ラミシールクリーム 特徴。 処方薬ラミシールと同じ成分の水虫市販薬|テルビナフィン塩酸塩配合の薬

一般用医薬品 : ラミシールATクリーム

ラミシールクリーム 特徴

本記事では 抗真菌薬であるラミシールクリームについてまとめていきます。 ラミシールクリームの有効成分はテルビナフィンです。 テルビナフィンは以下のような真菌が引き起こす感染症の治療に効果があります。 足白癬(水虫)• 体部白癬(ぜにたむし)• 股部白癬(いんきんたむし)• カンジダ症• 癜風 日本国内においては、有効成分テルビナフィンおよびラミシールクリームは第二類医薬品として認可されています。 つまり、 ドラッグストアやネット通販で購入することが可能な医薬品といういことですね。 もし少しでも 安価にラミシールクリームを手にしたいと思うならば、海外製のラミシールクリームを個人輸入しましょう。 日本国内で流通しているものと同じ有効成分で同じ効果のものを、よりお得な価格で購入することが出来ます。 真菌の感染症の治療は長期にわたります。 なので、安く治療薬を手にできれば大きな出費の削減につなげることが出来ます。 ラミシールクリーム(テルビナフィン)とは? ラミシールクリームは、有効成分テルビナフィンを配合する抗真菌薬になります。 皮膚上で繁殖してしまった真菌を原因とする感染症に対する治療効果がラミシールクリームにはあります。 このラミシールクリームですが、国内では第二類医薬品として認可されています。 第二類医薬品であるということは、ドラッグストアなどで市販薬として販売されているということです。 このラミシールクリームですが、日本国内で認可されたものをドラッグストアで買う以外の方法で入手することも可能です。 それは、 海外製のラミシールクリームを海外通販サイトから個人輸入するということです。 有効成分こそ同じテルビナフィンですが、より安価にラミシールクリームを手にすることが出来ます。 また、購入者の声などをチェクすると市販のものよりも効果を感じることが出来るという方もいるようです。 ラミシールクリーム(テルビナフィン)の効果 ラミシールクリームは真菌によって引き起こされるさまざまな感染症の治療に効果のある抗真菌薬です。 有効成分はテルビナフィンになります。 本記事で紹介しているのはクリームタイプのラミシールですが、他にもローションタイプやスプレータイプのラシミールが販売されています。 いずれのタイプにおいても有効成分は同じなので、同様の抗真菌効果を期待することができます。 このラミシールシリーズで治療できる真菌を原因とする感染症には以下のようなものがあります。 足白癬(水虫)• 体部白癬(ぜにたむし)• 股部白癬(いんきんたむし)• カンジダ症• 癜風 ラミシールというと水虫の治療薬としての印象が強いかと思いますが、それ以外にもカンジタをはじめさまざまな皮膚真菌症に効果があります。 有効成分テルビナフィンは真菌に取り入ることにより、真菌がそれ以上の細胞分裂を出来ないようにしてしまいます。 その結果、真菌はそれ以上の増殖が出来なくなってしまい、次第に死滅していくことになります。 ラミシールクリーム(テルビナフィン)の特徴 クリームタイプの抗真菌薬の特徴としては、足の指の間など細かい患部であっても薬をしっかりと塗布できるということがあります。 製薬会社のHPによると、このクリームタイプの抗真菌は、水疱などでグジュグジュになってしまった水虫に対して、特に効果を発揮するようです。 ローションタイプなどと比較すると、クリームタイプは肌への刺激が少なく長く効果が持続するという特徴があります。 また、この ラミシールクリームは海外通販で外国製のものを購入するという選択肢もあります。 この海外性のラミシールクリームの特徴としては、何よりも安価に購入できるということにあります。 参考までに国内大手ドラッグストアと海外通販とでラミシールクリームの価格を比較してみます。 マツモトキヨシ(ドラッグストア):10gで880円(1gあたり88円)• 海外薬店(海外通販サイト):30gで1,980円(1gあたり66円) このように同じ有効成分を含有しているラミシールクリームですが、国内認可のものか海外製のものかという違いだけでこれだけの価格差が生じています。 そのため、 多くの方があえて海外通販でラミシールクリームを購入しています。

次の

亀頭包皮炎に市販のラミシールクリームを亀頭に塗って直った人...

ラミシールクリーム 特徴

ラミシールATクリームの特徴 ・は菌<菌>というカビ( 真菌)が皮ふ表面にある角質層に感染・寄生しておきる皮ふ病です。 ラミシールAT クリームは、殺真菌成分テルビナフィン塩酸塩を配合する・治療薬です。 びらん(ジュクジュク)型の患部にお勧めします。 ラミシールATクリームの効果・効能 みずむし、、ぜに。 ラミシールATクリームの構成成分 1g中 テルビナフィン塩酸塩10mg ラミシールATクリームの用法・用量 1日1回、適量を患部に塗布してください。 <用法・用量に関する注意> 1.定められた用法を厳守してください。 2.患部やその周囲が汚れたまま使用しないでください。 3.本剤のついた手で、目や粘膜にふれないでください。 4.目に入らないように注意してください。 万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診療を受けてください。 5.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。 6.外用にのみ使用してください。 ラミシールATクリームの主な副作用 1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください (1)医師の治療を受けている人 (2)妊婦又は妊娠している可能性のある人 (3)乳幼児 (4)薬などにより アレルギー症状を起こしたことがある人 (5)患部が顔面又は広範囲の人 (6)患部が化 膿している人 (7)「」か「みずむし、、ぜに」かがはっきりしない人 (陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、等他の原因による場合が多い。 ) 2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください 関係部位・・・症状 皮ふ・・・、刺激感、熱感、鱗屑・落屑(フケ、アカのような皮ふのはがれ)、ただれ、乾燥・つっぱり感、皮ふの亀裂、いたみ、 色素沈着、 発疹・ 発赤*、かゆみ*、はれ*、* *:全身に発現することがあります。 2週間位使用しても症状が良くならない場合や、本剤の使用により症状が悪化した場合は使用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください ラミシールATクリームの添付文書.

次の

軟膏とクリーム、ローションの違いは?~使い心地・刺激・皮膚への付着性

ラミシールクリーム 特徴

水虫やカンジダの原因菌である「白癬菌」に効果を発揮する抗真菌薬の1つにラミシールがあります。 ラミシールはテルビナフィン塩酸塩を主成分とする処方薬です。 テルビナフィンの効果 テルビナフィンは「アリルアミン系」と呼ばれる抗真菌薬に属します。 アリルアミン系の抗真菌薬として日本で承認されている唯一の成分であり、白癬菌に対する殺菌作用が強いことが特徴です。 ラミシールと同じ成分配合の市販薬がある ラミシールの主成分であるテルビナフィン塩酸塩配合の薬は市販薬としても販売されています。 成分 処方薬 市販薬 特徴 テルビナフィン ・ラミシール ・テビナシール ・塩酸テルビナフィン ・ハイミズムシール ・ダマリングランデシリーズ ・ラミシールシリーズ ・1日1回の使用でOK ・白癬菌に対する殺菌作用が強い テルビナフィン配合の処方薬はラミシール以外にもテビナシールや塩酸テルビナフィン等があります。 過去にこれらの薬を処方された経験がある方は、同じテルビナフィン配合の市販薬を購入すると良いでしょう。 医療用と同じ成分を使用しているため、白癬菌に対する殺菌作用が強く、1日1回の使用で効果を発揮する特徴は市販薬も変わりません。 水虫の市販薬には抗真菌成分(テルビナフィン)という、白癬菌に効果のある成分が配合されていますが、それ以外にもさまざまな成分が配合されています。 成分名 効果 抗ヒスタミン成分 クロルフェニラミン塩酸塩 ジフェンヒドラミン塩酸塩 かゆみをおさえる 局所麻酔成分 ジブカイン塩酸塩 リドカイン かゆみをおさえる 鎮痒成分 クロタミトン かゆみをおさえる 殺菌消毒成分 イソプロピルメチルフェノール ベンザルコニウム塩化物 雑菌の増殖をおさえる 水虫のにおいに効果あり 抗炎症成分 グリチルレチン酸類 炎症をおさえる 水虫症状にかゆみや炎症、患部のにおいなどの特徴的な症状がある場合は上記の表を参考に各症状に該当する成分が配合しているものを選ぶと良いでしょう。 ラミシールと同じテルビナフィン配合の市販薬にはさまざまな剤形の商品があります。 剤形によって使用に適した症状が異なるため、クリームタイプ、液体タイプ、パウダースプレータイプに分けて商品をご紹介します。 ラミシールと同じ成分配合の水虫市販薬|クリームタイプ 処方薬 市販薬 特徴 ・ラミシールクリーム ・テビナシールクリーム ・テルビナフィン塩酸塩クリーム ・塩酸テルビナフィンクリーム ・ハイミズムシール ・ラミシールATクリーム ・伸びが良く、広範囲に塗りやすい ・浸透性が良い ・塗布後のべとつきが少ない クリームタイプは伸びが良く、塗りにくい指の間や、広範囲の患部にも使用しやすい剤形です。 ジュクジュク系の水虫にはもちろん、浸透性が良いのでカサカサ水虫にも使用できます。 べとつきが少ないため、使用感が気になる方にもおすすめです。 抗真菌成分であるテルビナフィン、炎症をおさえるグリチルレチン酸を配合しています。 雑菌の繁殖を抑制するための殺菌成分であるイソプロピルメチルフェノールやかゆみ止め成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩も含まれるため、におい・かゆみどちらもお悩みの場合にも対応しています。 5gと10gの2つの規格があり、試し使いにも便利です。 また、商品に添付してあるQRコードを読み取ることで無料で薬剤師へ相談ができるため、「症状がおさまらなくて心配」「使い方は合ってる?」などのお悩みにも安心してご使用いただけます。 かゆみ止めなどは使い続けると効果を実感しにくくなることがあるため、かゆみの症状が無いのであれば余計な成分が入っていないラミシールATがおすすめです。 ラミシールと同じ成分配合の水虫市販薬|液体タイプ 処方薬 市販薬 特徴 ・テルビナフィン塩酸塩外用液 ・ラミシール外用液 ・ラミシールプラス液 ・メンソレータムエクシブW液 ・薬の浸透性がよい ・刺激が強い ・患部がただれていたり、皮膚の弱い人には向かない 液体タイプは薬の浸透性が非常に良いため、足の裏のカサカサタイプの水虫におすすめの薬です。 ただし刺激が強いため、水疱が破れていたり、患部がただれている場合には使用は避けた方が良いでしょう。 補助成分 特徴 ・リドカイン ・ジフェンヒドラミン塩酸塩 ・グリチルレチン酸 ・イソプロピルメチルフェノール ・かゆみに効く ・炎症、ただれに効く ・症状が進行している場合におすすめ メンソレータムエクシブW液は液体タイプの水虫薬です。 抗真菌成分としてテルビナフィンを配合しています。 さらにリドカインやジフェンヒドラミン塩酸塩といった2種のかゆみ止め成分や、抗炎症成分のグリチルレチン酸、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールを含んでいるため、強いかゆみや患部からのにおいが気になる方におすすめです。 ラミシールと同じ成分配合の水虫市販薬|パウダースプレータイプ 処方薬 市販薬 特徴 ラミシール外用スプレー ・ダマリングランデパウダースプレー ・ダマリンパウダースプレーDX ・パウダー状の薬剤をピンポイントでスプレーできる ・患部にピンポイントで浸透させることができる ・ジュクジュクした部分の保護、乾燥 パウダースプレータイプはジュクジュクした患部の保護や乾燥に特化している剤形です。 パウダー状の薬剤をピンポイントでスプレーできるので、指の間のジュクジュクした水虫におすすめです。 ただし、塗布できる範囲は広くないため、患部が広い水虫には向いていません。 補助成分 特徴 ・リドカイン ・グリチルレチン酸 ・l-メントール ・かゆみに効く ・炎症に効く ・清涼感 ・シンプルなデザイン ダマリンパウダースプレーDXはかゆみや炎症に効果のある成分を配合しており、清涼成分も含まれるため爽やかな使い心地です。 シンプルなデザインのため「外に持ち歩きにくい」といった水虫薬特有の悩みにも対応し使いやすい商品です。 水虫は市販薬で治療ができる病気ですが、病院の受診が必要なケースもあります。 水虫が原因と断定できない場合 市販薬での治療は可能ですが、万が一原因が白癬菌ではなかった場合、水虫薬を使用しても意味がありません。 間違った薬を使用することで症状が悪化する危険性もあるため、初めて水虫と疑わしい症状が出た場合は、まずは病院で検査を受けましょう。 2回目以降の発症や、原因が水虫と断定できている場合は、市販薬を使用しても問題ありません。 爪白癬は市販薬で治療できない 足の水虫が進行すると、爪に白癬菌が感染して爪白癬を発症する場合があります。 爪白癬は市販薬での治療が難しいため、病院を受診する必要があります。 爪が白っぽくなるなどの変化が見られる場合は、必ず病院へいきましょう。 また、爪白癬ではなくても水虫症状が重い場合は、塗り薬ではなく飲み薬での治療が必要となるケースもあります。 市販薬を使用して1ヶ月程度経っても症状が良くならない場合は、病院を受診するようにしましょう。

次の