内海光司。 光GENJIメンバーの現在まとめ!内海光司・佐藤寛之・佐藤アツヒロなど7人の近況

女の言い分|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

内海光司

この 存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。 信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2014年6月) うちうみ こうじ 内海 光司 本名 生年月日 1968-01-11 (52歳) 出生地 ・ 身長 178 血液型 職業 、 活動期間 - 事務所 公式サイト テンプレートを表示 内海 光司(うちうみ こうじ 、 - )は、の、、(後に光GENJI SUPER 5にグループ名が変更)の元メンバーで愛称は「キノッピー」。 はA型。 略歴 [編集 ]• 9月、中学2年生の時に友達とに遊びに行った際、スカウトされて事務所入りが決定。 正式なオーディションを受ける事なく入所。 3月25日、というグループでレコードをリリース。 、イーグルスのメンバーだったとともに、として再レコードデビュー。 、光GENJI SUPER 5が解散、ソロ活動を開始。 テレビドラマで俳優としての経験を積み、活動の幅を舞台にも広げている。 人物 [編集 ]• 代表的な愛称「キノッピー」の由来は、アニメ『』のキャラクター「キノッピー」に髪型が似ていたため。 光GENJIでのイメージカラーは青。 小学生のころから剣道を始める。 特技はスノーボード。 主人公の名前が「こうじ」と自分と同じであるために、幼少期は『』の大ファンだった。 また『』のファンでもあり、『』に出演した際に自作のを披露したことがある。 更には『』のファンでもあり、幼少期は年がら年中ライダーごっこに明け暮れたと言う。 雑誌ではとも共演した。 更にはに開催された光単独ディナーショーのMCで、同日に開催されていた仮面ライダーショーにも触れていた。 舞台は原作『マウストラップ 〜ねずみとり〜』には初演から参加。 再演・再々演と、100ステージ以上出演。 の『夕刊フジ』にて、光GENJI時代のことを「あの時期があるから今の僕がある。 楽しいことのほうが多かった」と語っている。 のメンバーの中ではと同様に現在でもジャニーズ事務所所属である。 しかし、アツヒロとは異なり『』に一度も出演していないなど一線を画した活動をしているが、2011年4月に行われた東京・前広場での東日本大震災支援プロジェクトの募金活動には参加した。 が毎年5月に開催している「ご愛用者謝恩観劇会」の舞台に2016年より隔年で出演している(2020年は開催中止)。 作品 [編集 ] ソロ曲 [編集 ]• 君を探して -『』収録• MOON LIHGT GIRL -『』収録• 明日はもっと素敵な君がいる -『Pocket Album -7つの星-』収録• 2 OUT FULLBASE -『HEART'N HEARTS』収録 楽曲制作 [編集 ] 作詞・作曲 [編集 ]• 明日はもっと素敵な君がいる(ソロ曲) -『Pocket Album -7つの星-』収録 作詞 [編集 ]• 君を探して(ソロ曲) -『Cool Summer』収録• MOON LIHGT GIRL(ソロ曲) -『Pocket Album -7つの星-』収録• 傷ついた世代(光GENJI) -『』収録• 2 OUT FULLBASE(ソロ曲) -『HEART'N HEARTS』収録• Dancing Love(光) -『』収録 出演 [編集 ] テレビドラマ [編集 ]• 夏の王様(10月6日、、日本テレビ開局30周年記念ミュージカル・ドラマ) - ウィズの子どもたち 役• どっきり双子先生・乙女学園男子部シリーズ( - 、フジテレビ、月曜ドラマランド) - 生徒 役• どっきり双子先生・乙女学園男子部1(1983年11月14日)• どっきり双子先生・乙女学園男子部2(1983年11月21日)• どっきり双子先生・乙女学園男子部3(1983年12月5日)• どっきり双子先生・乙女学園男子部4(1984年1月30日)• どっきり双子先生・乙女学園男子部5(1984年2月6日)• どっきり双子先生・乙女学園男子部6(1984年2月20日)• どっきり双子先生・乙女学園男子部7(1984年3月5日)• どっきり双子先生・乙女学園男子部8(1984年3月19日)• 乙女学園すみれ寮シリーズ(1984年、フジテレビ、月曜ドラマランド) - 生徒 役• 乙女学園すみれ寮1(1984年4月23日)• 乙女学園すみれ寮2(1984年7月2日)• 乙女学園すみれ寮3(1984年8月6日)• 乙女学園すみれ寮4(1984年9月10日)• II〜男たちよ、元気かい? (1984年7月6日 - 10月5日、) - 川久保公一 役• (1985年8月3日 - 12月28日、日本テレビ)• (4月5日 - 8月16日、日本テレビ) - 矢吹純 役• - (10月1日 - 1988年3月18日、フジテレビ)• (1988年10月17日 - 3月20日、フジテレビ、【W主演:】) - 治 役• 花燃える日日 -野望の国・第二部-(1990年1月13日 - 2月10日、日本テレビ) - 童門一平 役• シリーズ(1990年 - 1995年、テレビ朝日) - 楠菊太郎 役• 名奉行 遠山の金さん 第3シリーズ(1990年7月5日 - 1991年3月28日)• 名奉行 遠山の金さん 第4シリーズ(1992年2月 - 7月2日)• 名奉行 遠山の金さん 第5シリーズ(1993年3月4日 - 12月16日)• (1994年1月1日、TBS、) - 矢頭右衛門七 役• (1994年10月13日 - 12月22日、TBS) - 東力 役• (1995年4月13日 - 6月29日、TBS) - 新谷正樹 役• (1995年10月30日 - 12月28日、TBS、)• 「ダンスパートナー連続殺人 社交ダンス界に渦まく欲望と嫉妬」(1996年8月19日、TBS)• (1997年1月2日、テレビ東京) - 役• (2005年、テレビ朝日)• 第7話(2019年6月7日、テレビ東京) - 友坂純一郎 役 バラエティ番組 [編集 ]• (テレビ朝日) - 司会• (テレビ東京) - 司会• なんじゃに関ジャニ 司会• () - 司会• () - パネラー• (12月24日公開、東宝、【主演:】)• (12月18日公開、東宝、【主演:光】) - 藤岡茂 役• (1988年12月18日公開、東宝、【主演:GENJI】) 舞台・ミュージカル [編集 ]• ミュージカル・アドベンチャー『ザ・サスケ』/ヒット・パレード(1985年4月 - 5月、)• 引越し大名()• たそや行燈(東京宝塚劇場)• 菊がさね(東京宝塚劇場)• ファミリー大戦争 〜オヤジの嫁さん〜(三越劇場)• 花は紅、染千代一座(明治座)• 新春 あばれ獅子(明治座)• 晶子曼陀羅()• 喜劇 口八丁手八丁! (帝国劇場)• 受賞作品 あかね空()• (2007年4月 - 5月、大阪新歌舞伎座)• 4フィール -four feel-(2014年7月 - 8月、青山円形劇場 他)• ダブル(2015年6月18日 - 21日、シアター1010)• もののふシリーズ『瞑るおおかみ黒き鴨』(2016年9月 天王洲銀河劇場、森ノ宮ピロティホール、北九州芸術劇場 大ホール) - 役• 記憶のパズル(2017年2月、)• 清水次郎長伝(2019年9月6日 - 8日、三越劇場) 書籍 [編集 ]• 闘志(1991年1月、)- 光GENJI全集第6巻 脚注 [編集 ] []• Johnny's net. 2014年6月1日閲覧。 2016年9月閲覧。 デイリースポーツonline 2019年9月15日. 2019年9月17日閲覧。 SANSPO. COM 2015年4月15日. 2019年9月17日閲覧。 日本香堂 2016年7月28日. 2017年11月14日閲覧。 ステージナタリー 2016年4月7日. 2016年4月7日閲覧。 ステージナタリー 2016年10月26日. 2019年1月17日閲覧。 日本香堂 2018年7月29日. 2019年1月16日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - ジャニーズ事務所による公式サイト.

次の

光GENJIメンバーの現在まとめ!内海光司・佐藤寛之・佐藤アツヒロなど7人の近況

内海光司

内海光司のプロフィール 内海光司さんは、 1968 年 1 月 11 日、東京都出身で、 2019 年 9 月現在は、52歳 となります。 芸能界に入ることになったキッカケはジャニーズ事務所に入所したことでしたが、その経緯は意外なものでした。 ふつう、ジャニーズ事務所に入所する場合は、オーディションが行われるものですが、内海光司さんの場合は、 直接スカウトされたというのですね。 こうして、内海光司さんは、 1981 年、ジャニーズ事務所に入所となって、 1983 年にはイーグルス、 1987 年には光 GENJI として、それぞれレコードデビュー することに。 光 GENJI は、昭和後期から平成初期を代表するアイドルグループとなって、内海光司さんも大活躍しました。 内海光司さんの グループ内でのメンバーカラーは青、愛称はキノッピー。 ところが、光 GENJI が 1995 年に解散したことによって、ここから内海光司さんは、俳優としての道を歩んでいきます。 そのおもだった出演作品については、後ほどご紹介していきますので、ご確認ください。 内海光司の2019今現在の顔画像がイケメンすぎる さて、日本の芸能史に残るアイドルグループだった光 GENJI が解散してから、早くも 24 年になりますが、元メンバーだった内海光司さんは、いったい、どうなっていたのでしょうか? あの人は今みたいに思っている人もいるかもしれませんが、内海光司さんは、光 GENJI 解散後もずっとジャニーズ事務所に残っており、俳優として活躍し続けてきました。 よって、ご安心いただきたいのですが、 2019 年現在も、そのかっこよさについては、まったく衰えていなかったのですね。 元光 GENJI メンバーは、諸星和己さんや大沢樹生さんなど、いまだにイケメンの人も少なくありませんが、内海光司さんもその 1 人だったというわけです。 そんな内海光司さんといえば、 2019 年現在も独身だったものの、 2017 年には、 元宝塚歌劇団の北嶋マミさんとの熱愛騒動などというものもありました。 これには、大騒ぎする女性ファンも見られたものです。 内海光司さんは、光 GENJI 解散から四半世紀近くが経っても、現役時代と変わらぬ人気を保っていたようで、何よりですね。 内海光司の出演舞台は? 内海光司さんは、光 GENJI 解散後、俳優として活動してきましたので、その歩みのうち、まずは舞台のほうを確認してみましょう。 調べてみたところ、内海光司さんは、近年だけでも、いろんな舞台に出ていました。 2016 年には、 『愛のお荷物』、『もののふシリーズ 瞑るおおかみ黒き鴨』。 2017 年には、 『記憶のパズル』。 そして 2018 年には、 『明日の幸福』。 これらのなかでも、とくに 『もののふシリーズ 瞑るおおかみ黒き鴨』では、後に首相となる 山県有朋役を演じ、戊辰戦争シーンにおいて圧巻の殺陣を見せていました。 光 GENJI のさわやかなイメージとはまったく違うものの、こんな内海光司さんも悪くありませんよね。 きっと、俳優としての新境地となったのではないでしょうか。 内海光司の出演テレビ番組は? 一方、内海光司さんは、舞台もさることながら、テレビ番組のほうも充実していました。 バラエティ番組では、 『桜っ子クラブ』、『愛 LOVE ジュニア』、『なんじゃに関ジャニ』、『アイドルオンステージ』で、 それぞれ司会を担当。 ほか、ドラマにおいても、多数出演しています。 『金曜日の妻たちへ II ~男たちよ、元気かい? 』、『はぐれ刑事純情派』、『執事 西園寺の名推理 2 』などなど。 『名奉行 遠山の金さん』、『大忠臣蔵』、『炎の奉行 大岡越前守』など、時代劇での活躍も目立っています。 とくに話題になったのは、 2019 年に出演したドラマ 『執事 西園寺の名推理 2 』。 内海光司さんは、 第 7 話にて、シェフの友坂純一郎役で登場 していました。 なぜかシェフのいでたちが異様にピッタリしていたこともあってか、ネットでも話題に。 内海光司さんが登場した『執事 西園寺の名推理2』の第7話は、U-NEXTで配信されています。 31日間無料トライアル中に、登録時に付与されるポイントを利用することで無料で視聴できますのでお試し下さい。 今後も内海光司さんのバラエティ番組やドラマへの出演を期待したいと思います。 内海光司さんといえば、やっぱり、光 GENJI のイメージが強いのですが、多彩な活動を見せていたのですね。 アイドル時代もすばらしかったですが、俳優としての実力も見事です。 舞台でも、バラエティ番組でも、ドラマでも、さらなる活躍が楽しみでなりません。

次の

内海光司の現在は?結婚相手は舞台女優?病気説は本当?二階堂ふみとの関係は?

内海光司

光GENJI・内海光司の大ファンであることを明かした。 自宅を写したプライベート写真に映っていたのは、光GENJIにまつわるグッズ。 シングルCDや写真集、出版社による特別編集のムックなど貴重なアイテムが揃っていたが、くりぃむしちゅー上田晋也は「世代じゃないよね?」と質問。 二階堂も「生まれた年(1994年)に解散になった」と答えた。 興味を持ったのは16歳のころだったそうで、「10代のこう、『あっ……』みたいな時あるじゃないですか」と、何か思い悩んでいた時代に『ガラスの十代』を聴いて好きになったという。 特に好きなのがグループ最年長でリーダーでもあった内海光司。 二階堂は「最初からもうずっと好き」と述べ、「今も素敵だと思っております。 舞台も近々見に行く」と変わらぬ愛をアピールした。 そんな内海の魅力について彼女は、「他のメンバーは上半身裸になるが、内海さんだけ衣装をぴっちり上まで閉めている」「他のメンバーの方は髪型が変わっていったが、内海さんだけずっと短髪で黒髪で、もみ上げが真っすぐ」など止まらず、「結構キリがないですよね、どこ好き?って言われたら」とも。 この後、内海光司本人からメッセージVTRが。 すると二階堂は目を輝かせて凝視。 数々のグッズが写った自宅写真に「気持ち悪いと思われちゃう」と乙女になり、さらに彼が聞かせる思い出話が時間の都合上か早回しになってしまったときは「全部聞きたいですよ!」「なんで早送りしちゃうんだろう?」と不満。 さらに内海から、二階堂の誕生日が近い(9月21日)ということで特別にプレゼントが届いた。 さらに中身を見た彼女は「えっ? えぇーーーー!?」と悲鳴。 それは約30年前に発売された光GENJIのロゴ入りローラースケート(レプリカ)。 今やかなりの高額アイテムになっているそうだが、二階堂は「本当にありがとうございます、ありがとうございます内海さん」と感謝していた。

次の