アップル ウォッチ 3 と 5 の 違い。 2019年新型アップルウォッチ Apple Watch Series 5 「Series 4」との違い比較 おすすめは? 3の衝撃値下げ

Apple Watch Series 5 レビュー!エルメスモデルの魅力とSeries 4との違い・使用した評価を紹介

アップル ウォッチ 3 と 5 の 違い

スポンサーリンク アップルウォッチデビューするなら今がチャンス!機能充分、旧型モデルがおすすめ Apple watch5がいよいよ発売され、注目を集める中、 Appleファンの中で密かに話題になっているのが、Apple watch5の発売にあわせて、旧型のApple watch3が大幅値下げされるということ。 普通であれば新型のApple watch5をお勧めしたいのですが 価格改定で圧倒的にお買い得間が増したApple watch3は無視できない存在になってしまった! ということもあり、今回はApple watch3のお得感についてご紹介していきたいと思います。 19,800円から!必要充分すぎる!アップルウォッチ3 [amazon] オンラインショップでは、まだまだ3万円オーバーの商品も多いのですが、 AppleStoreでは19,800円から購入できるようになるということで、価格面で改めて注目を集めているのが 先先代モデルである Applewatch3です。 最新型のApple WAtch5と比べると2世代前のモデルになりますが 実は普段使いのapple watchとしては機能性は充分であり、むしろ圧倒的な値下げにより、Apple watch5を選ぶよりもお得感が増しています。 こんな人にApple watch3はおすすめ ・時計として使いたい方 ・様々なアプリの通知端末として使いたい方 ・エクササイズやGPSを使った計測をしたい方 ・ApplePayや電話など各種サービスを使いた方 実はスマホウォッチとしては充分すぎる機能を持っており、これ以上の機能を備えたApple watch5を手に入れても、多くの人が使い切れないというのが実態かもしれません よって、Apple watchの購入をためらっており、結局、購入しない判断をしてしまうくらいならば、Apple watch3を購入して、いち早くスマートウォッチの素晴らしさを体験しておく方が、価値があると思います。 新しい文字盤が充実!約2万円で買えるアップルウォッチ3 今後は新型Apple watch5向けにコンテンツ拡充していくのでは? だからApple watch3という型落ちモデルを選ぶのはちょっと不安・・・ という方も多いかもしれませんが、実はApple watch3は最近、大幅アップデートがされており、気になる文字盤も新しいデザインが追加されています。 Apple watch5では文字盤のバリエーションの多さが人気のひとつとなってますが、 Apple watch3でもいままでになかったような文字盤が追加されており充分に楽しめる内容となっています。 アップルウォッチ5とアップルウォッチ3の違い [amazon] ところで多くの人が気になるのはApple watch5と3の違いではないでしょうか? その違いについて、今回はこちらでわかりやすく比較してみたいと思います。 5倍という開きがありますので、価格だけ見るとApple watch3が圧倒的にお買い得感があります。 文字盤の液晶画面のサイズは Apple watch5は 44mmケース:977平方ミリメートル 40mmケース:759平方ミリメートル Apple watch3は 42mmケース:740平方ミリメートル 38mmケース:563平方ミリメートル と新型Apple watch5の方が英気象画面が大きくなっておりますが、一方で、時計としての大きさも大きくなっており、 時計としての大型化が必ずしも良いことなのか評価が分かれるところでしょう。 その他、細かい機能としては Apple watch5にあって、Apple watch3にないものとしては 電気心拍センサー 第二世代の高額心拍センサー(Apple watch3は1世代前のセンサーを採用) コンパス機能 転倒検出機能 64bitS5プロセッサ採用(Apple watch3はデュアルコアS3プロセッサ採用) 触覚的な感覚操作が可能なダイヤル といったところがあげられます。 ただし、「第二世代の高額心拍センサー」「64bitS5プロセッサ採用」はあまり、その価値を感じられず、普段使いではApple watch3の旧モデルでも充分な印象はありました。 その他、 Apple watch5,3ともに GPS機能 気圧高度計 50気圧防水 加速度センサー(Apple watch5の方が精度はアップ) 緊急SOS(Apple watch5の方が海外でも使える) Apple pay対応 データ領域はApple watch5は32G(Apple watch3はGPSモデルは8G、セルラーモデルは16G) みたいな共通仕様や、若干異なる仕様はありますが Apple watch3でもそれほど大きい違いを感じられないというのが正直なところかもしれません。 厳密にはApple watch5は常時表示可能なratinaディスプレイを備えているなど、より時計としての基本機能が充実されてはいるのですが、 1. 5から2倍の費用を払ってまで、Apple watch5を選ぶだけの価値があるのか?というとやや疑問残りそうです。 それだけApple watch3の19,800円から という価格設定のお得感が高いということでもあります。 初めてのアップルウォッチは5よりも3が賢い選択 というわけで、 総合評価的に見ると、基本的機能は充分であり、かつ19,800円からという価格設定になったことでコスパが高いApple watch3は賢い選択だと思います。 また、Apple watch3自体が先先代モデルということもあり、周辺機器の値段がかなり下がっているというのも大きなポイントになりそうです。 [amazon] いわゆる型落ちモデルのため Apple watch5と比べると周辺機器アクセサリーも 底値で購入できるため、出費を抑えながらApple watchデビューができるというメリットがあります Apple watch3向けアクセサリーは検索できますのでチェックしてみてください。 アップルウォッチもどき、という選択肢もアリ!? [amazon] Apple watch3でもオーバースペックで使いこなせない! という方は、「アップルウォッチもどき」ともいえる格安スマートウォッチも購入ターゲットとして検討する価値はありそうです。 当サイトでは下記の記事でも特集しているので参考にしてみてください。 まとめ というわけで、今回、新型Apple watch5と 値段が安くなって圧倒的にお買い得間がアップしたApple watch3との比較をしてみましたが、いかがでしたでしょうか? 筆者は現在、Apple watch3を使っていますが、新たに文字盤デザインも追加されて、Apple watch5に買い替えなくても、充分満足できていますので、まだしばらくはApple watch3で行く予定です。 とはいえ、これからApple watchデビューを考えている方にとっては、19,800円から購入できるようになったApple watch3はかなりのお買い得だと思いますので、ぜひ検討候補に入れてみてはいかがでしょうか.

次の

【2020年】Apple Watchのおすすめは?選び方とモデルの違いを徹底比較

アップル ウォッチ 3 と 5 の 違い

初代Apple Watch・・・2015年4月24日• Apple Watch series 1・・・series2に合わせて登場• Apple Watch series 2・・・2016年9月16日• Apple Watch series 3・・・2017年9月22日• Apple Watch series 4・・・2018年9月21日• Apple Watch series 5・・・2019年9月20日 初代以外はiPhoneと同時期の9月に発売されているので、 毎年9月に新型が発売されるというのが最近の傾向です。 また、現在のApple Watchのラインナップは 『series 3』と 『series 5』となっています。 Series 5がSeries 4に置き換わった形です。 位置付けとしては『series 3』が廉価版で『series 5』が最新版という感じになります。 0 Bluetooth 5. 0 ストレージ 32GB 16GB ディスプレイ 感圧タッチ対応LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ 感圧タッチ対応LTPO OLED Retina ディスプレイ バッテリー 最大18時間(常時表示) 最大18時間• 常時表示機能に対応• コンパス機能を新たに搭載• チタニウム、セラミックケースが選択可能に 違いを全て書き出すと以上になります。 違うの数は少ないものの、 画面の常時表示が可能になりバッテリー持ちは変わらないというのが大きなポイント。 また、コンパス機能を搭載したのでApple Watchでマップを見る時に、 自分が向いている方向がわかるようになりました。 Apple公式ストアではSeries 4の販売が終了し、価格が下がっている訳でもないので、これからApple Watchの新品を購入する人がSeries 4を選ぶ必要はありません。 はこちら セルラーモデルはこちら• ベゼルレスにより画面サイズアップ• 搭載チップアップ 2倍のスペックアップ• 転倒などの体の状況の変化を察知する加速度センサーの進化• 心電図対応• 全てのモデルが容量32GB• 画面を常時表示させることができる• セラミックケースがある• ステンレスケースがある• チタンケースがある 画面のサイズアップと心電図を測ることができるようになったことがポイントで、Series 5の最も大きな特徴は画面を常時表示させることができるようになったことです。 画面を常時表示させてもバッテリー持ちが18時間と変われないのもチェックポイントです。 昨年のSeries 4と比べると大きな進化はありませんが、ラインナップからSeries 4が消えた為、購入するならSeries 5がおすすめです。 サイズ表はこちら!アルミニウムケースでの比較です! モデル 縦 (mm 横 (mm 厚さ (mm 重量 (g) series 3 38mm GPS 38. 6 33. 3 11. 4 26. 7 series 3 38mm Cellular 38. 6 33. 3 11. 4 28. 7 series 3 42mm GPS 42. 5 36. 4 11. 4 32. 3 series 3 42mm Cellular 42. 5 36. 4 11. 4 34. 9 series 5 40mm GPS 40 34 10. 7 30. 1 series 5 40mm Cellular 40 34 10. 7 30. 1 series 5 44mm GPS 44 38 10. 7 36. 7 series 5 44mm Cellular 44 38 10. 7 36. 7 価格の違い 「Series 3」はセルラーモデルではないGPSモデルであれば19,800円から、セルラーモデルは30,800円から購入することができます。 「Series 5」はセルラーモデルではないGPSモデルであれば42,800円から、セルラーモデルは53,800円から購入することができます。 Apple Watchの選び方 Apple Watchの選び方についても簡単に紹介します! Apple Watchのラインナップ• Apple Watch SERIES 3• Apple Watch SERIES 3 Nike• Apple Watch SERIES 5• Apple Watch SERIES 5 Nike• Apple Watch SERIES 5 Hermes• Apple Watch Hermesはその名の通り、高級ブランドエルメスとコラボした、手作りの革製バンドの高級モデル、Editionはセラミック加工された非常に強固なモデルです。 この2つは価格が10万円以上と高級モデルになります。 series 3 と 5どちらを選ぶか 現在の選択肢はSeries 5が発売されたことにより、Series 4が廃止された為、 Series 3かSeries 5のどちらかを選ぶことになります。 冒頭でも紹介しましたがseries 3より全体的に性能・機能ともに進化しているのがSeries 5です。 左がSeries 5、右がSeries 3です。 ベゼルレスにより画面サイズアップ• 搭載チップアップ 2倍のスペックアップ• 転倒などの体の状況の変化を察知する加速度センサーの進化• 心電図対応• ゴールドカラーの追加• 常時表示機能• もともと画面が小さいApple Watchですがこれにより確実に視認性、操作性が向上しています。 また、初代は動作が遅いと散々言われていましたが、series 3では劇的に改善しストレスなく操作することができます。 そのseries 3のプロセッサより2倍も高速なチップがseries 5に搭載されています。 また、心電図に対応したなどかなりの機能面でもかなりの進化を遂げています。 価格の差は23,000円。 違いはiPhoneなしで通話ができるかどうかという感覚で大丈夫です。 価格はGPSより11,000円高く設定しており、LTE通信を使用するには携帯キャリアとに契約が必要になり、 月額料金が必要(月500円ほど)です! さらに格安SIMを使っている方は使用できないという制限があります。 実際にCellularモデルを使用している人はGPSモデルで十分という人が多く、Apple Watchで通話するぐらいならiPhoneを持ち歩いたほうが便利で確実です。 事務手数料が無料の場合もあり、オンライン限定のお得なキャンペーンが開催されていることもあります。 左がSeries 5で右側がSeries 3です。 選択できるカラーや素材が大きく違います Apple Watchはエルメスモデルがあるなど、時計としての質感も重要視しています。 私も恐縮ながら高級腕時計を持っていますが、それを外してApple Watchを付けることになるので、時計好きとしてはやはり質感の良いApple Watchは惹かれるポイントです。 ステンレスモデルとアルミモデルの価格差は18,000円。 価格は74,800円となるので一気に高く感じてしまいますが、質感を重視する方はステンレスモデルがおすすめです! まとめ いよいよ発表されたSeries 5ですが、昨年のSeries 4と比べると大きくは進化していませんが、念願だったディスプレイの常時表示が可能となり、価格も3,000円安くなっています。 Series 4を持っている人の買い替えは少し勿体ない気がしますが、Apple Watchが欲しいと思っていた方には、かなりおすすめできます! 特にSeries 3と比べると機能や性能、デザインが大きく違うので 購入するのなら新型のApple Watch 5がおすすめです! 以上。 最後までお読みいただきありがとうございました。 予約・購入はオンラインショップがおすすめです! セルラーモデルはこちら.

次の

アップルウォッチ5とアップルウォッチ4とアップルウォッチ3はどれを買うべきか?(違いを比較)

アップル ウォッチ 3 と 5 の 違い

2019年9月11日 水 に、Apple Special Eventの様子がYoutubeでリアルタイム配信されました。 Apple Special Eventでは、と同時発売が決定した「Apple Watch Series 5」の発表も行われました。 2019年新型Apple Watch Series 5の発表に伴い、2018年モデルのApple Watch Series 4の販売が終了となり、Apple Watch Series 3は価格を安くしての継続販売が決定しました。 そこで今回は、Apple Watch Series 5とApple Watch Series 3のスペック・価格・デザインなどを、様々な観点から徹底比較します。 Apple Watchの購入を考えている人は、ぜひチェックしてくださいね。 Apple Watch Series 5とSeries 3スペック一覧 2019年新型Apple Watch Series 5と、2017年モデルのApple Watch Series 3のスペックをまとめました。 モデル名 Apple Watch Series 5 Apple Watch Series 3 デザイン ディスプレイが角丸に ディスプレイの角がある ケースサイズ 40mm、44mm 38mm、42mm チップ S5 64bitデュアルコア S3 32bitデュアルコア ワイヤレスチップ W3 W2 ストレージ容量 32GB 8GB セルラーモデルは16GB 常時表示機能 対応 —デジタルクラウン デジタルクラウン 触覚的なクリック感に対応 デジタルクラウン 心拍センサー 第2世代光学式心拍センサー 光学式心拍センサー 電気心拍センサー 対応 日本は非対応 — 転倒検出 対応 — Bluetooth 5. 0 4. 2 位置情報 GPS、コンパス GPS 端末の厚み 10. 7mm 11. 4mm ケースの素材 アルミ、ステンレス、チタニウム、セラミック アルミ、ステンレス バッテリー 最大18時間 最大18時間 Apple Watch Series 5は、Series 3と比べて、画面サイズが大きくなりケースサイズも微妙に大きくなりましたが、 ケースの厚みが薄くなってスタイリッシュになりました。 Apple Watch Series 3でも快適に使えますが、動作速度は普段使いの操作感に直結するので、 快適性を望むなら迷わずApple Watch Series 5を選ぶのがおすすめです。 他にも、Apple Watch Series 5には、 150ヵ国以上で利用できる「緊急通報サービス」が搭載されるなど、セキュリティデバイスとして大きく進化しています。 ディスプレイ Apple Watch Series 5のディスプレイは、ベゼル幅を狭くして角丸ディスプレイにすることで、大画面を実現しています。 7 42mm 42. 4 38mm 38. 7g 30. 1g 34. 9g 26. 7g LTPO OLEDパネルとは、従来のOLEDパネルと比べて、消費電力を少なくできるパネルとなっています。 つまり、Apple Watch Series 5は消費電力を抑えながら画面を大型化しているということです。 【Apple Watchケース素材】• Apple Watch Series 5:アルミ、ステンレス、チタン、セラミック• Apple Watch Series 3:アルミ、ステンレス 販売終了 、セラミック 販売終了 なお、Apple Watchのセルラーモデルのアルミケースは存在しておらず、ステンレス、チタン、セラミックケースのみのラインナップです。 ちなみに、Apple Watch Series 4までは、セルラーモデルではステンレスの選択肢しかありませんでしたが、Apple Watch Series 5はチタニウムとセラミックがあるので、選択肢が増えるのは嬉しいですよね。 発売日 Apple Watch Series 5は、と同時発売が決定し、 2019年9月20日 金 に発売されます。 Apple Watch Series 3は、2017年9月22日 金 に発売しました。 Apple Watchは2世代ごとに、デザインやスペックが大きく変化するといわれています。 このことから、 Apple Watch Series 5はSeries 4の後継機、Apple Watch Series 3はSeries 2の後継機ということが分かります。 GPSモデル:19,800円 税別 ~ 新型Apple Watch Series 5の発表に伴い、2018年モデルのApple Watch Series 4の販売が終了となり、Apple Watch Series 3は大幅値下げを行って継続販売が決定しました。 それぞれ、Bluetooth、WiFi、GPSには対応しています。 また、近くにiPhoneがなくてもモバイル通信機能を利用して、これらの機能を使用することができます。 「Apple Watch」のモバイル通信サービスの料金は以下のとおりです。 ドコモ:月額350円• au:月額500円• ソフトバンク:月額350円 6ヵ月無料キャンペーン実施中 ドコモとソフトバンクが安くなっており、さらにソフトバンクでは6ヵ月無料キャンペーンも行っています。 スマートフォンと携帯の電話番号を共有する料金も安いため、「iPhoneが手元になくても使用したい」「Apple Watchを単体で使用したい」という方にとてもおすすめのモデル、料金となっています。

次の