ラッキング 工事。 ラッキング(らっきんぐ)とは

保温工事とは|株式会社 コウケン|保温工事

ラッキング 工事

ラッキングとは? 読み方:らっきんぐ 建築用語でのラッキングとは、給排水管などの配管の保温材をさらに保護する薄い金属の板状の材料のことや、その薄い金属の板状を配管に巻く作業のことを示します。 一般的に多く見られるのはビルやマンションなどの大規模な建築物です。 給排水管の保温や断熱材に用いられている素材としては、主にウレタンフォームやグラスウールなどがありますが、断熱・耐熱には優れているものの紫外線や衝撃には弱い素材と言えます。 その為、保温材を守る補強が必要となり、金属性のラッキング処理が行われます。 ラッキング材を巻くことで、保温材を守りつつ耐候性を高めています。 ラッキング材は金属の為、経年劣化のよる腐食が起こりますので、定期的な点検や修繕を実施する必要があります。 大規模修繕工事との関連性 大規模修繕工事では配管ラッキングを交換しよう。 マンション大規模修繕工事では、各箇所に設置されている配管のラッキング交換工事を行います。 給排水管は様々な箇所に張り巡らされていますが、特に修繕工事を必要とする場所が屋上の配管です。 屋上は常に風雨にさらされている為、配管ラッキングのサビや腐食も進みやすく交換することが多いのです。 ラッキングの腐食だけであれば、交換することで配管は守れますが、長期間メンテナンスを行っていないマンションでは配管にまで雨水が浸透し、サビや痛みが激しくなってしまうこともあります。 このような状態では配管の交換も必要となるので、修繕工事費用にも響いてきます。 後々に大幅な補修とならないように、配管まわりの調査を行い定期的にメンテナンスを行うことが重要です。

次の

配管の保温ラッキング交換工事|大阪市|消防設備

ラッキング 工事

保温工事にかかる人件費・工期を抑え、安価かつ手軽に保温機能をご利用頂けるよう努力しております! 基本的には「熱を保つための工事」である保温工事です。 一般的には、「冷たいものを冷たいまま、熱いものを熱いまま」運搬できるようにする工事のことです。 主にグラスウール、ロックウール、ポリスチレンフォーム等を使用して、配管内の流体や気体の外部への熱量の放射を抑え、省エネルギーへの貢献に役立ってます。 保温工事があるおかげで、配管内の水の凍結を防ぎ、いつでも水が供給できる状態を保っております。 工場などの場合、ボイラーで作られた蒸気や温水を、配管などを通して必要なところまで通して行きますが、その途中で熱が放出されてしまうため、保温工事で対策を取っております。 一般的な保温工事• ビル配管保温• 屋内ダクト保温• 屋外ダクト保温• 配管ダクト• 換気扇アルミダクト• 屋内天井ダクト.

次の

配管の保温ラッキング交換工事|大阪市|消防設備

ラッキング 工事

こんにちは!断熱工事、保温工事、板金工事を得意としている有限会社水野工業です。 弊社では名古屋市などの愛知県をはじめとした東海三県で、仕事を請け負っております。 みなさんは、「ラッキング」という言葉を聞いたことがありますか? もしかすると、聞いたことがないという方がほとんどかもしれませんね。 そこで今回は、『配管板金工事の豆知識!「ラッキング」って?』というテーマでお話しします。 「ラッキング」ってなに?? 「ラッキング」とは、水道管や給湯管などの生活配管をはじめ、空調用ダクトなどで使用される配管板金工事のことです。 保温工事や断熱工事で配管に巻いた断熱材の上から、さらに薄い金属で巻くことをいい、配管や断熱材を保護するという役割があります。 また耐火性のある素材を使用してラッキングすることで、火災時などに難燃性を発揮します。 「ラッキング」の働きによって、火や外気や紫外線、衝撃などの外的環境から配管や断熱材を守ることが可能になります。 「ラッキング」工事もお任せください! 保温工事・断熱工事から「ラッキング」工事まで、一貫して施工いたします! 「ラッキング」の交換はもちろんのこと、断熱材や配管の調査も徹底して行います。 施設の形状や設備の設置状況に配慮して、現場に最適な施工を行います。 長年培ってきた経験やノウハウをもとにして、良質で高品質な施工をお約束いたします。 保温工事、断熱工事のお困り事がありましたら、ご遠慮なくお申しつけください。 ここまで、『配管板金工事の豆知識!「ラッキング」って?』というテーマでお話ししました。 今後もいろいろなお役立ち情報をご提供します。 みなさまからのお問い合わせをお待ちしています!.

次の