打首獄門 junko。 【打首獄門同好会】junko(じゅんこ)のプロフィール経歴は?還暦ベーシスト

打首獄門同好會

打首獄門 junko

スポンサードリンク 打首獄門同好会junko(じゅんこ)のプロフィール 名前:junko(じゅんこ) 担当:打首獄門同好会・ベースボーカル 打首獄門同好会のサポートメンバーとしてベースを担当していたが、 2006年11月よりぬるっと正式メンバーに加入。 休日はふらっと海に行き、1日中ぼんやり過ごすのが好きなんだそう。 腰まであるロングヘアを振り乱しながらの演奏は、観客の目を奪います。 ベースのストラップがガチで鎖で、ジャラジャラいわせてるのがかっこいいお姉さん。 打首獄門同好会やメンバー全員についてはこちらをチェック! 打首獄門同好会junko(じゅんこ)の還暦発表に衝撃! 2018年12月20日、東京・品川ステラボールで行われた 【打首獄門同好会 junkoさんお誕生日会】 このライブには、アシュラシンドロームやバックドロップシンデレラといった、打首獄門同好会と親交の深いバンドも出演し、とても盛大でした。 ギタボで打首獄門同好会会長の大澤敦史さんがお祝いのメッセージを言った後、ステージに合ったくす玉が割れました。 そこにはなんと 「祝!還暦!」の文字が。 そう、junkoさんは2018年に60歳を迎えていたのです…! パワフルなパフォーマンスを見せていて、見た目は30代後半にしか見えないjunkoさんが60歳だなんて、信じられません!! あまりの衝撃に、 その日のTwitterでは、しばらく「還暦」というフレーズがリアルタイム1位だったんだとか。 junkoさんお誕生日会、終了〜! 祝いに来てくれた皆さん、ありがとうございました! というわけで、衝撃の事実を明らかにしたわけですが 打首獄門同好会ベースjunko、 本日をもって満60歳、還暦を迎えました!おめでとう〜! もしかしたら俺たちは、人類の奇跡を目撃しているのかもしれないな。 — 打首獄門同好会 uchikubigokumon そりゃな。 スポンサードリンク 打首獄門同好会junko(じゅんこ)の若い頃の画像は? 美魔女すぎるjunkoさんですが、若い頃からきっと変わらなかったんだろうなと思うんですよ。 で、 若い頃の画像を探してみたんですが、残念ながら見つけられませんでした。 打首獄門同好会にサポートで入る前の活動や写真もホントに見つからなくて、まさにミステリアス… でも、テクニカルなこととか演奏スタイルを観る限り、すごく長く楽器をやっている方だとは思うんですけどね。 今後、打首獄門同好会が知名度・人気ともにアップしていくのは間違いないので、色々な情報がもう少し分かると思います。 そしたら追記していきますね! 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次の

打首獄門同好会・junkoさん「還暦で年齢を公表して人生が変わった」

打首獄門 junko

ラウドロックバンド「打首獄門同好会」のベース担当junkoさんは、昨年還暦と公表して大きな話題になりました。 とても還暦には見えない若々しさで、心から音楽を楽しむjunkoさん。 好きなものへの思い、そして人生への考え方を語っていただきました。 それがストイックというよりは、ただ「好き」という気持ちだけでここまで来られているんですね。 junko: 結局、わがままなんですよ。 好きなことに対しては妥協したくないし、好きなこと以外に時間を使いたくない。 服装もそうです。 自分が好きなら、もし似合わないって言われたとしても着たいって思います。 junko: ギャルは、40歳ちょっと前から始めました。 私はとにかく海が好きで、ココナツの芳香剤やハイビスカスの装飾なんかを車に置いたり……。 ちょうど90年代のギャルブームの時に、自分の好きなものがギャルのテイストに一致したっていう感じです。 私がギャルを始めた頃は、当時のバンドのメンバーは私の年齢を知っていたので「そんな年でやめなよ」と言われたこともあります。 コンビニで『egg』を立ち読みしていたらたしなめられたり(笑)。 当時、バンドをやっている女性には「ミュージシャンっぽく見られたいファッション」が流行っていたと思います。 黒っぽい服、膝が破けたスリムパンツ、髪の毛の一部を赤や緑に染めたり、ね(笑)。 でも私はそういうのには興味なかったんですよね。 本当に、1日海にいてボーッとして夕日を見て帰る、みたいなこともありますよ。 友達と海に行っても、ふらふら~って海岸まで行ってずーっと海を見続けちゃう。 その間友達のことは完全に頭から消えてます(笑)。 自分の好きなものが目の前にあると、何も見えなくなっちゃうんですよ。 junko: あとは、音楽以外の何かをいつもしていたいっていう気持ちもありますね。 今習い事で、タヒチアンダンスとキックボクシングをしています。 特にキックボクシングは、筋肉をつけたくて始めました。 やっぱり 60 歳という年齢は自分でわかっているので、年々筋力が落ちてきたり、腰痛になったりもします。 ステージで思いっきりはじけるためには、好きなことをするための筋力や体力は鍛えておきたい。 正直人生頑張ってないし、人間失格してるっていうのは自分でも思います。 でも、好きなもののためにはいくらでも時間を使える。 この間、「ギャル服一生着る宣言」をしたんですが、着るからにはみっともないことにはなりたくない、そのための努力ならします。 毎日体重計に乗るし、数値にもこだわっています。 自分の許せないラインを超えたら、本当にがむしゃらに頑張りますよ。 「telling,」読者の中には、「このままでいいのかな」とか「どうしたらいいのかな」とモヤモヤしている人も多くいます。 そういったミレニアル世代の女性にアドバイスするとしたら? junko: なんでしょう、正直言うと、「もやってしてる」っていう感覚がわかんないんです(笑)本当にわがままに生きてきちゃったんで。 まあでも悩むのはしょうがない。 私が一つ言えることは、どんなに好きに生きてきたとしても、些細なことで人生はひっくり返る、ということ。 私は2006年に打首獄門同好会にメンバーとして加入して、まあ私の人生こんなもんだろうな、ずっとバンドやって、旅行にもほどほどに行って、まあいい感じに続くだろう、って思ってたんですよ。 ついこの間まで、ここまでバンドで生活できるようになるとは一切思っていませんでした。 でも、私も自分の年齢を公表したことで、人生ががらっと変わっちゃったと実感しているし、今までよりもさらに幸せになったなって思います。 50歳、60歳になって人生こんなもんだよ、って思ったとしても、絶対違いますから。 今30歳前後で「ちょっとうまくいかない」なんて思っていたとしても、絶対大丈夫ですから。 多少つまづいたっていくらでも修正がきくよ!って言いたい。 junko: そうですよ。 だって私、武道館での初ライブが59歳の時ですからね。 今も、何に対しても何も諦めてません。 何も考えてなくてもどうにでもなる!って自信を持って言えます。 この先の60代、なにがあるかなってワクワクしてますよ。 まあ寿命があるから死んじゃうかもしれないんですが、それはそれで(笑)。 【取材後記】 「人間失格」「わがまま」といいつつも、好きなもののためには全力を注ぐjunkoさんは、すごく自然体でハッピーな方だな、とお会いして感じました。 人生はいつだってひっくり返る。 だから何歳でもあきらめる必要なんてない。 私も一生あきらめず、好きなことをもっと楽しもう、と思わされた出会いでした。

次の

打首狱门同好会

打首獄門 junko

首相官邸訪問時(2019年5月)。 左から、junko、河本、大澤、首相、補佐官 基本情報 出身地 ジャンル 活動期間 - レーベル お茶の間レコード() ( - ) 公式サイト メンバー 大澤敦史(・) 河本あす香(・ボーカル) junko(・ボーカル) 旧メンバー 高山明(ベース・ボーカル) 打首獄門同好会(うちくびごくもんどうこうかい)は、の。 レーベルは。 7弦ギターと5弦ベースによる豪快なサウンドと、それとは裏腹な、日常の中で感じたことをそのまま表現した緩めの歌詞(食べ物が美味しかったこと、虫歯になったこと、風呂に入って幸せだったこと、等)が特徴で、「 生活密着型ラウドロック」というジャンルを標榜している。 おおさわ あつし 大澤 敦史 生誕 1979-04-26 (41歳) 出身地 担当楽器 、 活動期間 - 著名使用楽器 S-724MS 7-St Model• バンドリーダー。 カバー曲を除く全楽曲の作詞・作曲の他、ミックス、グッズデザイン、出演交渉などバンド運営を一手に担当している。 愛称「 会長」(同好会の長だから)。 血液型A型。 小学生の頃にギターを始める。 中学~高校生時代はHR/HM寄りのプレイをしていたが、20歳頃からジャズやフュージョン等のプレイも取り入れるようになった。 当初はリードギタリストであり、ボーカルを兼任するようになったのは打首結成後。 「ボーカリストが見つけられなかったため」と語っている。 歌声が()に似ていると一部で噂されており、9月に行われた対バンライブにおいて筋肉少女帯メンバーに判定してもらった結果、から「高校時代の大槻の声に似ている」とのコメントを受けた。 2018年10月、出身地・浜松市の「浜松やらまいか大使」に任命。 現メンバー3人の中で唯一個人名義のTwitterアカウントを持っていないが、バンドの公式Twitterの管理も彼が行っているため、事実上このアカウントが彼のアカウントとなっている。 使用機材• ギター• S-724MS 7-St Model - 現在のメインギター。 大澤仕様のカスタムモデルで、ハムバッカー2つにボリュームノブ1つだけという「漢気仕様」 となっている。 Proto Type 7-St Model - 旧メインギター。 アンプ• MODEFOUR MF350• Marshall MF400A - キャビネットに大きく「獄」の文字がペイントされている。 じゅんこ junko 生誕 1958-12-20 (61歳) 担当楽器 、 活動期間 - 著名使用楽器 M 265• 現メンバー唯一の非オリジナルメンバー。 高山の脱退後サポートメンバーとして参加し、11月より「いつの間にかぬるっと」 正規メンバーに昇格した。 左利き。 ベースは通常の右利きモデルを使用しているが、包丁などの刃物、箸・スプーン、ペン等は左手で扱っている。 ベースストラップに鎖を使うようになったのは「好きだったギタリストの影響」との事。 相当な辛い物好きであり、また辛味への耐性も高い。 ネット番組「10獄放送局」ではや等を大量に入れたグリーンカレーを平然と食べていたり 、自作のカレーをライブイベントで振舞う際はあまりにも辛すぎるので「フード」でなく「アトラクション」として扱われた事もある。 LD&Kとの契約が決まるまではメンバーにすら年齢を伏せており(本人曰く「隠してはいないつもりだが、大っぴらに公表する必要も無いと思ってた」)、2018年12月開催のライブ「junkoさんお誕生日会」で年齢を公表した際はTwitterのトレンドにあがるほどの話題となった。 コールセンターでバイトをしていた時の部下に塙宣之()がいる。 使用機材• ベース• USA• M 265 元メンバー [ ]• 高山 明(たかやま あきら) - Ba. &Vo. 結成~2006年3月まで在籍、「『自分のバンドで天下を取りたい』という野心を抱き」 脱退。 2010年7月に結婚している。 サポート [ ]• 風乃海(かぜのうみ) - & 3代目正VJ。 「Japan's Next Vol. 17」にてVJデビュー。 前任者のサカムケと同じく、LD&Kのスタッフとしても勤務しており、打首のマネージャーも兼任している。 LD&K入社前はIT企業でエンジニアとして働いていた。 音楽経験も豊富で、ギター・ベース・ドラム等バンドで使用される殆どの楽器は一通り扱うことができる。 ナマハゲ - VJ 初代VJ( - )。 自身でも音楽活動を行っており、ではギター・ボーカルを担当。 夏に仕事の都合で渡米(それに伴いビンビールズも一旦解散)、翌年ビンビールズを再結成。 打首の武道館ライブにも出演している。 サカムケ - VJ&Cho. 正VJとしては2代目。 から参加。 元LD&K社員で、打首のマネージャーを兼任していた。 10月の「サカムケ卒業祭」を以てLD&Kを退社し、サポートメンバーからも卒業となった。 ブラッド - VJ 本名、 千田 圭一(ちだ けいいち)。 ナマハゲ離脱~サカムケ正式参加まで臨時でVJを担当し、その後はサカムケ・風乃海が出演できない際の代打として参加している。 風乃海・サカムケと同じくLD&Kの社員で元テレビマン。 「ブラッド」の名付け親はjunko。 『88』のPV監督を務めたほか、 チダケイイチ名義でネット番組「10獄放送局」のディレクターも務めている。 バンド名の由来 [ ]• 当初「和風な名前がいい」との思いから、河本が『 チョンマゲトリオ』というバンド名を考案。 大澤は「なんとか『チョンマゲトリオ』だけは避けたい」と考え、高山に「『 打首獄門同好会』と『 切腹愛護団体』と『 終生遠島協同組合』、どれがいい?」と詰め寄り、最終的に『打首~』に決定した。 打首獄門同好会のバンド名が決まる前は当初、「 打首獄門瞳孔開」というバンド名で活動するはずだったが、他のメンバーが「バンド名に怖い印象を与えるから。 」という理由で、すぐさま「 同好会」に書き直したという。 大澤が考案した3つのバンド名はいずれも「」からの引用で、本人も「意味は全く無い」と語っている。 来歴 [ ]• 2月 - 初のデモ音源「デモ暮らしーVol. 1」完成。 3月 - デモ音源第2弾「デモ暮らしーVol. 2」完成。 3月 - 初代ベース・高山明が脱退。 4月 - 脱退した高山明の代わりに半年間、ベーシスト・杉浦直重(ジョニー)と共に活動。 11月 - 現ベース・junkoが加入、最初はサポートメンバー扱いだったものの、いつのまにか加入し現在のメンバーとなる。 9月 - デモ音源第3弾「デモ暮らしーVol. 3」完成。 5月 - 初の全国リリース作品「庶民派爆弾さん」をリリース。 10月 - 「打首獄門同好会さんが猛烈に自己アピール中です。 」をリリース。 1月 - 「なわけで、それがし打首獄門同好会ですよろしくダカダダンジャーン」をリリース。 10月 - 「獄門のすゝめ」をリリース。 10月 - 「一生同好会します」をリリース。 8月 - 結成10周年記念ベスト盤「10獄〜TENGOKU〜」をリリース。 - ミニアルバム「まだまだ新米」をリリース。 - ミニアルバム「やんごとなき世界」をリリース。 - 四季連続リリースシングル「夏盤」を発売。 8月11、12日 - 「」の会場にてとコラボで飲食店「10獄食堂」を出店。 - 四季連続リリースシングル「秋盤」を発売。 - 四季連続リリースシングル「冬盤」を発売。 - にてワンマンライブを開催。 また同日に四季連続リリースシングル完結作の「春盤」を発売。 - これまでの国産農林水産物の楽曲の音楽活動を評価され、から特別職「FANバサダーロック」に任命。 同日首相を表敬訪問した。 8月 - 「シャキッと!コーン」とのコラボソング「Shake it up 'n' go 〜シャキッと!コーンのうた〜」がテレビCMに採用された。 ディスコグラフィ [ ] 自主制作 [ ] 発売日 タイトル 規格 収録曲 備考 1 デモ暮らしー Vol. 1 CD 全作詞/全作曲:大澤敦史(特記除く)• 島国DNA• きのこたけのこ戦争• 日本の米は世界一• Shake it up 'n' go ~シャキッと!コーンのうた~• なつのうた• TAVEMONO NO URAMI• 猫の惑星• 糖質制限ダイエットやってみた• ニクタベイコウ!• はたらきたくない• だいたいOKです• YES MAX• New Gingeration• 布団の中から出たくない• 歯痛くて Feat. COYASS (作詞:大澤敦史&)• Fly away• だらだらしたい 映像作品 [ ] 発売日 タイトル 規格 収録曲 備考 1 Zepp Tokyo 2016 DVD 267-LDKDV BD 268-LDKXD 全作詞/全作曲:大澤敦史• ライブ映像 (・)• DON-GARA• Sports&Music• だいたいOKです• TAVEMONO NO URAMI• 失われし平和な春の日よ• ヤキトリズム• 数多の数奇な物語• だから貯金がたまらない• 猫の惑星• 島国DNA• 南国猫ラーメントコナツニャ• まごパワー• デリシャスティック• 私を二郎に連れてって• 日本の米は世界一• カモン諭吉• フローネル• How do you like the pie? ライブ会場&通販限定 2 打首獄門同好会 at 日本武道館 DVD 287-LDKDV BD 288-LDKXD UHD-BD 289-LDKXD 全作詞/全作曲:大澤敦史(特記除く)• ライブ映像 (・)• DON-GARA• 音楽依存症生活• 私を二郎に連れてって• TAVEMONO NO URAMI• 歯痛くて Feat. COYASS (作詞:大澤敦史&)• 糖質制限ダイエットやってみた• まごパワー• New Gingeration• 島国DNA• ニクタベイコウ!• ヤキトリズム• 今日も貴方と南武線• きのこたけのこ戦争• 10獄食堂へようこそ Feat. 青木亞一人 (作詞/作曲:大澤敦史&青木亞一人)• (作詞/作曲:)• デリシャスティック• Breakfast• 日本の米は世界一• カモン諭吉• 布団の中から出たくない• フローネル 未音源化曲 [ ]• 新型コロナウイルスが憎い 2020年2月29日にZepp Tokyoライブのオープニングとして使用。 牛乳推奨月間 2020年3月14日にTwitter上で公開。 10獄放送局 [ ] 2014年、打首獄門同好会結成10周年を記念して 10獄(てんごく)プロジェクトの一環で で配信している動画番組「」を開始した。 番組内では打首獄門同好会初期のころの楽曲「上野ZOO」の歌詞内にある動物を上野動物園で探す企画(「うえのどうぶつえんに行こう」)や、『』をリスペクトした企画「男3人原付カブぶらり旅」をするなど、「ジャンルレスプログラム」と称し放送している。 配信リスト [ ]• 配信日はYouTube公開日を記載。 第1シーズン(全19回)• 第1シーズンの初回ゲストのチダケイイチ(ディレクター)は、以降毎回出演に付き割愛。 パワポVJ!! 第2シーズン以降は青木亞一人(アシュラシンドローム)と打首獄門同好会マネージャー兼務のVJサカムケは毎回出演なので割愛。 おかず2MAN ~岩下の新生姜 VS 青ばん~ レポート (アシュラシンドローム) 2015年10月23日渋谷チェルシーホテルで行われた打首獄門同好会とアシュラシンドロームのライブイベント(「新生姜VS青ばん おかず対決」)の模様を配信。 25 2015年12月18日 回せよロクロ! こねれよ粘土! こねれよ粘土! こねれよ粘土! 第3シーズンはチダ・青木・サカムケに加えアシュラシンドロームのギター担当・Nagaも毎回出演なので割愛。 第4シーズンは(大澤と)チダ・青木メインなので割愛。 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017当日の様子を、放送局過去最長の約1時間20分という時間で放送 武道館ワンマン直前特別編• 2018年3月11日、打首獄門同好会の日本武道館ライブに先駆けて行われた企画。 「企画発表編」「本編」の2部構成で、番組初の ライブ放送で配信された。 現在は両編を繋げた「完全版」として視聴可能。 ゲストに青木亞一人を迎え、武道館ライブに向けて行われた一年計画「戦獄絵巻」を振り返る。 しかしその活動の一環である「フェス全国制覇」が、四国地方を残していた為未達成である事が判明。 会長・チダはフェスの代わりにを巡礼することで目標を何とか達成させることを提案。 当然、青木亞一人も巻き込まれることになる。 番外編「アシュラシンドローム『結局ライジングサンに出られなかった問題』緊急対策会議」• 2018年6月25日、急遽配信された番外編。 本来はYouTubeでの生放送の予定だったが、機材トラブルにより、で大澤のスマホから配信された。 ゲストにのメンバーが呼ばれた。 2017年の企画内で青木亞一人が「来年のにアシュラシンドロームとして出演する」と宣言したが、その願いは叶わなかった。 そこで大澤とアシュラシンドローム 亞一人除く は2018年8月に札幌で打首・アシュラのツーマンライブを開催し、改めて来年のRSRに出演することを宣言する、と告げた。 特別編「2018. 19 Zepp Sapporo『アシュラシンドローム、来年こそはライジングに出てやる宣言式典』ダイジェスト」• 2018年8月30日、YouTubeで公開された特別編。 2018年のの出演を逃したが、来年の出演を宣言すべく行われたライブのダイジェスト映像を送る。 緊急企画特別編• 2019年4月24日、YouTubeで公開された特別編。 4月15日に誕生日を迎えた青木亞一人を、打首・アシュラのメンバーがサプライズで祝う企画。 また、この日は青木の親友である岩井氏も駆けつけ、青木の誕生日を祝うと同時に 2019へのアシュラの出演を青木に報告した ただし、他のメンバーは事前に出演を知らされていた。 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019当日の様子を放送。 Director + Edit:Nao Watanabe(• Camera:Kosuke Matsuishi• Light:Takuma Saeki• HairMake:Jin Takahashi• Illust:HANOMANGA• CG:Kazuya Yamanaka• Cast(MUSHIBA-Girls):Mayu Koseta, Kaede Kamioka• Special Thanks :REGENETISS INC. るるてあ• 大塲さえ クラフタースタジオ• 松村麻郁• フードイベント「肉フェス」公式イメージソング はたらきたくない ゲームソフト『』テーマ曲 YES MAX 「スーパーカップMAX」とのコラボ作品 Shake it up 'n' go 〜シャキッと!コーンのうた〜 「シャキッと!コーン」とのコラボ作品 CM出演 [ ]• 初・関西ワンマン! 2009年07月24日 - '09 「ROOKIE A GO-GO」ステージに出演• 2012年04月21日 - Aims vol. 2012年06月24日 - 大和音魂-YAMAOTOTAMASHII-• 2012年11月09日 - TOKYO BOOTLEG 2012 秋 Tour ~もしかして悪羅悪羅ですかーっ!? 2013年02月20日 - LIVE! TOWER RECORDS 〈塔〉代無双• 2013年03月03日 - Beat Happening! MAX! 2013年10月04日・06日 - "Now Album" JAPAN TOUR. 2013年10月13日 - MINAMI WHEEL 2013• 2013年11月09日 - GRINDHOUSE Show ~Oh HEN ROCK!! 2013年11月20日 - [クロノユメ:02]• 2014年01月10日 - 重ロック殺シアム2014• 2014年01月13日 - KOBE太陽と虎 presents 新春2マンウィーク2014 ~7発目~• 2014年02月02日 - ヤキトリズムでウンザウンザを踊る• 2014年03月11日 - MASTER PEACE 2014• 2014年04月29日 - 14• 2014年06月07日 - 2014• 2014年06月28日 - 夢チカLIVE VOL. 2014年08月17日 - TREASURE05X 2014 ~summer triangle~• 2014年08月31日 - THE HARVEST FES~音の収穫祭~• 2014年09月05日・06日・11月28日 - 八十八ヶ所でウンザウンザを踊る• 2014年10月04日 - 2014• 2014年10月12日 - MINAMI WHEEL 2014• 2014年11月29日・30日 - 4thフルアルバム「もはやCDではない」レコ発ツアー 『もはや…』• 2014年12月06日 - 脳みそクルクルナイト東名阪ツアー東京編• 2015年01月10日 - 武蔵野音楽祭~蓮の音ツアー2015新春の宴~• 2015年01月18日 - GRANDLINE 2015• 2015年01月24日 - NO MATTER LIVE 勝手にアフターパーティー• 2015年02月22日 - NYA! NYA! NYA! ~EXTRA~• 2015年02月28日・03月01日 - 「SUNRISE CRUISE tour」• 2015年03月07日 - mihoudai. tokyo'15• 2015年03月11日 - MASTER PEACE'15• 2015年03月14日 - TENJIN ONTAQ 天神音たく• 2015年03月19日 - 極端な人達vol. 11~エクストリーム思い出編~• 2015年03月21日 - SANUKI ROCK COLOSSEUM 2015• 2015年04月29日 - COMIN'KOBE15• 2015年05月16日 - ENISHing Vol. 2015年05月23日 - pre. THICK FESTIVAL 2015• 2015年06月05日 - ベストアルバム「ベスト盤゜」リリースツアー【ベスト盤゜でベストPANツアー】• 2015年06月07日 - SAKAE SP-RING 2015• 2015年06月12日 - presents 「下北沢へようこそ」• 2015年06月20日 - 夢チカLIVE VOL. 103• 2015年06月28日 - 2015• 2015年07月04日 - 2015• 2015年07月11日 - TOKYO BOOTLEG CIRCUIT'15• 2015年07月25日 - OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL. 2015年08月15日 - 2015 in EZO• 2015年10月02日 - presents ゴールデンハンマー• 2015年10月10日 - DIVING ROCK 2015 in KANAZAWA• 2015年10月11日 - HEY-SMITH "お披露目TOUR"• 2015年10月12日 - MINAMI WHEEL 2015• 2015年10月17日 - ETERNAL ROCK CITY. 2015• 2015年10月23日 - 打首獄門同好会2マン「新米収穫記念!おかず対決2MAN〜岩下の新生姜vs青ばん〜」• 2015年10月31日 - 「ドギマズン DOGIMAZUN 2015」~Halloween Night Special!! 2015年11月01日 - OF THE MORNING TOUR• 2015年11月04日 - 7都市ツアー「ミッドナイト in ジャパン」• 2015年12月06日 - HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2015• 2015年12月31日 - KINDAMA'15-'16~謹賀魂~• 2016年01月10日 - ミソフェス2016• 2016年02月06日 - でらロックフェスティバル 2016• 2016年02月14日 - ツレ伝ツアー2016• 2016年03月03日 - TOUR 2016• 2016年03月05日 - 見放題東京2016• 2016年03月06日 - HACHIDORI -HACHIOJI ROCK DREAM-• 2016年03月11日 - ウインカーツアー 対バン編! 「特撮! NoGod! 打首獄門同好会! 2016年04月15日 - PAN DVD『PAN20見えっ!!!! 』発売記念イベント "春のPAN祭り2016 ~花見!! 初絡み!? 2016年04月16日・17日・29日 - presents 北関東オーバーヒートファイヤー• 2016年04月23日 - Match Vox 12th anniversary special 2MAN! vol. 12-• 2016年04月24日 - VS CIRCUIT VS打首獄門同好会• 2016年04月30日 - presents UNDER THE DEAD vol. 2016年05月04日 - NIIGATA RAINBOW ROCK 2016• 2016年05月07日 - COMIN'KOBE16• 2016年05月21日 - '16~ヤングライオン祭• 2016年06月25日 - FREEDOM NAGOYA 2016• 2016年07月02日 - 見放題2016• 2016年07月09日 - 九代目梅雨将軍2man series「今年も豊作ウェイウェイ将軍」• 2016年07月15日 - DJ presents 楽勝博覧会• 2016年07月19日 - 忘れらんねえよ主催「ツレ伝サマー」• 2016年07月24日 - SHELTER 25th Anniversary Kick off GIG「LIVE UNDER THE ROCK!! 2016年07月30日 - OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL. 2016年08月14日 - 2016• 2016年08月28日 - 企画 島国で親父とフォースしNight! 2016年09月02日・09日 - 「第23回 納涼! 盆踊りツアー 暴れたい放題プラン」• 2016年09月04日 - 冠徹弥生誕45周年記念 大冠生誕祭• 2016年09月10日 - OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2016• 2016年09月19日 - Eggs presents TOKYO CALLING 2016• 2016年10月07日 - SPECIAL ISSUE!!!! FINAL!!!! 2016年10月10日 - MINAMI WHEEL 2016• 2016年10月21日 - "Dizzy Beats" TOUR 2016 -FINAL SERIES-• 2016年11月11日 - presents「1000 fungos. 特別編~千手観音~」• 2016年11月12日 - GOLD MUSIC PARK• 2016年11月13日 - HEY-SMITH"STOP THE WAR TOUR"• 2016年11月18日 - PAN 具GOODグーで郷GOゴー! ツアー 2016ー2017• 2016年11月25日 - presents ツーマンライブ企画• 2016年12月03日 - SKULLSHIT 20th ANNIVERSARY 骸骨祭り• 2016年12月07日 - バックドロップシンデレラ ベストアルバム「BESTです」レコ発ツアー 「ベストなウンザウンザを踊る」• 2016年12月08日 - 1st Full Album -WRAINBOW- Release TOUR• 2016年12月13日 - バックドロップシンデレラ ベストアルバム「BESTです」レコ発ツアー 「ベストなウンザウンザを踊る」• 2016年12月17日・18日 - ビレッジマンズストア『正しい夜明け』Release Tour• 2016年12月22日 - FUDEOROSHI vol. 6~年末は家族で乾杯~• 2016年12月30日 - KenKen presents 俺 "等" パルーザ 2016• 2017年01月31日 - "We love Tank-top" TOUR 2016-2017• 2017年04月01日・02日 - "FREAKY" TOUR 2017• 2017年04月15日 - Zephyren presents A. T project vol. XII• 2017年04月30日 - 17• 2017年05月04日 - NIIGATA RAINBOW ROCK CIRCUIT 2017• 2017年05月05日 - 2017• 2017年05月07日 - COMIN'KOBE17• 2017年05月12日 - Dizzy Sunfist"THE DREAM IS NOT DEAD"TOUR 2017• 2017年05月26日 - 企画「三ヶ月連続 Free Mosh License」• 2017年06月03日 - JAPAN'S NEXT vol. 2017年06月04日 -• 2017年06月18日 - SATANIC CARNIVAL'17• 2017年06月24日 - FREEDOM NAGOYA 2017• 2017年07月01日 - 見放題2017• 2017年07月07日 - 2017 ~心の10電! 10執念! 10横無尽にはしゃぎな祭! 2017年07月16日 - NEWアルバム「ヤンキーとKISS」発売ツアー「KISSだけじゃ済まないリリースパーティー2017」• 2017年07月17日 - PALOOZA 感謝祭 THE 46th. ~店長誕生祭~ THE 豪傑編~• 2017年07月23日 - MURO FESTIVAL 2017• 2017年07月29日 - OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL. 2017年08月05日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017• 2017年08月11日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO• 2017年08月19日 - 2017• 2017年08月26日 - TRIANGLE'17• 2017年09月03日 - OTODAMA'17~音泉魂~• 2017年09月09日 - 2017 KAZETOROCK IMONY COSMO• 2017年09月16日 - MASTER COLISEUM '17 NEO ~I'll be back ダダンダンダダン~• 2017年09月18日 - TOKYO CALLING 2017• 2017年09月23日 - 山人音楽祭 2017• 2017年09月28日 - SHIMA「MORE!! MORE!! MORE!! MORE!! TOUR2017」• 2017年09月29日 - 20th anniversary! JAPAN TOUR 2017-2018• 2017年10月01日 - マグロック2017• 2017年10月05日・06日 - ヒステリックパニック「DEAD or ALIVE」TOUR 2017• 2017年10月08日 - 忘れらんねえよ主催 ツレ伝ツアー2017• 2017年10月29日 - 名古屋学院大学 第53回 名学大祭• 2017年10月31日 - 骸骨祭りEXTRA SHOW~SKULL HALLOWEEN NIGHT~• 2017年11月13日 - CAFFEINE BOMB 15TH ANNIVERSARY CAFFEINE BOMB TOUR 2017• 2017年11月16日 - アシュラシンドロームpresents「メテオストリームアタック!! 2017年11月29日 - ROTTENGRAFFTY Release 記念ライブ 「スタジオコーストの窓辺から」• 2017年12月24日 - ポルノ超特急2017• 2018年01月18日 - KICK OFF VIVA!!! 【恵比寿LIQUIDROOM編】• 2018年02月12日 - Gacharic Spin TOUR 止まらない2018• 2018年02月20日 - ヤバイTシャツ屋さん "Galaxy of the Tank-top" TOUR 2018• 2018年04月14日 - PAN「ザ・マジックアワーツアー」• 2018年04月16日 - バックドロップシンデレラ5th Single「サンタマリアに乗って」レコ発「サンタマリアとウンザウンザを踊るツアー」• 2018年04月21日・22日 - ROTTENGRAFFTY「PLAY ALL AROUND JAPAN TOUR 2018」• 2018年04月28日 - COMING KOBE 18• 2018年05月04日 - JAPAN JAM 2018• 2018年05月05日 - VIVA LA ROCK 2018• 2018年05月10日 - HER NAME IN BLOOD presents FULL POWER TOUR 2018• 2018年05月18日 - セックスマシーン「バンド名による影響を考察するツアー」• 2018年05月19日 - OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2018• 2018年05月20日 - SUMMER CAMP 2018• 2018年06月02日 - 百万石音楽祭 2018~ミリオンロックフェスティバル~• 2018年06月05日 - 魔法少女になりな祭 vol. 3 ~打首ナゴませ隊がやって来るメェ! 2018年06月07日 - 11代目梅雨将軍2man series「半径30cmの中からでたくない将軍」• 2018年06月16日 - JUNE ROCK FESTIVAL 2018• 2018年06月17日 - YATSUI FESTIVAL! 2018• 2018年06月23日 - FREEDOM NAGOYA 2018• 2018年06月30日 - オメ道楽2018 ~鯛獲るレコ発編~• 2018年07月15日 - JAPAN'S NEXT 渋谷JACK 2018 SUMMER• 2018年07月28日 - OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL. 2018年08月11日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018• 2018年08月19日 - 10獄放送局presents「アシュラシンドローム、来年こそはライジングに出てやる宣言式典」• 2018年09月06日 - 黒フェス2018~白黒歌合戦~• 2018年09月08日 - 風とロック芋煮会 2018 KAZETOROCK IMONY 学園• 2018年09月15日 - 氣志團万博2018 ~房総爆音爆勝宣言~• 2018年09月17日 - TOKYO CALLING 2018• 2018年09月22日 - 山人音楽祭 2018• 2018年09月23日 - 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018• 2018年09月24日 - 四星中学校 開校10周年記念「平成30年度 四星中学校文化祭」• 2018年09月28日 - コスモツアー 2018 ~未知との遭遇~• 2018年09月29日 - 長田大行進曲2018• 2018年10月06日 - MINAMI WHEEL 2018 EXTRA EDITION• 2018年10月08日 - THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018• 2018年10月10日・11日 - ヤバイTシャツ屋さん "とってもうれしいたけ" TOUR 2018• 2018年10月14日 - Dizzy Sunfist "DREAMS NEVER END" TOUR 2018 FINAL SERIES• 2018年10月26日 - ボロフェスタ2018• 2018年10月28日 - バックドロップシンデレラ「本気だしてウンザウンザを踊るツアー」• 2018年11月04日 - MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!! 2018年11月15日 - 忘れらんねえよ主催 ツレ伝2018 思い出のライブハウスからまた始めようぜ! 初心にかえる36歳シリーズ• 2018年11月16日 - PAN『ムムムム』リリースツアー• 2018年11月18日 - BACK LIFT presents Reach New Field Tour 2018-2019• 2018年12月06日・07日・09日 - GOOD4NOTHING「THIS SONG'S TO MY FRIEND TOUR 2018-2019」• 2018年12月23日 - ポルノ超特急2018-5th ANNIVERSARY-• 2018年12月24日 - MERRY ROCK PARADE 2018• 2018年12月26日 - CROSS FM 25th Anniversary MUSIC JUNCTION 2018• 2018年12月30日 - KenKen presents「帰ってきたオレパルーザ 2018」• 2019年03月10日 - ~ハンディキャップ・療育支援イベント~ 『WANT YOU TO KNOW』• 2019年03月31日 - ツタロックフェス 2019• 2019年04月28日 - ARABAKI ROCK FEST. 2019年05月05日 - JAPAN JAM 2019• 2019年05月06日 - VIVA LA ROCK 2019• 2019年05月08日 - キュウソネコカミ「試練のTAIMAN TOUR 2019」• 2019年05月11日 - COMING KOBE 19• 2019年05月18日 - OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019• 2019年05月20日 - と打首獄門中学合同合唱コンクール• 2019年05月26日 - TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019• 2019年06月01日 - 百万石音楽祭2019~ミリオンロックフェスティバル~• 2019年06月15日 - JUNE ROCK FESTIVAL 2019• 2019年07月21日 - MURO FESTIVAL2019• 2019年07月27日 - OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL. 2019年08月02日 - NASSYI FES. Presents CHARAMETAL BAND CHARAMEL Ghoul City TOUR 2019• 2019年08月04日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019• 2019年08月17日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO• 2019年08月22日 - 十二代目梅雨将軍「天下の将軍」• 2019年08月24日 - WILD BUNCH FEST. 2019• 2019年08月25日 - MONSTER baSH 2019• 2019年08月31日 - TRIANGLE'19• 2019年09月07日 - 風とロック芋煮会2019 イモニー村祭り• 2019年09月08日 - TREASURE05X 2019• 2019年09月14日 - MASTER COLISEUM '19~マスコロがある時、ない時。 今年はある時!! 熱ぅっ~• 2019年09月15日 - 氣志團万博2019 ~房総ロックンロール最高びんびん物語~• 2019年09月16日 - TOKYO CALLING 2019• 2019年09月21日 - 山人音楽祭 2019• 2019年09月22日 - イナズマロック フェス 2019• 2019年09月28日 - 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019• 2019年09月29日 - PIA MUSIC COMPLEX 2019• 2019年10月14日 - オメでたい頭でなにより「真剣2マン遊VIVA! 2019年11月02日 - SHIMA「BLAST」TOUR 2019• 2019年11月03日 - サンボマスター「デカスロン ~強敵と書いて友と呼ぶ~」• 2019年11月10日 - 20th Anniversary Beginning of the Story ~We are ROTTENGRAFFTY~• 2019年11月19日 - FM802 30PARTY LIVE REDNIQS• - メンバーの大澤と河本がこよなく好きな番組。 2人の「どうバカ」ぷりのおかげで「 88」などの楽曲が生まれている。 他にも「水曜どうでしょう祭 UNITE2013」や「どうでしょうキャラバン」にも参加している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• rockinon. com. 2020年4月23日閲覧。 (2017年1月2日)2020年2月28日閲覧。 音楽ナタリー 2016年6月14日. 2018年2月26日閲覧。 音楽ナタリー 2017年4月15日. 2018年2月26日閲覧。 音楽ナタリー 2017年8月22日. 2018年2月26日閲覧。 音楽ナタリー 2017年11月9日. 2018年2月26日閲覧。 音楽ナタリー 2017年5月9日. 2018年2月26日閲覧。 音楽ナタリー 2018年2月21日. 2018年2月26日閲覧。 (石狩市 石狩観光トピックス、2017年5月15日)• rockinon. com. 2020年4月23日閲覧。 2019年8月3日閲覧。 2020年2月26日閲覧。 激ロック ニュース. 2020年2月26日. 2020年3月3日閲覧。 外部リンク [ ]• (mixi)• uchikubigokumon -• - チャンネル• 所属レーベルウェブサイト• (所属レーベル音楽事業部ウェブサイト)• 特設ページ• (特設ページ)• (特設ページ)• - J-Lyric. net• - この項目は、に関連した です。

次の