々も暴力性とかネタにしちゃってる部分があるけど、日頃は凄く女性で付き合いやすい六十代のおばさん。 でもここまで来られたそれはバレないで女に嫌われるナンバーワンでいてほしい。 それが和田アキ子だからと。 」コメントした。 その一方、の「新入社員の理想の上司」調査 では、現行の調査方法になった1998年度から2013年度まで必ず10位以内にランクインしていた。 逆に2016年「上司だったら面倒な女性芸能人」では2位のに大差をつけて1位になった。 また老害だと思う芸能人でも2位のに倍以上の大差で1位になった。 上記のいわゆる「 上から目線」は反省する面があると自覚しており、なぜ年々発言が過激になっているかについて、最大の理由は 「所属事務所のホリプロのみにとどまらず芸能界全体において先輩の刃向かえない立場の芸能人の死去や引退等による「叱ってくれる人がいなくなった」」 と自身の番組やゲスト出演した番組で何度もあげており、そのまま自虐ネタにするときもある。 2007年(平成19年)の『』に初出場したについて「ぜんぜん知らない人」と番組中に発言していたが、杉本から和田へ楽曲が提供されていたことが後に分かり、「アッコにおまかせ! 」放送中に土下座して謝罪したこともあった。 いくつかのヒット曲を持つ和田だが、最高位は2位 、25位である。 (平成15年)発売のシングル「トゥモロー〜ジョージアで行きましょう編〜」はオリコン77位(サウンドスキャンでは90位)を記録し、(平成4年)発売の「」以来11年ぶりのオリコン100位以内ランクインシングルとなった。 (平成18年)発売のアルバム「」はオリコン76位を記録し、(昭和47年)発売の「オリジナル・ゴールデン・ヒット集」以来34年ぶりのオリコン100位以内ランクインアルバムとなった。 オリコン調べによる(1989年12月1日〜1999年11月30日)のレコード・CDのトータル売上金額は2億220万円で総合993位である。 「」は自他共に認める和田の代表曲であり、多くの歌手によってカバーされている(詳しくは当該項目を参照)。 同曲の歌詞にはへの反戦メッセージが込められているといわれ、1972年(昭和47年)の「」では当時のに配慮して歌わなかった。 シングル• 33-69はワーナー・ミュージックジャパンから発売。 70以降コラボ企画以外は原則的にテイチクエンタテインメントから発売。 2017年10月25日より、一部のタイアップ曲 及びコラボ曲 を除くシングルほぼ全曲が、カップリング曲も含めダウンロード販売及びサブスプリクション配信を開始した。 以下は、別名義、コラボレーション含む。 7 3月5日 A面 阿久悠 馬飼野俊一 JRT-1146 B面 天使の告白 川口真 8 1971年 6月5日 A面 阿久悠 馬飼野俊一 JRT-1166 B面 星のない女 9 1971年 9月5日 A面 なかにし礼 川口真 JRT-1186 B面 男と女がいる限り 10 1971年 12月5日 A面 阿久悠 都倉俊一 JRT-1206 B面 翼もないのに 11 3月25日 A面 阿久悠 JRT-1216 B面 誰もいない朝 12 1972年 6月25日 A面 夏の夜のサンバ 阿久悠 森田公一 JRT-1236 B面 チャンスは三度 森田公一 13 1972年 9月25日 A面 JRT-1256 B面 心に灯をつけて 14 1972年 10月25日 A面 あなたにありがとう 阿久悠 都倉俊一 JRT-1266 B面 失恋列車 15 4月5日 A面 私は歩いている 森田公一 馬飼野俊一 JRT-1286 B面 嵐の女 16 1973年 7月25日 A面 悪い奴 千家和也 鈴木邦彦 JRT-1296 B面 吹きさらしの町 馬飼野康二 17 1973年 10月25日 A面 この命奪って 馬飼野俊一 JRT-1316 B面 あなたと別れて 馬飼野康二 18 2月25日 A面 馬飼野康二 JRT-1336 B面 女の純情 19 1974年 5月25日 A面 ロビー和田 馬飼野康二 JRT-1356 B面 H. Kretzmer 20 1974年 7月5日 A面 なかにし礼 馬飼野康二 JRT-1366 B面 明日 馬飼野康二 21 1974年 9月25日 A面 美しき誤解 なかにし礼 馬飼野康二 JRT-1376 B面 あなたは人生の光 津坂浩 ケーシー 馬飼野康二 22 2月15日 A面 見えない世界 JRT-1416 B面 海になれ 23 1975年 5月30日 A面 もっと自由に 馬飼野俊一 JRT-1436 B面 別れたあなたに 24 1975年 9月5日 A面 酔いどれ 千家和也 JP-1005 B面 雨のバス 25 1975年 12月20日 A面 放浪・ヨコスカ JP-1013 B面 流れ星 26 4月25日 A面 街角 竜崎孝路 RVS-1002 B面 お酒に溺れて 悠木圭子 鈴木淳 27 1976年 7月25日 A面 雨のサタデー 千家和也 馬飼野康二 RVS-1023 B面 もう少し泣いていたい 28 1976年 11月25日 A面 ダンス・ウィズ・ミー 千家和也 RVS-1039 B面 よくあることじゃない 29 3月5日 A面 二杯目のお酒 千家和也 馬飼野俊一 RVS-1056 B面 夕べの鐘 浜田省吾 小六禮次郎 30 1977年 10月25日 A面 夜更けのレストラン 平尾昌晃 馬飼野俊一 RVS-1086 B面 愛のノスタルジア 31 3月5日 A面 コーラスガール 川口真 馬飼野康二 RVS-1119 B面 まどろみの夜風に いまむられいこ 32 1978年 12月20日 A面 ひとり酔い 竜崎孝路 RVS-1144 B面 愛して 浜田省吾 33 9月25日 A面 夢まであずけて 川口真 あかのたちお L-310W B面 終止符 1980年代 34 2月10日 A面 Shut Up! 森雪之丞 大谷和夫 L-329W B面 真夜中 竜崎孝路 35 1980年 6月25日 A面 無礼句ダウン 森雪之丞 大谷和夫 L-348W B面 風の見える町 岡田冨美子 森雪之丞 36 1980年 11月28日 A面 酔ったからって L-372W B面 待たされて 岡田冨美子 あかのたちお 37 4月25日 A面 夕暮れ、恋人 小六禮次郎 L-1509W B面 秋がいいわ 38 3月25日 A面 L-1571 B面 追憶 J. Allison A. Allison 小六禮次郎 39 1982年 9月25日 A面 想い出・砂時計 L-1612 B面 夜もすがら 40 4月23日 A面 恋はこりごり L-1622 B面 ラスト・メトロ 小六禮次郎 41 1983年 11月30日 A面 Once More Take A Chance 村田さち子 L-1642 B面 Silent Dance 42 9月12日 A面 君が野に咲くバラなら 三木たかし 小六禮次郎 L-1684 B面 夜もすがら 尾関昌也 尾関裕司 小笠原寛 43 6月25日 A面 バ・カ・ダ・ネ なかにし礼 鈴木キサブロー L-1711 B面 モーニング・コール 村田さち子 小六禮次郎 44 6月25日 A面 阿久悠 森田公一 L-1745 B面 日曜日のきまぐれ 45 6月25日 A面 愛するときを過ぎても 阿久悠 服部克久 戸塚修 L-1787 B面 YOU YOU YOU 46 1987年 8月25日 A面 阿久悠 都志見隆 小笠原寛 L-1793 B面 愛するときを過ぎても 服部克久 戸塚修 47 4月25日 A面 馬飼野康二 L-1831 B面 古い日記 '74'88 安井かずみ 馬飼野康二 48 1988年 5月25日 - ダ・ダ・ダ・ダ・ダイエット 戸塚修 L-1845 49 1988年 10月10日 A面 川村真澄 馬飼野康二 07L7-4016 B面 だってしょうがないじゃない 馬飼野康二 矢島賢 1990年代 50 3月25日 01 抱かれ上手 荒木とよひさ D. Belfield WPDL-1503 02 TIME GOES BY 戸塚修 51 3月25日 01 よくやるね 新川博 WPDL-1515 02 あの鐘を鳴らすのはあなた (New Version) 阿久悠 森田公一 大谷和夫 52 2月25日 01 大阪ヘヴィーレイン 新川博 WPDL-1525 02 黄昏に歌わせて 竜真知子 53 1992年 5月25日 01 なかにし礼 林哲司 WPDL-4294 02 出さない手紙 林哲司 54 4月10日 01 Will Way 林哲司 WPDL-4341 02 置時計 55 1993年 9月25日 01 抱いてサンバナイト WPDL-4364 02 つれづれ恋人 杉本真人 56 5月25日 01 逢いたいうちが華だから 三浦徳子 山崎一稔 林有三 WPD6-9002 02 しあわせかもしれない 57 1994年 8月25日 01 都志見隆 WPD6-9013 02 あなたがそばにいる 大田黒裕司 58 5月25日 01 がんばって 荒木とよひさ WPD6-9046 02 約束の夢 羽田一郎 新川博 59 1995年 9月1日 01 WPD6-9043 60 6月25日 01 秋元康 鈴木キサブロー 林有三 WPD6-9087 02 ちゃうわ 61 4月10日 01 WPD6-9128 02 あなたは美しい 秋元康 62 1997年 10月25日 01 WPD6-9157 63 2月11日 01 森浩美 井上鑑 WPD6-9164 02 絶対に泣かない 及川眠子 井上ヨシマサ 林有三 64 1998年 7月25日 01 真夏の夜の23時 WPD6-9186 02 Searchin' 65 1998年 9月30日 - Free at Last'98 EG-002 66 7月14日 01 ぽろぽろ 森浩美 新川博 WPD7-10008 02 always life 03 馬飼野康二 2000年代 67 6月17日 01 あの日によく似た青い空 WPCV-10069 68 2000年 10月12日 01 REACH OUT 森若香織 朝本浩文 WPCV-10106 69 2月21日 01 愛の光 森若香織 朝本浩文 WPCV-10113 70 2001年 10月17日 01 運命〜DESTINY〜 岡田冨美子 若草恵 TEDA-10521 02 Everybody Shake 71 7月22日 01 ラストシーンに戻りたい 網倉一也 TECE-11543 02 淋しい女と呼ばないで 72 3月26日 01 たまたまねぎねぎ 〜たまねぎが教えてくれたこと〜 秋元康 TECE-11575 73 2003年 5月28日 01 トゥモロー 〜ジョージアで行きましょう編〜 C. Strouse 小西康陽 TECA-10583 74 2003年 6月11日 01 ルンバでブンブン TECA-11586 02 史上最悪の夜 03 75 2月25日 01 旅立ちのうた TECA-11620 76 2004年 8月25日 01 秋元康 大田黒裕司 難波弘之 TECA-11646 02 不夜城 笹本安詞 77 3月2日 01 津坂浩 C. Aznavour H. Kretzmer 小西康陽 TECA-11669 02 生きる 小西康陽 78 2005年 7月13日 02 RZCD-45229 79 4月25日 - 阿久悠 森田公一 - TECA-10053 80 2006年 5月10日 02 SECL-386 81 6月27日 01 馬飼野康二 TECA-11669 82 2月27日 01 TECI-402 83 2月25日 01 Brand New PARADISE TECI-403 84 2009年 3月4日 01 あなただけの青空 M. Y TECI-404 02 選ばなかった人生を 川村真澄 馬飼野康二 85 2009年 10月21日 01 キララ・キララ・バカ 荒木とよひさ 林有三 TECI-405 02 綺麗ごとでいいじゃない 馬飼野康二 2010年代 86 10月20日 01 人生はこれから 羽場仁志 TECI-406 02 素直じゃないね 林有三 87 4月20日 01 白井良明 TECI-407 88 7月25日 01 今夜は夢でも見ましょうか 松井五郎 羽場仁志 林有三 TECI-408 02 珠玉 吉元由美 馬飼野康二 89 7月3日 01 秋元康 TECI-409 02 残された時間 羽場仁志 安部潤 90 10月29日 01 すばらしき人よ TECI-410 02 孤独なひまわり Rio 91 6月3日 01 田久保真見 馬飼野康二 TECI-411 02 朝本浩文 92 7月13日 01 All Right!!! TECI-412 02 道しるべ 93 5月23日 01 山口高始 TECI-413 その他のシングル• こころのこだま(2005年7月7日) 作詞・作曲:/編曲: アルバム• どしゃぶりの雨の中で/ビートとハートを歌う和田アキ子(1969年)• 監獄ロック 和田アキ子がロックを歌う(1970年)• 卒業させてよ(1971年)• ブルージーンと皮ジャンパー(1971年)• あの鐘を鳴らすのはあなた(1972年)• エルヴィスの世界(1972年)• 雪が降る〜和田アキ子ポップスの世界(1973年)• 悪い奴 和田アキ子オリジナル第5集(1973年)• 晴れのち曇り(1974年)• 新しい世界への出発(1975年)• 放浪~さすらい(1976年)• ダンス・ウィズ・ミー(1976年)• オールディーズ・ヒット(1977年)• PARK AVENUE 7PM(1978年)• 夕暮れ、そして…(1981年)• Only Yesterday(1988年8月25日)• 私も…そうだった(1990年9月25日)• 愛、とどきますか(1992年10月25日)• DYNAMITE-A-GO-GO!!! わだ家(2008年4月23日)• WADASOUL(2015年9月18日) ライブ・アルバム• 和田アキ子・オン・ステージ(1970年)• AKO ON STAGE(1972年)• デビュー10周年記念 全国縦断ディナーショー 和田アキ子・オン・ステージ(1977年)• 和田アキ子 デラックス• 和田アキ子 BEST24• 和田アキ子ベスト24デラックス• マイ・セレクション• LET'S SING SONG BEST 12(1987年1月25日)• よくやるね 和田アキ子 バラード・コレクション(1991年9月25日)• 和田アキ子 グレイテスト・ヒッツ 1968〜1991(1991年11月28日)• 和田アキ子全曲集〜だってしょうがないじゃない(1992年11月10日)• 和田アキ子全曲集シングルズ1993-1968(1993年4月21日)• 和田アキ子全曲集'94 Song s for you(1994年9月25日)• テーマソングス'80〜'96(1996年9月10日)• DYNAMITE SOUL WADA AKIKO(1996年10月25日)• BALLADS バラード全曲集(1996年12月11日)• グレイテスト・ヒッツ'97(1997年5月25日)• DYNAMITE GROOVE WADA AKIKO(1997年9月25日)• VERY BEST OF AKIKO WADA'98(1998年9月25日)• DYNAMITE PARADE(2000年10月12日)• LOVE BALLAD BEST(2000年10月25日)• 和田アキ子ベスト・ヒット(2002年3月21日)• Haaah! ラブバラード・ベスト(2004年10月21日)• Free Soul Wada Akiko(2004年11月24日)• ベストヒット・コレクション(2005年5月25日)• RAGGA AKIKO(2005年12月16日)• リズムアンドブルースの女王。 (2006年3月22日)• World Standard Wada Akiko(2008年4月23日)• Wada Akiko Dynamite Best 1968-2008(2008年11月26日)• feat. AKIKO WADAで参加• Yell〜2011 BEST OF THE BEST〜(2011年11月30日)• AKIKO WADA 45th ANNIVERSARY ESSENTIAL COLLECTION(2013年6月12日)• THE LEGEND OF SOUL-AKIKO WADA 50th ANNIVERSARY BEST ALBUM(2017年10月25日) タイアップ曲 年 楽曲 タイアップ 1970年 映画「」挿入歌 系テレビドラマ「」主題歌 1975年 放浪・ヨコスカ 映画「」主題歌 1978年 愛して 系テレビドラマ「」主題歌 1980年 風の見える町 フジテレビ系テレビドラマ「」主題歌 1984年 君が野に咲くバラなら テレビ朝日系バラエティ番組「」エンディングテーマ 1987年 映画「」主題歌 1992年 映画「」主題歌 1994年 系クイズ番組「」エンディングテーマ 1995年 フジテレビ系子供向け番組「」挿入歌 1996年 TBS系テレビドラマ「」主題歌 1997年 TBS系テレビドラマ「」主題歌 1998年 東映映画「」主題歌 2000年 REACH OUT テレビ朝日系テレビアニメ「」オープニングテーマ 2001年 愛の光 系テレビドラマ「」エンディングテーマ 2003年 トゥモロー〜ジョージアで行きましょう編〜 「」CMソング 2004年 旅立ちのうた の音楽番組「」挿入歌 Snake Eater Japanese Version ゲームソフト「」日本語版主題歌 2005年 TBS系テレビドラマ「」主題歌 TBS系テレビドラマ「」主題歌 TBS系プロ野球中継番組「」テーマ曲 2006年 松竹映画「」エンディングテーマ 2007年 「MDゴールデンドライ」CMソング 2008年 ・2008年度CMソング 2009年 あなただけの青空 競艇・2009年度CMソング 2010年 人生はこれから ・CMソング 2011年 サントリー「新・ジョッキ生」CMソング 系テレビドラマ「」主題歌 2015年 テレビ東京系テレビドラマ「」エンディングテーマ DVD• 35 Anniversary WITH YOU〜tomorrow(2003年10月22日、VHSもある)• 和田アキ子特別企画ドラマ「ザ・介護番長」(2007年4月18日)• ドラマ「和田アキ子殺人事件」(2007年4月18日)• 映画「女番長 野良猫ロック」(2012年4月3日)• 日活映画「野良猫ロック・ワイルド・ジャンボ」(2012年4月3日) NHK紅白歌合戦出場歴 1970年・第21回に初出場以来、1978年・第29回まで9年連続で出場。 1986年・第37回に再出場以来、2015年・第66回まで30年連続で出場。 40回目の出場がかかった2016年に2度目の落選。 対戦相手の歌手名の 内の数字は、その歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある はトリ等を務めた回数を表す。 出演 現在の出演番組• (1985年 - 、)• (1973年10月 - 1974年8月)• (不定期出演)• (1994年8月13日、司会)• (2007年 - 2010年)• きょうの料理 アッコのA定食(2013年8月26日・2013年8月27日)• (2014年10月18日)• 「ゼロからスタート もう怖くない! スマホ」(2015年4月 - 5月(全9回)、NHK Eテレ)• (準レギュラー・不定期だが毎年 年数回ペースで出演、) 日本テレビ• (1971年 - 1973年)• (1980年 - 1981年)• (1982年 - 1985年)• (1986年 - 1988年)• (1988年 - 1990年)• (1989年、総合司会)• (1990年 - 1991年)• (1992年)• (1994年)• (2005年4月 - 9月)• (2016年4月 - 2017年3月 、) - レギュラー審査員 TBS• (1972年)• (1984年 - 1985年)• (1984年)• (1985年)• (1989年)• (1989年 - 1990年)• (1990年)• (1993年)• (1994年 - 1996年)• (1997年 - 2000年)• (1997年 - 2000年)• (2000年 - 2002年)• (2004年)• (2005年 - 2006年)• (2006年 - 2007年)• (3月27日)• 恐怖のアポなし訪問者 和田アキ子の今晩マジで泊まるぞコノヤロー! (2008年9月30日) フジテレビ• (1968年 - 1990年)• (1990年 - 1991年)• (1995年 - 1996年)• (2000年 - 2001年)• (2001年 - 2002年)• (2002年)• (2002年)• (不定期出演)• (不定期出演)• (レギュラー放送:2001年 - 2003年、) テレビ朝日• (1991年 - 1992年)• (1992年)• (1992年)• (バイク事故で休養していたの代理司会、1994年9月5日)• (1996年 - 1998年)• (1998年 - 1999年)• (朝日放送、不定期出演)• (不定期出演) テレビ東京• (1983年 - 1984年)• 男と女と罪と罰!! 本当にあった隣の事件ファイル(2012年6月26日、と共に司会)• AKIKO WADA 50th ANNIVERSARY 「THE LEGEND OF SOUL」(2018年、) ネット番組• 和田アキ子 最強バトル! (2009年5月 - 、モバイルTV) テレビドラマ• (、)• 「」(、) - 七重 役• (1970年、) - 主演・池田典子 役• おかしな四つ児(、)• 女はつらいよ(1971年、TBS)• 桃から生まれた桃太郎(、NHK)• (1973年、)• (、TBS) - ココ 役• (1974年 - 1975年、) - 小百合 役• フライパンの唄(1975年、TBS)• マチャアキの森の石松 第2話(1975年、NET)• 第47話(、TBS)• 怒れ兄弟! (、) - 週刊誌編集長 役• 第21話(1980年、日本テレビ) - 鬼子母 役• 第1シリーズ 第54話・第2シリーズ 第16話(TBS) - 役• (、日本テレビ) - 水野美子 役• ( - 、TBS系)• (、TBS) - 鳴海ミチ 役• (1984年 - 、TBS系) - 下田夕子 役• ( - 、TBS) - 柴田 役• (1985年:第1シリーズ、:第2シリーズ、日本テレビ)• 「結婚」(1986年、日本テレビ)• 「姑VS嫁 2 姑の心意気」(1986年、読売テレビ)• (、フジテレビ) - 主演・織田龍子 役• 「」(1993年、NHK) - 岩井初子 役• (、TBS) - 主演・大垣あかね 役• (、TBS) - 主演・和田アキ子 役• 傑作復活編「ハイ・ヌーン」(、フジテレビ) - 男 役• (1970年) - エントツのアキ 役• (1970年) - アコ 役• (1970年) - ギターを弾く女 役• (1971年) - 薬局の娘 役• (1971年) - 長谷秋子 役• (1973年) - 大和田章子 役• (1975年) - 三角アキコ 役• (1975年) - とし江 役• (1976年) - 職安の係員 役• (1976年) - 福島秋子 役• (1980年) - メーキャップ・ハナ子 役• (1986年) - 芳枝 役• (1987年) - 中年の女教師 役• (1996年) - 入院患者 役 劇場アニメ• (1986年) - 役 ウェブテレビ• 和田アキ子 史上初の誕生会生中継(2019年4月10日、) ゲーム• アッコでポン! 〜イカサマ放浪記〜(2008年、・用ソフト、) - 声の出演• (2014年7月予定、・用ゲーム 基本無料・一部有料コンテンツ有り ) 海外アニメ• (2007年) - マージ・シンプソン 役 ラジオ• 必勝ホームランワイド~有楽町で逢いましょう~ ニッポン放送 金曜日• アッコ・胡口のナイター・ラジオ(1982年)• (2000年 - 2007年、ニッポン放送)• (1990年 - 、ニッポン放送)• (1998年 - 2002年、)• (TOKYO FM)• (ニッポン放送) CM• () - 初代CMキャラクター• (ヴィックスサイネックス)• 広東風かに玉・煮込みラーメン・• (MDゴールデンドライ・ジョッキ生)• (カール)• (競艇)• - との共演バージョンもある• (・) - 「auの学割」のCMにドッキリゲストとして出演(、、と共演)• () - テレビアニメ版に原作の漫画には登場しない和田似の巨人が登場していることから話題となり、起用が実現した• 「現実の巨人 出現」篇• 「現実の巨人 走る」篇• (キシリクリスタル) Web配信• 24時間テレビ(2018年12月15日 - 12月16日、) - 中華料理屋の店員 役 書籍 著書• 『和田アキ子だ! 文句あっか! 』、日本文芸社、1983年。 - 発行部数は120万部に達した。 『言いたい放題アッコとバンちゃん』、日音、1986年。 との共著。 『みんな大好き』、小学館、1987年。 『和田アキ子と28人のプロたち』、スタジオシップ、1990年。 『5年目のハイヒール』、扶桑社、1993年。 『啓示』、メディアファクトリー、2000年。 - ホリプロ40周年記念企画で刊行された書籍• 『アッコの愛の説教部屋』、PHP研究所、2004年。 『おとなの叱り方』、PHP研究所、2008年。 『禁煙アッコ 和田アキ子禁煙事件』、宝島社、2009年。 - 構成 脚注 []• 官報 第13376号 法務省告示第百五十四号• 当時、公開された映画に由来。 和田アキ子『和田アキ子だ文句あっか! 』、日本文芸社、1983年、37-38ページ。 この間、紅白は視聴しなかったとのこと(,,2016年11月26日)。 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。 和田は頃から、紅白に出場できない可能性が高かったが、紅組司会が同じ事務所 ホリプロ だった為、滑り止めで出場できたと言われている。 和田の夫の飯塚と、和田の2番目の弟である和田現夫が経営し、和田は役員として所属。 やの境界付近。 ・付近に位置している。 和田曰く「理不尽なまでのスパルタ式のしつけ」。 1975年3月27日付社会面に掲載。 「さーすがアッコ 楽屋ドロをむんず 中野・サンプラザ どなり上げてキック」の見出しで報じられた。 ,goo• のがブログで、このメカに関しては和田の所属事務所から許諾を得たと述べている。。 オマカセメカはytv・日テレ版『ヤッターマン』の2代目オープニング(第11話「ドロンジョ様はお年ごろだコロン! 」以降より)にも数秒間登場している。 『スポーツ報知』2015年3月28日付• - 日刊スポーツ,2015年3月27日• ,デイリースポーツ,2014年6月28日• ,デイリースポーツ,2014年12月16日• ,goo• ,J-CASTニュース,2007年5月14日• 「」『デイリースポーツ online』、デイリースポーツ、2014年12月16日• 当時は未成年者の飲酒・喫煙に対しては寛容だったため問題発言とは見なさず、普通の芸能ニュースとして「スポニチテレビニュース」や・で紹介された。 from4050 2013年12月8日. 2014年3月16日閲覧。 - サンケイスポーツ2009年1月12日• MT Pro. 2011年5月11日. の2014年3月15日時点におけるアーカイブ。 2014年3月15日閲覧。 J-CAST 2015年10月4日. 2015年10月20日閲覧。 ,デイリースポーツ,2014年12月16日• 大先輩に拍手をする会『「アッコ」に文句あっか! 』本の森出版センター、1997年。 但し、『』など一部のバラエティ番組では、極度に緊張しているケースがある。 TOKIO HOT100 2005年7月24日 、J-WAVE、2005年• ORICON STYLE 、オリコン、2011年• ,デイリースポーツ,2016年11月5日• ,女性自身,2016年11月5日• 、スポニチアネックス、2001年12月17日• ,90s チョベリー,2016年3月1日• 和田アキ子『和田アキ子だ文句あっか! 』日本文芸社、1983年、60ページ。 『デイリースポーツ』2014年6月28日配信• 週刊文春2015年6月11日号、本誌恒例読者大アンケート「女が嫌いな女」ワースト50 、、、• 産業能率大学 活動紹介 、学校法人産業能率大学]• デイリー• アメーバニュース• exciteニュース 2017年6月7日. 2018年8月12日閲覧。 「」など• 2018年6月4日付のオリコンチャートで「」が週間2位を獲得した。 それまでは長らく「」(1971年発売)の週間8位が自己最高位であった。 「オリコンウィーク・ザ・一番」2000年1月3日・10日合併号より• 「ダ・ダ・ダ・ダ・ダイエット」「さあ冒険だ」• 「Free at Last'98」「たまたまねぎねぎ〜たまねぎがおしえてくれたもの〜」「HEY! 」「こころのこだま」「 Everything will be All Right」• の「」の日本語カバー。 の「」の日本語カバー。 和田アキ子&名義。 アッコにおまかせ合唱団名義。 とのデュエット。 ミュージカル「」の挿入歌「Tomorrow」の日本語カバーだが、日本語版のミュージカルで歌われる歌詞とは異なり、また、Bメロがカットされている。 の同名曲のカバー。 loves Akiko Wada名義。 様々なバージョンの「」を収録。 とのデュエット。 Wトラブル名義。 の同名曲のカバー。 の同名曲のカバー。 和田アキ子 with 名義。 いちごいちえ名義(参加者は、、、、、、、、、、、和田アキ子の計12人)。 70周年記念楽曲。 、電撃オンライン、2004年11月25日。 NHK• NHK• 日刊スポーツ. 2016年4月6日. 2016年4月6日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 2015年11月12日. 2015年11月12日閲覧。 AbemaTV 2019年4月10日. 2019年4月10日閲覧。 CM Japan 2015年9月9日. 2015年9月10日閲覧。 SponichiAnnex 2018年12月14日. 2018年12月19日閲覧。 田中圭24時間テレビ オフィシャルブログ 2018年12月16日. 2018年12月19日閲覧。 関連項目• - 和田アキ子を演じた女優• (フジテレビ系列、2008年6月20日)• (日本テレビ、2008年8月1日)• - ものまね芸人。 和田アキ子のものまねをとする。 外部リンク• wadasoul2015 -• ako50th -• - VERY BEST OF AKIKO WADA'98 - DYNAMITE PARADE - LOVE BALLAD BEST - 和田アキ子 ベスト・ヒット - 和田アキ子リサイタル〜日劇に於ける実況録音 - (株)ワダアキコ - Haaah!

次の