中国 空母 遼寧。 2019年2月の軍事トピック「中国海軍が空母遼寧をパキスタン海軍へ売却?降ってわいたフェイクニュース」|サバゲーアーカイブ

遼寧 (空母)

中国 空母 遼寧

米中貿易摩擦の行方が最大の注目点となったG20サミットが開催される少し前の6月11日早朝、 中国海軍のクズネツォフ級空母「遼寧(りょうねい/CV-16:65,000トン)」を中心とする6隻の空母艦艇群(グループ)が東シナ海から 沖縄・宮古島間を通峡(南下)して太平洋へ進出した。 同艦艇群がこの海峡を通峡したのは、平成28(2016)年12月25日(海峡南下)、同30(2018)年4月21日(海峡北上)に次いで3回目である。 これは、西太平洋方面への外洋航海を兼ねた日米台(日本、米国、台湾)に対する軍事的示威行動(プレゼンス)であるのは明らかであるが、われわれが何より注目しなければならないのは、これら中国の運用の進化。 即ち、「中国海軍の空母運用がどれほど実戦に即してきたか」ということである。 人民解放軍がダミー会社まで作って手に入れた空母 この空母「遼寧」というのは、元々旧ソ連海軍クズネツォフ級空母の2番艦として「ワリャーグ(ロシア語で戦士の意)」と名付けられ、ウクライナ造船所で建造されたものであった。 しかし、完成間際にソ連が崩壊して整備計画がとん挫し、ウクライナがソ連から独立したため宙に浮いていた本艦は、ロシアとの交渉の後にウクライナの保有となった。 これを中国の人民解放軍の息のかかったマカオの観光(ダミー)会社が、「カジノ付きの洋上ホテルに改修する」との名目で1998年にウクライナから買い取ったものである。 この際、エンジンやその関連機器、電気系統などはほぼ元のままの状態であった模様である。 その後、このダミー会社は消え失せ、購入時の契約で定められていた「軍事目的で使用しない」との約束は反故にされて、本艦は機関や設備から兵装に至るまで大幅な改修が加えられ、2011年に中国初の空母として完成に至ったのである。 大連港に停泊中の空母「遼寧」(photo by gettyimages) 人民解放軍がダミー会社まで作ってこの空母を何としても手に入れようとした背景には、1996年の(第三次)台湾危機が関係している。 この年、中国が台湾海峡で弾道ミサイルなどの実射演習を行って(独立派の李登輝総統の再選が懸かった総統選挙直前であった)台湾を軍事恫喝した際、米国は「ニミッツ」と「インディペンデンス」を中心とする2個空母戦闘群(CVBG:Carrier Battle Group/空母を中心とする攻撃部隊)を台湾海峡周辺に派遣して中国をけん制し、台湾海峡は一触即発の状態となった。 結局、戦闘は回避され、中国の目論見は失敗に終わり、李登輝総統は無事に再選を果たしたが、中国はこのCVBGによる米軍の機動力の高さを目の当たりにすることになり、将来的に米国に軍事力で対抗するためには、何としても空母を保有する必要があると痛感したのであろう。 外洋活動に必要なコマはそろった 最初に空母「遼寧」艦艇群による沖縄・宮古島間の通峡が確認されたのは、前述のように「遼寧」完成から5年後の平成28(2016)年12月であった。 つまり、この編成が中国海軍の空母艦艇群としての基本編成なのであろう。 米海軍のCVSGと比較すると、この2回の「遼寧」艦艇群の中で欠落している艦艇がある。 それは、攻撃型潜水艦と補給艦の存在である。 この内、潜水艦については実際に艦艇群に先行するなどしていたかもしれないが、これは表には出てこないので何とも言えないものの、周辺で活動していた可能性はあるだろう。 一方、補給艦については、この6月の空母「遼寧」艦艇群の編成で新たに確認された中国海軍の最新型補給艦である「フユ級高速戦闘支援艦(AOE-965:48,000トン)」の存在に刮目しなければならない。 この高速戦闘支援艦(Fast Combat Support Ship)というのは、空母の運用に必要な補給を行うため特別に設計された補給艦であり、燃料から弾薬や数千人分の食料に至るまで、この1隻で全て空母艦艇群に関わる補給を賄うことができる能力を有している。 満載排水量は今までの中国海軍の補給艦の倍以上で、速力も25ノットと高速で航行する空母に追随することが可能である。 つまり、今回の艦艇群を見ると、編成上これで中国海軍の空母艦艇群が外洋で活動できる駒がそろったということになる。

次の

中国が11万トン級の原子力空母を建造中?_中国網_日本語

中国 空母 遼寧

ネットユーザーが4月7日に公開した写真を見ると、中国初の国産空母の甲板にアレスティング・ワイヤーのような装置が設置された(写真:微博 超級大本営CDF) 中国2隻目の空母(中国初の国産空母)が間もなく海上試験を実施するという情報に、このほど進展があった。 ネット上で伝わっている最新の写真を見ると、空母の足場が撤去され、フェイズドアレイレーダーの取り付けが完了している。 ある消息筋は香港メディアに対して、初の海上試験は4月23日、中国海軍建軍節の前日に行われる可能性が高いと話した。 それでは一般人は、中国2隻目の空母をいかに認識すべきだろうか。 李氏は「遼寧艦の改造・艤装・試験航行・使用を踏まえた上で、中国2隻目の空母は多くの改良を行った。 これは中国が空母設計・建造をほぼマスターしたことを意味する。 これはすでに科学研究用の訓練艦ではなく、中国初の作戦型空母だ。 その設計・建造は次の国産空母の重要な基礎を固めた。 未来のカタパルト発艦・原子力空母にも多くの経験をもたらした。 空母は多面的な役割を持ち、豊富な手段と幅広い用途を持つほか、艦艇・航空・宇宙・兵器・電子・原子力など多くの軍需企業の設計・建造技術を一体化させる。 中国はスキージャンプ型発艦、固定翼戦闘機発着艦の論証・設計・研究開発・建造などの全過程で、全面的な収穫を手にし理解を深めており、相当な経験を蓄積している」と指摘した。 2隻目の空母はなぜカタパルト発艦ではなく、スキージャンプ発艦を採用するのかと、多くの人が関心を寄せている。 李氏は「遼寧艦は多くの科学研究と試験を行い、固定翼機の空母発着艦技術をほぼマスターしており、戦闘力が実用的だ。 カタパルト発艦技術についてだが、中国は長年の模索・学習・参考を通じ、深く理解し把握している。 しかし同技術の採用には巨額の経費と技術面のサポートが必要だ。 技術を把握するほか、艦載機も必要だ。 これには一連のシステム調整作業が必要であり、簡単な取り組みではない」と説明した。 「また中国が将来的に電磁カタパルトを採用すれば、先進的なアレスティングシステム、ニューコンセプト兵器などのハイテクを使用しなければならない。 これには大量の電力が必要だが、通常動力ではやや物足りない。 そのため空母の新技術採用は、先進的なシステムや兵器を取り付ければいいというわけではなく、総合的に検討する必要がある。 国産空母の発展は今後、適度に加速されるだろう。 技術を把握し一定の財力があり、さらに国家戦略にも需要があれば、発艦方法は必然的に現在のスキージャンプから蒸気カタパルト、さらには電磁カタパルトへと移り変わるだろう」.

次の

中国海軍の空母遼寧が、西太平洋で初めて艦載機の離発着を伴う訓練を実施

中国 空母 遼寧

ネットユーザーが4月7日に公開した写真を見ると、中国初の国産空母の甲板にアレスティング・ワイヤーのような装置が設置された(写真:微博 超級大本営CDF) 中国2隻目の空母(中国初の国産空母)が間もなく海上試験を実施するという情報に、このほど進展があった。 ネット上で伝わっている最新の写真を見ると、空母の足場が撤去され、フェイズドアレイレーダーの取り付けが完了している。 ある消息筋は香港メディアに対して、初の海上試験は4月23日、中国海軍建軍節の前日に行われる可能性が高いと話した。 それでは一般人は、中国2隻目の空母をいかに認識すべきだろうか。 李氏は「遼寧艦の改造・艤装・試験航行・使用を踏まえた上で、中国2隻目の空母は多くの改良を行った。 これは中国が空母設計・建造をほぼマスターしたことを意味する。 これはすでに科学研究用の訓練艦ではなく、中国初の作戦型空母だ。 その設計・建造は次の国産空母の重要な基礎を固めた。 未来のカタパルト発艦・原子力空母にも多くの経験をもたらした。 空母は多面的な役割を持ち、豊富な手段と幅広い用途を持つほか、艦艇・航空・宇宙・兵器・電子・原子力など多くの軍需企業の設計・建造技術を一体化させる。 中国はスキージャンプ型発艦、固定翼戦闘機発着艦の論証・設計・研究開発・建造などの全過程で、全面的な収穫を手にし理解を深めており、相当な経験を蓄積している」と指摘した。 2隻目の空母はなぜカタパルト発艦ではなく、スキージャンプ発艦を採用するのかと、多くの人が関心を寄せている。 李氏は「遼寧艦は多くの科学研究と試験を行い、固定翼機の空母発着艦技術をほぼマスターしており、戦闘力が実用的だ。 カタパルト発艦技術についてだが、中国は長年の模索・学習・参考を通じ、深く理解し把握している。 しかし同技術の採用には巨額の経費と技術面のサポートが必要だ。 技術を把握するほか、艦載機も必要だ。 これには一連のシステム調整作業が必要であり、簡単な取り組みではない」と説明した。 「また中国が将来的に電磁カタパルトを採用すれば、先進的なアレスティングシステム、ニューコンセプト兵器などのハイテクを使用しなければならない。 これには大量の電力が必要だが、通常動力ではやや物足りない。 そのため空母の新技術採用は、先進的なシステムや兵器を取り付ければいいというわけではなく、総合的に検討する必要がある。 国産空母の発展は今後、適度に加速されるだろう。 技術を把握し一定の財力があり、さらに国家戦略にも需要があれば、発艦方法は必然的に現在のスキージャンプから蒸気カタパルト、さらには電磁カタパルトへと移り変わるだろう」.

次の